赤ちゃんも花粉症になるの?くしゃみをする子どもの花粉症予防と遺伝について

執筆者:金子奈菜絵

赤ちゃん・子どもの花粉症が心配!

子どもの花粉症が心配になっていませんか?
今や、日本国民の3~4人に1人と言われる花粉症ですが、同時に子どもの花粉症も増えてきています。

自分自身が辛い症状に悩むママは、春先、赤ちゃんにくしゃみ・鼻水の症状が出ると「花粉症になったの?!」と心配になりますね。

そんな花粉症ママさんに向けて、役に立つ情報をお伝えしようと思います。

赤ちゃんも花粉症になる???

赤ちゃん420
それでは、小さな赤ちゃんが花粉症かどうかを見分けるには、どうしたらよいでしょう?

実は、0歳から4歳までの小さなお子さんの場合、花粉症になる確率は2%程度とごくわずかです。
更に、2歳未満の赤ちゃんは、花粉症にはなりません。
なぜかというと、花粉というアレルゲンに何度もさらされないと、花粉症は発症しないからです。

最低でも2シーズン(2年)花粉症のシーズンを経験しないと発症しないので、
2歳未満の赤ちゃんは、花粉症にならないというわけです。

子どもの花粉症の症状は?

子ども赤ちゃん (87)
それでは、2歳を過ぎた子どもの花粉症の症状は、どのようなものなのでしょうか?

小さな子どもが花粉症にかかった場合、大人と同じ症状が起こらないことも多くあります。
大人の場合は、くしゃみや鼻水といった症状が強く出ますが、
小さな子どもの場合は、眼のかゆみが強まったり、アトピー性皮膚炎の症状が強まったりすることが多いようです。
花粉症の時期、目をこする回数が増えたり、目の周りがなんとなく赤くなっている場合は、花粉症の可能性があるかもしれません。

注意する症状

prof05_金子右配置
  • 眼をこする
  • 眼の周りが赤くなる
  • 外出後、頬などが赤味を帯びる
  • 透明のサラサラした鼻水が出る

このような症状がなかなか治らない場合は、一度花粉症の可能性を考えてみてもよいでしょう。


まとめ・花粉症は遺伝する?!

ママもパパも花粉症・・・そんな場合、残念ながら、赤ちゃんが花粉症になる確率も、
両親共に花粉症でない場合と比べると、高くなっています。

具体的な数値を挙げると、

  • 父親が花粉症の場合、子どもが花粉症になる確率は23.4%
  • 母親が花粉症の場合、子どもが花粉症になる確率は32.8%
両親ともに花粉症の場合は、更に確率が上がって、43%程度が花粉症になると言われています。

両親ともに花粉症でない場合は11%ほどの確率なので、2~4倍程度、花粉症になる確率は増えてしまうようです。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。