2人目の妊娠初期でつわりがひどい!上の子の世話と食事の準備を楽にするコツとは?

2人目のご妊娠おめでとうございます!でも、妊娠の喜びもつかの間、つわりで大変な思いをしているママも多いですよね。1人目の妊娠と違うのは、体調が悪くても上のお子さんのお世話があって思うように休めないことでしょう。

少しでも楽に上のお子さんのお世話や食事の準備ができる方法を知りたい!そんな2人目妊娠初期のママに役立つ、子育てと食事準備の対処法をご紹介します。ぜひ参考にして、つらい時期を乗り越えましょう。

最後に、先輩ママにとったアンケート結果「2人目妊娠中の子育て・家事を楽にする方法」もまとめて公開しています。先輩ママたちが苦労しながら見つけた対処法も必見ですよ。

つわり中の上の子の世話と食事の準備はどうしたら楽になる?

2人目の妊娠で、つわり中のママは、体調が整わない中でも上のお子さんの子育ては休めませんね。毎日頑張りながらも、上のお子さんに十分なお世話ができないと悩んでいませんか?悩んでストレスがたまって、つわりの症状が悪化しては大変です。

そんなときに、上のお子さんのお世話を楽にするコツを知っていると助かりますよ。つわり中に一番きつい、食事の準備の対処法と、ママのつわりを和らげてくれる食事についても合わせてご紹介します。少しでも楽に過ごせるといいですね。

では、つわり中にできる、上の子のお世話対処法から見ていきましょう。

2人目妊娠で上の子どものお世話はどうする?安定期まで乗り切る方法


妊娠初期は、重いものを持つことは避けて、無理をしないように過ごしたい時期です。でも、抱っこできないと上の子がぐずってしまい、どうしたらいいか分からないと悩みますよね。つわりのために自分のことで精一杯なので、気持ちの余裕もなくなります。とってもつらい時期ですが、上の子の気持ちが分かると対処法も見えてきて気分が楽になりますよ。

2人目の妊娠初期に上の子の気持ちはどうなる?

上のお子さんが1歳にならない年子の場合、ママのおなかに赤ちゃんがいるということがまだ理解できません。ママが急に体調が悪くなって抱っこしてくれない、遊んでくれないとなると、ぐずってしまいます。

上のお子さんが2~3歳以上なら、「ママはぽんぽんがいたいの」「ここには小さい赤ちゃんがいるのよ、いいこいいこしてね」などと言うと、ある程度理解ができますよ。でも、機嫌が悪くなると、だだをこねてママを困らせることがあるでしょう。

小学校入学前のお子さんは、まだまだ十分に甘えさせてあげていい年頃です。ママが相手ができないとぐずるのは、ママが大好きで順調に成長している証拠ですよ。

「お兄ちゃんだから(お姉ちゃんだから)1人で○○ができないとダメよ」と大好きなママに言われると、かえって不安になってママから離れることができません。大げさなくらい、1日に何回かぎゅっと抱きしめてあげましょう。満足すると、「ママ、もういいよ、離してよ」と自分から離れていくかもしれませんよ。ママに満足するくらい抱きしめられているお子さんは、赤ちゃんのこともきっと、かわいがってくれますよ。

ママを気づかったり、助けたりしてくれたときは、「さすがお兄ちゃんだね(お姉ちゃんだね)、ありがとう」と、ほめ言葉で「お兄ちゃん、お姉ちゃん」を使うといいでしょう。上の子がいると大変ですが、お子さんの成長に感激して、励まされることもあるはず。一人でつわりに悩むより、気が紛れる利点がありますよ。

室内遊びと絵本を楽しむ


上のお子さんのお世話で一番大変なのが遊びの相手ではないでしょうか。お子さんがぐずるからといって、ママはくれぐれも無理をしないでくださいね。ママが無理をしなくても楽しく過ごせるものを用意してあげましょう。

