妊娠に気が付かず後悔!妊娠超初期に失敗しやすい9つのこと・体験談

赤ちゃんができたらいいなと思っている皆さん、気をつけていることはありますか?

妊娠超初期は妊娠に気づきにくいため、いつもの生活をして後悔するママが多いのです。

こんな失敗していませんか?妊娠超初期に失敗して後悔したこと

妊娠の可能性があるときは、念のため気をつけて生活していれば後悔せずにすみますね。では、どんなことに気をつければいいでしょうか? 先輩ママが後悔したことをまとめてご紹介しますので、参考になさってください。

1.飲み会があってついつい…意外と多いのが飲酒

201609_mealng11
アルコールは、胎盤を通して胎児の発達を阻害することがわかっています。赤ちゃんの成長障害、中枢神経障がい、奇形などを起こします。少量なら安全とは言えません。妊娠とは知らず、少量のワインを飲んだ程度では実際問題はないようです。いたずらに不安にはならず、すぐに禁酒することをおすすめします。

icon-check01こんな体の変化は妊娠超初期の兆候!妊娠検査薬で判定が出る前に確信した16の体験・兆候公開


先輩ママの体験談:飲酒

akko_生後3か月まで (4)私は妊娠には気づかずお酒を結構飲んでいました。いつもより酔いが回り気持ち悪くなりましたが妊娠とは分かりませんでした。
(さやさや32歳・4歳息子・香川県在住)

先輩ママの体験談:飲酒

クリックして詳細を読む

KNSL_赤ちゃん (2)妊娠に気付いていなかったので、普通にお酒を飲んでしまっていたことです。
もし妊娠の可能性があるならお酒を控えようと思いました。
(ともまま26歳・4歳娘・4か月息子・宮城県在住)


先輩ママの体験談:飲酒

クリックして詳細を読む

20160103_ayatama_i (65)お酒が好きで週に3日くらいは飲んでいたので、妊娠に気づかずに飲み会に参加し飲んでしまったことに後悔しました。
2子目では、心当たりがあるときは気をつけたいです。
(りこ27歳・0歳息子・広島県在住)


2.副流煙も注意してほしい!喫煙

KNSLエコー (1)
たばこの煙には、ニコチン、シアン化合物、鉛、一酸化炭素などが含まれているとのこと。
それらが赤ちゃんの体にも影響を与えるとともに、血管の収縮を起こします。
それが胎児の発育遅延の原因になり、体重の軽い赤ちゃんが生まれます。また、流産、早産、胎盤剥離、前置胎盤などの異常も通常の2~3倍になるそうです。
禁煙は時間がかかるものです。妊娠を希望される方は、パートナーとともに早めに禁煙することをおすすめします。

icon-check01妊娠中の夫の喫煙に気をつけて!タバコの煙の受動喫煙からお腹の赤ちゃんを守る方法15選


先輩ママの体験談:喫煙

201511_hiec001たばこを吸ってしまっていたことです。
妊娠が分かる前、妊娠が判明した後もいきなりたばこをやめることができなくて数日吸ってしまいました。
(みーちゃん29歳・ 7歳娘・5歳息子・2歳息子・群馬県在住)


先輩ママの体験談:喫煙・飲酒・市販薬の服用

クリックして詳細を読む

%e8%91%89%e9%85%b8_maiohina_14妊娠していると気付かずに、ふだん通りたばこを吸い、お酒を飲んでしまっていました。
妊娠のせいかはわかりませんが、体調が悪かったので市販の風邪薬を飲んでしまいました。
(童顔まま28歳・長女7歳・長男3歳・愛知県在住)


