妊娠中のハイヒールは大丈夫?保健師の教える大丈夫な高さと危険な理由3選

執筆者:金子奈菜絵

妊娠中に履いても大丈夫なヒールの高さは?

妊娠中でもおしゃれをあきらめたくない!という妊婦さんは多いですね。
最近では、マタニティウェアを購入しない方も増えているようです。
しかし、問題は靴選びです。

妊婦=ぺたんこシューズという認識は根強く、妊婦さんがヒールを履いていると周囲から驚きの目で見られることもあります。

なぜ妊婦さんはハイヒールを履いたら危険なのでしょうか?
そして、ハイヒールは絶対にNGなのでしょうか??

ハイヒールが危険な理由はこの3つ!

ayatama妊娠5-7か月 (11)

1.転びやすい

妊娠中のハイヒールは危険!と言われる最大の理由は「転びやすいから」です。
妊娠中は、お腹が大きくなり、足元が見えにくくなります。
それに加えて、お腹が重たくなり、体の重心が変わってきます。

そのため、妊娠前から履きなれていたハイヒールでも、ほんの少しの段差や障害物でつまづきやすくなってしまうのです。
妊娠中の転倒は、流産や早産にもつながるため、十分な注意が必要です。

2.腰痛が起きやすい

妊娠中は、大きくなるお腹をかばうために、重心が後ろに下がります。
更にホルモンの影響で、関節がゆるみ、さらに腰痛が起きやすくなってきます。
つまり、お腹を突き出して背中が猫背になってしまうのです。

ここにハイヒールが加わると、更にバランスがとりにくくなり、結果として腰痛が悪化しやすくなります。

3.疲れやすい

妊娠中は足がむくみやすく、疲れやすいため、ハイヒールで歩くとむくみ・疲れが悪化してしまいます。
特に妊娠前から履いていたヒールは、妊娠後期になってくると、むくみで履くことが難しくなってきます。

妊娠中のヒール、何センチまでならOK?

実は、転倒や腰痛予防に気を付ければ、妊娠中のハイヒールは絶対にNGというわけではありません。

もともとハイヒールばかり履いていた人が、いきなりスニーカーやバレエシューズなどフラットなものにすると、逆に転びやすいということもあります。

妊娠前からかなり高いヒールを履いていた人は…

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s
ミドルヒール(3~6cm)ならローヒール(~2cm)、ハイヒール(7cm~)ならば、ヒールの太く安定したものを選びましょう。

48ca382e3e2ccc756e3dba7d04e7143b_s
クラシカルなスタイルに合うチャンキーヒールや、靴底の面積が広いウェッジソールもおすすめです。

妊娠前もミドルヒールかローヒールが多かった人は…

45aa3d82f109451122c6186dafeccef0_s
ローヒール(~2cm)かバレエシューズ、スニーカーなどのフラットシューズを選びましょう。

とはいえ、ヒールの高さは7cmにとどめておくのが良いでしょう。
それ以上は、妊娠していない時でさえ、歩きにくく疲れにくいと言われています。

また、ハイヒールを連日履くのは避けましょう。
ハイヒールとミドルヒールまたはローヒールを交互に履くようにすると、腰痛や足の疲労が起きにくくなります。

ハイヒール好きな妊婦さんの必須アイテム!骨盤ベルト

shopping
妊娠中期になってくると、お腹が大きくなり、腰痛が起きやすくなります。
ハイヒールが好きな妊婦さんは、ヒールを履く際に、骨盤ベルトを着用すると良いでしょう。
ゆるみがちな骨盤をしっかり支えることで、腰痛を防いでくれます。

まとめ

妊娠中も、絶対にハイヒールがNGというわけではありません。
ヒールの太さに注意し、安定感のあるものを選ぶことがポイントです。
更に、外歩きで足が痛くなった場合を想定して、折りたたみが出来るフラットシューズを持ち歩くのもおすすめです。

産後も赤ちゃんを抱っこしたり、公園で走り回ったりと、なかなか履く機会がなくなるハイヒール・ピンヒール。
今のうちに、安定したシューズでお気に入りのブランドを見つけておくのもよいですね。

関連の記事

妊娠中のむくみで靴が履けない!楽にむくみ改善できる8つの方法
むくみ靴

執筆:金子奈菜絵

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。