1人遊びができる、年齢に応じて夢中になれるおもちゃを何種類か用意してあげましょう。直径4センチ以下の小さいパーツがないものを用意すると、誤嚥のトラブルを防げます。ままごと遊びなら、小さな鍋と、チェーンリングをつないだもの(食材代わり)とおたまなど。入れ子になっているカラフルなカップのおもちゃは、入れたり積んだりおままごとのコップになったりと、いろいろな遊びができますよ。

icon-check01【赤ちゃんからずっと遊べる】先輩ママに人気だったおもちゃ(積み木・ブロック)


絵本も落ち着いて楽しく過ごせるお助けアイテムです。昼ご飯を食べたら、上のお子さんと一緒に横になって休みながら絵本を読んであげましょう。何冊か読んだら昼寝をする習慣をつけておくと、ママも休むことができますよ。昼寝が遅くなると夜眠れなくなるので、そのときは昼食時間を早めにするといいでしょう。

赤ちゃんが生まれる内容の絵本があれば、読んであげるとお子さんなりに何か感じ取ってくれるはず。

icon-check013歳の女の子におすすめの絵本14選!20人のママが買って良かった本はコレ


つわりがあっても妊娠の経過が順調なら、ママの運動と気分転換を兼ねて、親子で近所の公園に出かけてもいいでしょう。

そのときは、上の子が勝手に走り出さないことが条件です。出かける前に、道では走らないこと、公園の外に出ないことを言い聞かせます。公園までの道は、ママがお子さんの手首をしっかり握って、お子さんが自由気ままに行動できないよう安全を図ってくださいね。

なかなか子どもが言うことを聞かなくて危険という場合は、室内の公共の遊び場などがいいでしょう。また、この機会にお子さんにき然として言い聞かせることを始めておくと、赤ちゃんが生まれて2人の育児になったときに楽ですよ。つわりがひどいときは、なかなか余裕がないかもしれませんが、調子がいいときに試してはいかがでしょうか。

つわりがとてもつらいときは、家族や地域の子育て支援など、お願いできる方に助けを求めてくださいね。上のお子さんを預かってもらう、家で上の子の相手をしてもらうなど、ママが少しでも楽に過ごせる時間を作りましょう。上のお子さんにとっては、いろいろな人とふれ合うこともいい経験になりますよ。

2人目妊娠中のつわりで食事準備がつらい!食事の準備対処法


つわりで食材のにおいだけでもつらい。それでも、上のお子さんやパパとの夕食など、食事の準備は欠かせませんね。少しでも楽に、しかもなるべく栄養バランスのよい食事を用意する方法をいくつかご紹介します。

上の子の食事と家族の食事を一緒に作る

上の子用と大人用を分けずに一緒に作ってしまうと、調理の手間が省けますよ。

  • 主食としてご飯(離乳食ならおかゆ)
    ご飯に雑穀を入れる、炊き込みご飯にするなどすると、栄養素を多く取れます。離乳食のおかゆは、ご飯を炊くときに、多めの水と米を入れた湯飲み茶わんを一緒に入れて炊くと、同時に作ることができます。一度にたくさん作って冷凍しておくのもいいですよ。

  • 主菜と副菜を兼ねた具だくさんのスープやみそ汁
    一度に栄養をとれるメニューとしては、みそ汁がおすすめです。みそ汁には野菜、肉、魚、豆腐、卵、何でも合いますし、みそ自体が発酵食品で栄養豊富です。具材は、食材宅配やネットスーパー、生協の冷凍食材などを利用すると、買い物や調理の手間が省けますよ。

みそ汁に飽きたら、コンソメや中華風、シチューなどスープの味を変えてみましょう。つわり中のママは、湯気がたっていると、つわり症状が出やすいですが、冷ますと食べやすくなります。離乳食のお子さんには、味付けの段階で取り分けて薄味にしてくださいね。(ママも塩分の取りすぎには注意してください。)スープも冷凍保存できます。

