【立体マスクの作り方・型紙付き】顔のカーブにフィットして子どもの風邪予防!

執筆者:西丸みのり

フワッと軽いつけ心地 顔にフィットする立体ガーゼマスク

市販品でもよく見かける、立体感のあるマスクはハンドメイドでも作る事ができます。
顔のカーブに添うような形状で、ぴったりと覆ってくれます。

かわいいダブルガーゼを使って作る小さなマスクは、ちょっとしたハギレでできてしまいます。
余った布地の有効活用にもなりますので、是非トライしてみて下さい。

型紙はパソコンよりダウンロードいただけます。

材料(できあがり寸法:タテ約6.5cm×ヨコ約12cm)

  • ダブルガーゼ 20cm四方程度 1枚
  • マスク用ゴム 25cm 2本
型紙をご利用の方は、パソコンよりダウンロードしてご利用くださいね。

1~2歳くらいの子に使える、小さな小さなベビーサイズです。
ダブルガーゼのハギレで作れますので、用尺は目安として下さい。
裁断前には水通しを行うのを忘れずに。
マスク用ゴムは、お子様のサイズに合わせて調整して下さい。

作り方

1)型紙にあわせて生地を裁断します。

輪にして布を切ることを忘れずに。
リボンのような形になれば正解です。同じものを2枚用意して下さい。
nishimaru032_01

2)生地を中表にして重ね、左右の端を縫い合わせます。

縫い代1cmで左右をそれぞれ縫い合わせます。
カーブがかかっているので、ゆっくりとミシンを進めて下さい。
この部分は、できあがった時にマスクの中央になります。
nishimaru032_02
nishimaru032_03

3)縫い代に切れ込みを入れます。

縫い目を切らないように注意して、縫い代に1.5~2cm程度の間隔で切れ込みを入れます。
切れ込みを入れることにより、マスクの形にした時にきれいに仕上がります。
nishimaru032_04

4)縫い目が中央に来るようにして、縫い代を割ります。

赤線部分が左右になるように形を整え、縫い代はしっかりと割ります。
nishimaru032_05
nishimaru032_06

5)上下を縫い合わせます。

左右2cmほどあけて、縫い代1cmで上の部分を縫い合わせます。
この2cmのあきが、マスクゴムを通す箇所になります。

下を縫う時は、左側を2cm・右側は3cmほどあけて縫い代1cmで縫い合わせて下さい。
この3cm開いている箇所は返し口になります。
3cmでは狭すぎると感じる場合は、多少広げても大丈夫です。
nishimaru032_07

6)表に返して、形を整えます。

返し口(3cm開いている箇所)から表に返します。
これが最終的なマスクの形になりますので、左右のバランスを見ながら形を整えて下さい。
nishimaru032_08

7)周囲を縫います。

上下は布端から2~3mm、左右は1.5cm程度のところを一周ぐるっと縫います。
nishimaru032_09

8)両端にマスクゴムを通して完成です。

ゴムの長さはお子様にあうように調整して下さい。
結び目はマスクの中に入れると見た目がスッキリします。
nishimaru032_10

まとめ

ベビー用は「まず、マスクをつけてもらうこと」が第一と考えて、
ダブルガーゼ2枚重ねの薄くて軽い仕様にしました。
赤ちゃんが嫌がらない、つけても重たくないことは大切なことだと思います。

インフルエンザや咳エチケットが気になる季節。
ママの手作りで、赤ちゃんにファーストマスクをプレゼントしてはいかがでしょうか。
遊びながらでもマスクをつけてくれれば、これからの良い習慣になることと思います。

型紙

ダウンロードする方は、PCよりダウンロードください。
型紙

関連の記事

1.ベーシック長袖Tシャツの作り方【キッズ服のハンドメイド】ヘビロテアイテムを作ろう!
長Tシャツの作り方

2.【キッズ服の作り方 ブーツカットパンツ】すっきり足長に見えるブーツカットパンツ
ブーツカットパンツ

3.【子どものワンピース:無料型紙付き作り方】誕生日に手作り服のプレゼント!(前半)
女の子ワンピース

4.【子ども服の作り方・型紙】女の子のおでかけにワンピースを手作りしよう!(後半)
女の子ワンピース

執筆:西丸みのり
西丸みのり

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

西丸 みのり

ハンドメイド作家・イラストレーター・ライター。北海道で生まれ育ち、現在埼玉在住のハンドメイド作家・ママライターです。20代の最後に長女、30代半ばに長男を出産し、現在は自宅で執筆・制作活動にあたっています。子どもの心と体の成長に沿った作品作りがファンの間で定評を集め、ハンドメイド作家として同サイトで執筆をはじめました。