乳児湿疹を早く治してあげたい!赤ちゃんの保湿とお風呂の入れ方

執筆者:西藤みき

乳児湿疹を早く治してあげたい!

赤ちゃんに乳児湿疹ができて、

  • どうやったら治るのだろう?
  • 大丈夫かしら?

と、不安に思っていませんか?
乳児湿疹をそのままにしておくと、ひどい場合はアトピー性皮膚炎になってしまうという話を聞くと、早く治してあげたいという気持ちも一層強まると思います。
今回は、特に保湿について取り上げたいと思います。
他にも次のような記事がおすすめです。(記事の後半でもご案内していますのであわせてご覧ください。)

  1. 乳児湿疹を悪化させたくない!ママが気を付けてあげたい6つのこと
  2. 赤ちゃんに乳児湿疹ができた!治したい時におすすめな2つのこと
  3. 【あせもから子どもを守る】肌を健康に保つ9つのスキンケア

保湿剤はどんなものを選んだらいいの?

乳児湿疹の主な原因は大きく分けて2タイプあります。

  1. 乾燥など肌の潤い不足
  2. お腹にいるときママからもらったホルモンが影響した過剰な油分

どちらの場合も、早めに正しい保湿剤でケアをしてあげると最低限の症状で収まります。
赤ちゃんの肌はこれからますます変化するので、保湿習慣を早くつけてあげたいですね。
赤ちゃんの肌変化

保湿するうえで一番重視したいのはお風呂上りの保湿ケアです。

湯冷めさせないように気を付けながら、赤ちゃんに適した保湿剤を塗ってあげてくださいね。
保湿剤のおすすめ理由
実は、赤ちゃんが肌トラブルを起こして悩んでいるママの多くが、間違って保湿をしていることが多いです。

保湿剤の記事を読む
よだれかぶれも乾燥性湿疹もアトピーも防げる!実践したいたった1つの方法

軽い湿疹・乾燥の場合

おすすめ保湿剤
聖路加病院
バリア
保湿剤のメリット
公式サイト:【ファムズベビー】

かゆみがある場合やただれている場合

病院
痒がって泣いていたり、湿疹がジュクジュクしてただれていませんか?
病院で診察してもらって症状に合ったものを処方してもらうと安心ですね。

乳児湿疹中の入浴で気を付けたいこと

20160103_ayatama_i (20)

1.清潔にする

湿疹が出ていると、洗うとしみるのではないかと考えてしまいますよね。
しかし、乳児湿疹のケアの第一歩は、まず清潔にすることです。
入浴時にはきちんとベビー用の石鹸を使って洗いましょう。
ごしごしこすると傷がついてしまいますので、泡でふんわりと洗ってあげることが大切です。
※油分の多い子は、手のひらで洗ってあげてください。
泡で出てくるボディソープがあるととても便利ですよ。

汗っかきな赤ちゃん

20160103_ayatama_i (2)
赤ちゃんは寝ている間にとてもたくさんの汗をかいています。
特に夏場は、あせもの心配をしてあげてください。
朝起きた後、昼寝の後には汗をたくさんかいているようでしたら、水浴びや湯浴みをさせてあげるなどがおすすめです。
皮膚についた余分な塩分でかぶれてしまう前に乾いた汗の成分を落としてあげてください。

難しい場合は、湿らせた清潔なガーゼでやさしく顔、体を拭いてあげるとずいぶんと違いますよ。
こすらないように注意してくださいね。
授乳後やよだれが垂れてしまった後もこまめに拭いてあげてくださいね。

まとめ

ayatamaグッズ (2)
肌がかゆい、熱っぽい時は赤ちゃんも過ごしづらいので夜泣きの原因にもなりますね。
不快がっている赤ちゃんを見ているママにとっても大きなストレスになるでしょう。

悪化する前に保湿を忘れないことが大切です。
保湿剤の記事を読む
よだれかぶれも乾燥性湿疹もアトピーも防げる!実践したいたった1つの方法

正しい保湿で蘇ったつるんとした肌を見ると、とても幸せな気分になりますね。
赤ちゃんもかゆみなどのストレスから解放され、ミルクも集中して飲むようになりますよ。
どうか正しい保湿ケアを心掛けてあげてくださいね。

関連の記事

新生児の顔に吹き出物が!新生児ニキビのホームケア~保健師コラム
乳児ニキビ

乳児湿疹を悪化させたくない!ママが気を付けてあげたい6つのこと
乳児湿疹悪化予防

赤ちゃんに乳児湿疹ができた!治したい時におすすめな2つのこと
乳児湿疹

赤ちゃんの肌がカサカサ!乾燥性湿疹の見分け方と保健師おすすめケア
赤ちゃんの肌がカサカサ!乾燥性湿疹の見分け方と保健師おすすめケア

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎に!?保健師が教えるホームケア方法
赤ちゃんがアトピー性皮膚炎に!保健師が教えるホームケア方法

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

元小学校教諭ライター 西藤みき

教育系企業で働く二児の母。大学では教育学を専攻し、児童心理学も独学で学びました。結婚前は小学校教諭を務めていましたが、遠距離恋愛を実らせ退職。現在、子どもを育てながら、パートタイム労働者として家計をサポートしつつ、サイトのコラム執筆をしています。自分自身の課題は、家事・育児・仕事の両立ですが…難題です。岡山出身・広島在住