売れ筋が知りたい!自宅で行う手作り系お小遣い稼ぎにはコレが必要

執筆者:西丸みのり

売れ筋商品をリサーチして収入につなげよう

出産、育児を機にハンドメイドに目覚めるという人は多いですよね。
ベビーグッズから始まり、子供服、入園グッズ…自分が作ったもので子どもが喜んでくれるのは嬉しいものです。

趣味で作るのであれば、自分の好きなものを好きなように作れば良いのですが、
販売を考える場合、やはり「どのような商品に需要があるのか?」を知るべきです。

いくらきれいな作品を作っても、必要とされていない品物は購入に繋がりません。

せっかく作った商品を一人でも多くの人に見てもらうためにも、マーケティングを意識した作品作りをしてみませんか?

売れる商品とはどんなもの?

049e728619bcaa24721d858e5e8b99ff_s
売れるものと売れないものの違いはなんでしょうか。
人が欲しくなるようなものとは、たとえばこんなものがあります。

  • 世の中に1点しか無いもの(作家の作る一点もの)
  • 自分の好みに合わせて作ってくれるオリジナルグッズ(オーダーメイド品)
  • 必ず使うもの(レッスンバッグや巾着等の入園入学グッズなど)
  • ブランド品(特定の有名作家が作った作品)

反対に、売れにくいものを例に挙げるとこのようなものです。

  • 誰でも作れるもの
  • 既製品で代替えがきくもの
  • 使用するタイミングが難しいもの
  • 用途がわかりにくいもの

すべてのケースに該当するわけではありませんが、「自分でも簡単に作れるな」と思うものをわざわざ買うということは少ないでしょう。
同じ商品であれば、既製品のキャラクターものを選ぶ場合も多いと思います。
何に使うか一目でわからないものや、日常的に使わないものも売れにくいと言えます。

売れる商品をイメージしにくければ、まずは自分が欲しいもの、使いたいものを考えてみましょう。

商品の付加価値を考えてみる

47df1d553fe950aeca92a664b534775f_s
オークションサイトなどである程度安定して売れているものの中に「入園グッズセット」があります。

商品1つずつを見てみると、巾着、手提げバッグ、ポケットティッシュケースと簡単に作れるものばかりです。
ミシンに不慣れな人でも「我が子の入園グッズだけは作る」という人も多いことから、
道具と材料があれば作れる商品と言えるでしょう。
売れない商品に挙げた、「誰でも作れるもの」に該当します。

ですが、実際に売れているものを見るとそのセットは「同じ柄の生地で作っている」ことが多いのに気がつくでしょう。
「すべてのグッズをおそろいにできる」という付加価値がついていると考えることができないでしょうか。

同じ生地を使っている、または同じテイストでまとめられているなど、何かしらの理由が売れているものにはあると思うのです。
もちろん、こんな実用的な理由では無く「好きだから」買うという場合もありますよね。

愛犬に似た犬のグッズを集めるのが好きだから、羊毛フェルト人形を買う。
着物地を普段使いしたくて、アンティークの着物をリメイクした服を買う。
ミシンをする時間が確保できないので、揃いの入園セットを買う。

人がどうしてその商品を買うのか?を考えていくと、売れやすいものが次第にはっきりしてきます。

売れ筋を知る簡単な方法

ママリラックス (40)
商品の付加価値や、売れそうなものの想像が全くつかない!という方にはこんな方法もあります。

オークションやハンドメイド販売サイトの中で、自分がこれから販売したいもののジャンルの売れている商品を実際に見てみるのです。

年間通してのウォッチを続けると、次第に何が売れて何が売れないのかがわかります。
時間はかかりますが確実な方法と言えるでしょう。

まとめ

マーケティングというと、どうしても企業が行うイメージが強くあります。
「主婦が趣味でするおこづかい稼ぎで、そんなことする必要あるの?」と考える方もいらっしゃるでしょう。

ですがせっかく手間暇かけて作品を作るのですから、人に選ばれるものを作ってみて欲しいのです。
人が欲しいと思うものは何かな? こういうものはどうかな? という試行錯誤がひいては収入に繋がる。
家にこもりがちな主婦にとって、ちょっとした自分へのご褒美にもなります。

得意なことでのおこづかい稼ぎ、チャンスがあれば是非トライしてみてくださいね。

執筆:西丸みのり
西丸みのり

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

西丸 みのり

ハンドメイド作家・イラストレーター・ライター。北海道で生まれ育ち、現在埼玉在住のハンドメイド作家・ママライターです。20代の最後に長女、30代半ばに長男を出産し、現在は自宅で執筆・制作活動にあたっています。子どもの心と体の成長に沿った作品作りがファンの間で定評を集め、ハンドメイド作家として同サイトで執筆をはじめました。