3.飲み会に参加して、後で後悔…

201609_mealoth06
お酒の席では、その場の雰囲気で飲酒を断れないこともありますね。お酒は断れても、たばこの副流煙は避けるのが難しいでしょう。
楽しい気分だけ味わえればと思って参加しても、後悔することになってしまいます。

icon-check01妊娠中の飲酒は何杯まで大丈夫?保健師が米国小児学会の見解と共に解説します


先輩ママの体験談:飲み会に参加したこと

KNSL_おでかけ(68)アルコールを飲むのはどうにか回避しましたが、たばこを吸っている人から離れることは難しく副流煙が気になってしまいました。
不安になるくらいならはじめから参加しなければよかったと思いました。
(杏ママ40歳、8か月娘、北海道在住)


4.体調が悪くて飲んでしまった!? 市販薬の服用

赤ちゃんの成長に心配なのは妊娠2か月~4か月赤ちゃんの臓器ができる時期です。この時期に一部の医療用薬品を使うと、奇形の危険性が高まります。
しかし、特に危険な薬はもとから市販されていません。市販薬を服用しても、それほど不安になる必要はありません。妊娠の可能性があるときは、風邪や頭痛でも医師に相談してください。

temperaturegraph06

icon-check01妊娠中の頭痛で薬が飲めない!でも大丈夫?保健師が教える妊娠初期・中期の頭痛の正しい対処法


先輩ママの体験談:偏頭痛持ちで痛み止めを常用

ayatama妊娠5-7か月 (2)妊娠したと気づくのが遅く、偏頭痛持ちの私は痛み止めを常用してしまった上飲み会等に参加しお酒もたくさん飲んでしまっていました。
2人目のときには生理予定日が過ぎたと同時に妊娠判定を行い以上のことにより一層気をつけて過ごしていました。
(りっちゃんまま27歳・2歳息子・0歳娘・兵庫県在住)

先輩ママの体験談:毎日頭痛で薬を飲んでいた

クリックして詳細を読む

ayatama0歳-1歳 (11)頭痛がひどかったので、毎日頭痛薬を飲んでいました。そしたら妊娠していたことがわかり、薬を飲まなければ良かったと後悔しました。
(ぽんぽ26歳・1歳息子・岩手県在住)


5.日ごろから動くのが好きなアクティブなママに多いのが激しい運動

妊娠中でも、適度な運動は体調管理の上で必要なことです。血行も良くなり、出産に必要な体力・筋力も維持できます。ただし、いつも以上に激しい運動をするのはやめましょう。

先輩ママの体験談:運動など

KLSM夏 (26)妊娠していることに気づいていなくて、お酒を飲んだこと。
他には、勢いよく走り、重い物を持って運ぶ動作を毎日のようにしたこと。
(sakuhoshi28歳、0歳娘、大阪府在住)


先輩ママの体験談:スポーツ、山登り

クリックして詳細を読む

20151221_ayatama_i10妊娠に気づかずに、スポーツや山登りをしていたのですが、どちらも途中で足や胃が痛くて体調を崩してしまったので、もっと早く体調の変化に気づくべきだったと後悔しました。
(ひみこ31歳・3歳息子・2歳息子・奈良市在住)


6.重いものを持ってしまった

仕事で重いものを持たないといけない場合もありますね。基礎体温を測るなどして、妊娠に早めに気づくように心がけましょう。妊娠がわかったら、無理は禁物です。

先輩ママの体験談:力仕事

20151221_ayatama_i15「まだ小さいし、大丈夫だろう。」という自己判断で力仕事をしていました。
でも初期で出血し「切迫流産」と診断されてしまいました。
赤ちゃんに問題はありませんでしたが、二人目のときは無理をしないように気を付けたいと思います。
(とうまママ24歳・息子1歳5か月・青森県在住)

先輩ママの体験談:仕事で重い荷物を運んでいた

クリックして詳細を読む

201511_hiec002仕事が重い荷物などを持ったり運んだりする仕事で周りの人に頼むことができず無理して運んでいました。
それにより妊娠初期に切迫流産になりかけました。
もっと早く仕事を辞めたらよかったと思いました。
2人目は1人目の息子もいるので仕事もせず、重たいものも持たないようにのんびり子育てしたいです。
(うたまま25歳、0歳6か月息子)

