葉酸には美容効果もあった!美意識の高い妊婦のママが飲んでいた葉酸とは?

妊娠中や産後のお肌のトラブルに悩んでいませんか?
肌トラブルの原因はホルモンバランスの変化、ストレス、睡眠不足、水分不足などです。
この時期の肌トラブルは、ある程度避けられません。
でも、ちょっとした対処法で改善することもできますよ。

妊産婦ママの肌トラブルに葉酸がおすすめ

美肌効果のある葉酸・ビタミンCなどの栄養を取ることや保湿などです。
妊娠・出産期の肌トラブルと、その対処法について詳しく見ていきましょう。

1.妊娠・出産で「老け顔」に?


妊娠・出産をきっかけに、何だか「老け顔」になってしまったと悩んでいませんか?
シミ、乾燥、しわなどの肌トラブルが、老けて見える原因なのです。

妊娠・出産の時期はホルモンバランスが大きく変化します。
妊娠による黄体ホルモン「プロゲステロン」の増加で、メラニン色素が増えシミができます。
産後は、美肌ホルモンとも言われる「エストロゲン」が減少します。
そのため、コラーゲンが減って肌のハリが失われ、しわができやすくなります。

妊娠中は水分が赤ちゃんに取られるため、ママは水分不足になりがちです。
洗顔後のお肌の手入れも、なかなか十分にできませんね。
そのため、お肌の水分量が不足して乾燥しやすくなるのです。

icon-check01想像以上のシミ・シワ・乾燥、出産後は肌トラブル続出!ビックリ体験談10選


2.妊娠・出産後は肌の老化が進む?


妊娠中や出産後に避けられない肌トラブルですが、様々な対処法で改善することができます。
栄養バランスのとれた食事、保湿などのお手入れ、十分な睡眠。
ストレスもためないようにしましょう。

と言っても、妊娠中や産後は難しいことばかりですよね。
そのため、妊娠・出産を機会に、お肌が一気に老け込んでしまう可能性が大きいのです。
自分に時間をかけられない状況で、簡単にケアできる方法はあるのでしょうか?

そこで、注目したいのが葉酸とビタミンCの美肌効果です。

icon-check01葉酸サプリの選び方、間違ってませんか?100%無添加・天然素材の葉酸を飲んだ結果


3.葉酸とビタミンC


葉酸は赤ちゃんとママの健康を助けてくれる、妊婦さんに欠かせないビタミンです。
その葉酸に、うれしいことに美肌効果もあるのですよ。
それは、葉酸の造血作用と、タンパク質合成を助ける働きによるものです。
簡単に言うと、葉酸が肌の表皮の生まれ変わりを進め、肌をキレイにしてくれます。
でも、葉酸がそうした働きをするには、ビタミンCや、B6、B12が必要になります。
肌トラブルの改善には、葉酸とビタミンCなどを一緒にとることが大切です。

次に、ビタミンCの美肌効果についても見ていきましょう。

icon-check01産後のママはシミになりやすい!シミを防ぐ食事や生活をしていますか?


4.ビタミンCの美肌効果


ビタミンCの美肌効果は、「シミ改善」、「しわ改善」、「ニキビ改善」などです。
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」で、20~40代女性のビタミンC推奨量は、

  • 100mg
  • 妊婦の付加量は+10mg
  • 授乳婦の付加量は+45mg

です。
ビタミンCは水溶性なので、少し取りすぎても尿と一緒に排出されます。
一度に取りすぎると下痢をすることがあるので、毎日適量取ってくださいね。

ビタミンCのシミ改善効果

メラニン色素は皮膚の深いところにあるメラニサイトという細胞で作られます。
ビタミンCは、この働きを抑制するのでシミを予防してくれるのです。
また、紫外線による肌の「酸化」を抑え肌ダメージを減らし色素沈着を防ぎます。
さらに、できてしまったシミのメラニンを還元する作用があるので、シミを薄くしてくれるのです。

ビタミンCのしわ改善効果

体内でコラーゲンが合成されるときに、ビタミンCが大切な働きをします。
ビタミンCを適量取ると、コラーゲンが増え、肌にハリが生まれ、しわが目立たなくなります。
反対に不足すると、表皮が薄くなるという研究結果も出ているのです。
肌の状態そのものに、ビタミンCは深く関わっているのですね。

ビタミンCのニキビ改善効果

ビタミンCには、肌環境を整える働きがあります。
ニキビを予防し、肌の「酸化」を抑制してニキビの炎症を改善してくれます。

5.妊娠初期の肌荒れ


妊娠初期は、黄体ホルモン「プロゲステロン」卵胞ホルモン「エストロゲン」の分泌が増えます。
これらは女性ホルモンで、反対に男性ホルモンは低下するため皮脂の分泌が少なくなるのです。
すると、肌環境が乱れてニキビができる、肌が乾燥するなどのトラブルが発生します。
低刺激の石けんで洗い、保湿をして肌バリヤを整えましょう。
紫外線の影響も受けやすくなるので、UVケアも忘れずに。
葉酸、ビタミンC、コラーゲンなどの美容成分が入ったサプリメントを取るのも有効です。
妊娠初期から産後の授乳期まで続けると美肌効果があり、赤ちゃんの成長も支えてくれますよ。

ニキビなどがひどくなるときは、妊娠中の皮膚状態に詳しい皮膚科を受診してくださいね。

まとめ

妊娠・出産・産後の育児は、ママにとって大仕事ですね。
ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの変化などで肌荒れを起こしやすい時期です。
忙しくてお肌の手入れが十分にできなくても、肌に良いことをしたいですよね。
そうしたときは、葉酸サプリメントがママの心強い味方になってくれます。
葉酸サプリメントにも様々な種類があるので、成分を確認しましょう。
安全性を第一に確認してください。
美肌効果を期待する場合は、葉酸とビタミンC、さらに美容成分が入ったものをおすすめします。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

美容ライター 春日井京子

化粧品メーカーでの勤務を経て、美容ライター・産後ヨガインストラクターに転身。産前産後はホルモンバランスの変化により、どうしても肌の調子は悪くなりがちです。妊娠中には自分自身も肌トラブルで悩みました。そこで、産前・産後にみなさんを悩ます体の変化をテーマにした美容系のコラムを発信していきたいと思っています。美しさは体の中からが基本だと思っています。東京都在住