赤ちゃんが風邪を引いた!薬の飲ませ方0~5ヶ月(離乳食開始前)編

執筆者:金子奈菜絵

赤ちゃんへの薬の飲ませ方~0~5ヶ月(離乳食開始前)編

小さな赤ちゃんが風邪を引き、いざお薬を飲ませよう!と思った時、飲ませ方で困ったことはありませんか?
特に離乳食が始まる前は、スプーンでお薬を飲ませてあげようとしても、上手に飲み込むことができないことも。

ゼリーやジュースなどに混ぜるわけにもいかない

ので、戸惑うママも多いと思います。
赤ちゃんによっては、薬を吐き出してしまったり、嫌がったりということもあります。
早く風邪を治してもらうためにも、しっかりお薬を飲んで欲しいですね!
現在の授乳方法と、薬のタイプ別に、飲ませ方をわかりやすくお伝えします。

完全母乳の場合

完全母乳の場合は、哺乳瓶の乳首やスポイトを嫌がることも多いので、可能なら粉薬で処方してもらう方が飲ませやすいです。

1.完全母乳×粉薬

粉薬をごく少量の水で練って、上あごに貼り付け、その後すぐに授乳をします。

2.完全母乳×シロップ

甘いシロップが好きな赤ちゃんなら、スポイトで少しずつあげてみましょう。
どうしても吐き出してしまうようなら、医師に相談して粉薬に変えてもらう必要があります。

混合授乳or 哺乳瓶でミルクをあげている場合

3.混合授乳or哺乳瓶×粉薬

完全母乳の場合と同じで、粉薬を少量の水で練って上あごに貼り付けます。
甘い粉薬と言われた場合は、水で溶いて、哺乳瓶の乳首に入れて飲ませてもよいでしょう。

4.混合授乳or哺乳瓶×シロップ

スポイトであげるか、哺乳瓶の乳首にシロップを入れ、そのまま飲ませます。

粉薬を練るときのコツ

粉薬を練って口の中に貼り付ける方法は、赤ちゃんが離乳食を始めるようになっても使えます。
特に、薬嫌いな子には、一番飲ませやすい方法だと思います。
コツは、

・必ず上あごに貼り付けることと
・水の量に注意すること

です。

上あごには味蕾(みらい)という、味を感じる細胞がないため、お薬の苦みを感じにくくなっています。

また、水を加えるときにやってしまいがちなのが、

お水を入れすぎてしまう状態。

こうなるとサラサラになってしまい、上あごに貼り付けることができません。

失敗しないためには、次の方法がおすすめ

粉薬の練り方

1.コップの水をよく切る

おちょこのような小さ目の器に一度水を入れ、捨てます。
その際に、コップを良く振って、水を切ります。

※一見して、ほとんどコップの底に水がない程度に!!
※※写真では、わかりやすいように大きめの器にしています。
飲ませ方1

2.コップの底に残った水で、薬を練る

こうすると、お水を入れすぎることなく上手にペーストにできます。
飲ませ方2
飲ませ方3

小さなおちょこサイズの器も、スポイトもない・・・という方には、指を代わりに使う方法もお勧めです。
手を良く洗い、濡らした指から水滴をポトポトと落とします。
我が家の0歳児の解熱剤を団子にするには、

2~3滴のお水がベストでした!
飲ませ方4

薬剤師さんがおすすめする練り方の動画

やってはいけないこと

やってはいけないのが、ミルクに混ぜてしまうこと。
特に苦みが強い粉薬の場合、苦いミルクを飲むことになり、ミルク自体を嫌がってしまうことも。
甘い粉薬であっても、水に溶くようにしましょう。

最後はママの笑顔で安心を!

小さな赤ちゃんでも、きちんとお話をして言い聞かせることも大切と言われています。
「お風邪を治すために、お薬を飲もうね。」
「頑張ってごっくんしたら、すぐにおっぱい(もしくはミルク)を飲めるからね!」と、
毎回伝えてあげることも大切です。

また、ママが必至になって怖い顔をしていると、赤ちゃんも不安になります。
なるべくにこやかに、お薬を飲ませてあげたいですね。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。