7.特に冬場のママが失敗しやすい体を冷やしてしまうこと

体が冷えると血流が悪くなり、赤ちゃんへの栄養や酸素が十分届かなくなります。
ふだんから体を冷やさないように、気をつけて過ごしてくださいね。

先輩ママの体験談:体を冷やしてしまった

%e8%91%89%e9%85%b8_maiohina_25体を冷やしてしまったことです。
ちょうどお花見の季節だったのですが、風が冷たく、体の芯が冷えてしまったときがありました。
それが原因とは言い切れませんが、その後切迫流産になりました。
ふだんから体を冷やさない工夫をしておけばよかったと思いました。
(手抜きママ33歳・4歳娘・1歳娘・茨城県在住)

8.出血する場合もあるので要注意!性行為

妊娠中の性行為は可能です。ただし、妊娠に何かの異常がある場合は避けた方がいいでしょう。基本的に無理をしないことです。
不安なときは、産婦人科の医師に相談してください。

先輩ママの体験談:性行為

KNSL家族 (7)妊娠超初期のときに後悔したことは旦那との性行為です。
それが原因かは分からないのですが、出血をしてしまい流産をしてしまいました。
それからまた妊娠できたので、性行為には絶対気をつけていました。
(ゆーママ28歳・5歳息子・2か月息子・静岡在住)


9.旅行

妊娠初期の旅行は、まだ安定期に入っていないためおすすめはできません。予約の都合でどうしても行きたいという方は、無理のないように気をつけてくださいね。
旅行から帰ってきて、妊娠に気づく方もいるでしょう。旅先でのできごとを思い出して、不安になるかもしれません。でも、元気に帰ってきたのなら、旅行の影響はなかったと考えましょう。
不安な毎日を過ごすストレスが、赤ちゃんには良くありませんから。

先輩ママの体験談:妊娠初期の旅行

KLSM夏 (30)悪阻もなく、体調も優れていたので、ちょうどGW頃だったこともあり2泊ほどの旅行や、人混み、渋滞などストレスのかかることをしていました。
結果、8週目に流産との診断。
出血や腹痛など何もなかったので産院で診断されたときは、頭が真っ白になりました。
本当に後悔しています。
妊娠初期の流産は15%の妊婦が経験する、この時期の流産は母体のせいではなく、受精卵に原因があるとは言いますが、もしあのとき安静にしていたら何か違ったかもしれないと思うと悔やんでも悔やみきれません。
(ふるふるふるるん35歳・3歳・第二子妊娠中・埼玉県在住)

妊娠超初期に失敗しやすいことまとめ

いかがでしたでしょうか?
1人の赤ちゃんが生まれてくるまでに、ママは様々な配慮をする必要があるのですね。
妊娠に気づかず、たばこ、アルコール、市販薬など飲みましたか?
すぐに止めるようにしてくださいね。

影響を最小限に抑えることができます。
そして、過ぎたことは悩まずに、穏やかな気持ちでマタニティライフを過ごしましょう。
それが、これからの赤ちゃんの成長にとって一番良いことですよ。

これからの妊娠を考えている方は、自分のためにも今から体調管理をしましょう。
まず、禁酒禁煙をお願いします。
それだけではストレスがたまるでしょうね。
妊娠中でも飲めるハーブティーはいかがでしょう?
趣味を見つけるのもいいですね。
バランスの取れた食事、睡眠、適度な運動の習慣などは、ママにも赤ちゃんにも大切です。
葉酸」も大切な栄養素で、添加物の少ないサプリメントもおすすめです。
赤ちゃんのことを考えると、いつの間にかママも健康的な生活になりますよ。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

育児・医療ライター 鈴木真理子

病院・子育てに関する記事を執筆中のライターです。 子育て歴は約20年。子どもたちと過ごしてきた、大変だけど楽しい日々を思い出しながら書いています。 子どもたちとは、絵本をたくさん楽しみました。 今は、私自身も児童文学を読むのが好きです。千葉県在住。