お子さんが飽きて離乳食が進まないときは、ベビーフードなどを利用して目先を変えてみるのもいいでしょう。

パパが食べたい主菜を買ってきてもらってもいいですね。お総菜利用も、ありです。いつまでも続くわけではないので、まわりにできるだけ協力してもらい、利用できるものを利用して乗り切ってくださいね。

ママが妊娠初期につわり症状中でも食べたいもの

つわり中は、食べられるものを食べられるときに、こまめに少しずつ取るといいでしょう。水分不足になると、つわり症状が悪化しやすいので、水分補給も忘れずこまめに取ってください。薄味の野菜スープなら、水分、適度な塩分、ビタミンなどが取れますよ。

妊娠初期に欠かせない栄養素は、赤ちゃんの器官が形成されるときの細胞分裂を助ける「葉酸」です。赤ちゃんの体の器官がつくられていく妊娠初期にママが摂取する葉酸が足りないと、「神経管閉鎖障害」の先天異常が起きて、形態異常や流産のリスクが高くなってしまいます。

葉酸が豊富なのは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜です。毎日取りましょう。つわりで十分に食べられないときは、葉酸サプリメントを補助的に使うといいですよ。厚生労働省も「神経管閉鎖障害」を防ぐため、妊娠の可能性がある女性に葉酸サプリメントを推奨しています。つわり症状を和らげるビタミンB1、ビタミンB6なども入っているものを選ぶと助かりますよ。

icon-check01葉酸サプリの選び方、間違ってませんか?100%無添加・天然素材の葉酸を飲んだ結果


ママの体重が5kg減ったら受診を

妊娠初期にはつわりのために体重が減ってしまうママもいます。赤ちゃんのために栄養が届かないのではと心配になるかもしれませんね。でも、赤ちゃんは、まだこの時期はとても小さくて、栄養を自分でまかなって成長しているので心配しないで大丈夫ですよ。(葉酸だけは忘れずに。)

ただし、つわり症状がきつくて

  • 数日間ほとんど食べられなかった
  • 起き上がるとふらふらする
  • 吐いてばかりで、他のことが何もできない
  • 妊娠前より体重が5kg以上減った

などのうち、1つでも当てはまるときは受診してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
2人目の妊娠初期、つわりでつらいママは、子育てや食事の準備などを工夫して、まわりの支援も頼って乗り切っていきましょう。

子育てでは、上のお子さんを1日に何回かぎゅっと抱きしめてあげてくださいね。おすすめは、室内遊びを充実させる、親子で絵本を楽しんでからお昼寝をする習慣をつける、外に出かけるときはママが主導権を握って安全を確保する、など。ママも無理せず親子で楽しく過ごせるでしょう。

食事の準備は、子ども用と大人用を一緒に作り、途中の味付けなどで分けると手間が省けます。食材の宅配や総菜、ベビーフードなども利用すると助かります。

つわりがひどいときは、家族や地域などの支援をお願いして無理なく過ごしましょう。つわりを悪化させないためには、ママが無理をしないこと。こまめに食事や水分を取ることも大切です。妊娠初期に欠かせない栄養素の葉酸を十分摂取するには、葉酸サプリメントの利用もおすすめします。吐いてばかりでフラフラになるようなときは早めに受診してくださいね。

2人目の妊娠初期、ちょっとした工夫で少しでも楽に過ごせますように。

icon-check01フライング妊娠検査の判定結果は正しいの? 判定線が出たら妊娠初期症状がなくても妊娠している!?


この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

育児・医療ライター 鈴木真理子

病院・子育てに関する記事を執筆中のライターです。 子育て歴は約20年。子どもたちと過ごしてきた、大変だけど楽しい日々を思い出しながら書いています。 子どもたちとは、絵本をたくさん楽しみました。 今は、私自身も児童文学を読むのが好きです。千葉県在住。