執筆系の在宅ワークをはじめたい!準備しておきたい5つのもの

執筆者:西藤みき

在宅ワークを始めるなら、どんなものを準備したらいいの?

なかなか働きに出られないけれど、少しでもお金を稼ぎたい…
育児サイトを運営していると、そんなママたちの悩みもたくさん伺います。
最近、自宅でできる執筆系の在宅ワークもとても増えてきていますよね。
在宅ワークを始めるために準備しておきたいものとはどんなものでしょうか?

(記事の最後で在宅ワーク紹介会社もご紹介しています。)

1.報酬を受け取る銀行口座

振り込んでもらう際に、自分名義の銀行口座が必要です。
新しく口座を作る方は、一点注意したいことがあります。
それは、手数料です。

振込手数料は一律とは限りません

仲介会社によっては、銀行によって振込手数料が違う場合もあります。
振り込んでもらう報酬は、振込手数料がひかれた後の金額になります。
指定の銀行やネット銀行の方が振込手数料が安く、手元に多く入ります。
ただし、ネット銀行でなければならないわけではありませんよ!

2.タイピングの技術

子ども赤ちゃん (33)
パソコンを使うなら、ある程度のタイピング技術は必要になります。
早く入力できるほうが時間換算した報酬も大きくなります。
また、執筆だけでなく、入力作業の仕事も募集されているので、タイピングの早い人は仕事の幅が広がります。
同じ時間で多くの仕事をこなすと、その分手元に入る額が増えますね。

3.コミュニケーション能力と報酬の交渉力

ママリラックス (37)
在宅ワークでは直接お会いして仕事の打ち合わせをすることは少ないです。
ほとんどの場合が、メールでのやり取りになります。

ビジネス文書を書く、依頼内容を確実に理解するためには、ある程度の能力は必要になります。

相手の意図を汲み取り、こちらの意思も確実に伝えなければなりません。

報酬の交渉

また、仕事には報酬などについて相手と交渉する場面もあります。
自分に不利にならないようにしっかりと交渉しなければなりません。
一人で仕事をするので、助けてくれる人はほとんどいません。
自分の希望は細かく確実に伝える必要があります。

4.時間の有効活用力

ママひとり時間
在宅ワークは、自分の都合のいい時間に仕事ができます。
これは、

育児中のママにとって、一番のメリットですよね。

しかし、強い意志を持っていないと、全く仕事をしなくても誰もおしりを叩いてくれません。

自分流の時間の使い方を確立させて!

1日24時間の中で仕事に費やせる時間は人それぞれです。
隙間時間でもできる仕事もありますよね。
毎日、何時から何時まで仕事をするか決めてから仕事する人。
空いた時間だけ仕事をする人。
ただ、空いた時間だけで仕事をしようとすると、仕事をするという強い意志が必要です。

家事をまとめて済ませてしまうなど、時間を作るための家事の工夫も必要ですね。

確実に仕事ができる人でなければ、在宅ワークを続けるとこは難しいかもしれません。

5.インターネット環境

ママ働く (13)
一番必要なものはインターネット環境です。
仕事を探すにはインターネットが不可欠です。
また、パソコンでの作業をおすすめします。
スマートフォンやタブレットでも可能ですが、大きな画面とキーボードがあるほうが仕事の効率が良くなります。

インターネットカフェでの仕事はNG

ただし、インターネットカフェで仕事をすることは止めましょう。
どんな人が使っているか分からない端末で仕事を行うことは、守秘義務や在宅ワーク紹介会社の規定に違反する可能性もあるからです。

先輩ママの体験談

在宅ワークではメールでのやり取りが多くなります。
私はメールの返事は迅速にできるように心がけています。
即座にはできなくても、2日以内など、自分で確実にできる期日を設けることも必要かと思います。
だらだらするのでなく、仕事を受ける受けないにしても、確実に返事はするようにしています。

まとめ

スマートフォンでもインターネットはできますが、画面が小さく文字の入力も間違いが多くなります。
やはり、パソコンが必要不可欠です。
パソコンであれば、文字の入力も楽にできます。
インターネットで調べ物をしながら仕事をすることも容易ですね。
仕事とプライベートは分けるという意味でも、スマートフォンでなくパソコンをお勧めします。

関連の記事

在宅ワークって安全なの?トラブルを避けるために知っておきたいこと
在宅ワークのトラブル回避

主婦の在宅ワークって簡単?仕事の探し方と初心者の心得
在宅ワーク探し方

主婦の在宅ワークが知りたい!覆面調査員の登録から報酬ゲットまでの流れ
在宅ワーク覆面調査

執筆:西藤みき
西藤みき

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

元小学校教諭ライター 西藤みき

教育系企業で働く二児の母。大学では教育学を専攻し、児童心理学も独学で学びました。結婚前は小学校教諭を務めていましたが、遠距離恋愛を実らせ退職。現在、子どもを育てながら、パートタイム労働者として家計をサポートしつつ、サイトのコラム執筆をしています。自分自身の課題は、家事・育児・仕事の両立ですが…難題です。岡山出身・広島在住