子どもがご機嫌になる過ごし方は?遊び方がわからないパパにおすすめな3つのこと

執筆者:西藤みき

パパにおすすめ!公園での子どもとの過ごし方

パパが子どもの面倒見なくてはいけない時があります。

  • ママが体調を崩したとき
  • 下の子どもの出産などで入院しているとき

などです。

けれど、ずっと家の中で遊んであげていても、子どもはつまらなくなってしまいます。
ママが体調不良で遊べないときには、公園に連れて行ってあげたいですね。
公園で過ごす時、ぐずらない過ごし方をご紹介したいと思います。

1.一緒にあそべるアイテムを持参します。

しゃぼんだま
手ぶらで公園に行っても、ブランコや滑り台などの遊具があります。
しかし、遊具で長時間楽しみながら遊んでくれるとは限らないものです。
普段からママと行っている公園でも、パパと2人で行くのは初めて。

そんな時は、子ども自身もどうして良いかわからず、ぐずりだしてしまう可能性もあります。

おすすめの持ち物

砂場セットやボールを持っていきましょう!

  • 一緒に砂場で遊ぶ
  • ボールを転がして遊ぶ
  • シャボン玉

特にこの3つはおすすめです。
まだ小さくて自分ではできない子どもも、パパがシャボン玉を吹いてあげると楽しんでくれます。
パパさんが同じ遊びを一緒にしてくれることが、子どもは一番嬉しいと思います。

2.疲れたらおやつとジュースで一休み。

外で遊ぶ子ども
公園に行く途中に、自動販売機やコンビニに寄ってジュースなどの飲み物を買ってあげてもいいですね。
もちろんアレルギーや年齢など、飲めるものを考慮して選んであげてくださいね。

それだけでも子どもはモチベーションが上がり、特別な日のような気分になります。

おやつを買うにしても、子どもに好きなものを選ばせてあげるのがおすすめです。
つい「こっちにしたら?」といいたくなると思います。
けれど、よっぽどおかしなものを選んでいない限り、子どもの好きなお菓子を買ってあげてくださいね。

お気に入りのお菓子とジュースは機嫌が悪くなりはじめたときの保険にもなります。
疲れて少し機嫌が悪くなりはじめたとしても、ご機嫌になってくれますよ。

3.変わった形の石を見つける。

落ち葉で遊ぶ子供
遊具にも、持ってきたおもちゃも一通り使って飽きるということがあります。
そんな時は、子どもと楽しみながら石を拾ってみるのがおすすめです。
落ちている手のひらサイズの石を拾って「これなんの形に見える??」と質問すると喜びますよ。

子どもは地面に落ちているものに興味があります。
ガラスや危険な物には注意しながら、変わった色や形の石を子どもと一緒にお散歩しながら探してみてください。
秋にはどんぐり拾いも喜びます。
家に持ち帰りたいということもあります。
1つだけ選んでママにお土産に持ち帰ってあげるといいかもしれませんよ。

先輩ママの体験

下の子が産まれたばかりの時、私は上の子を外に連れ出してあげる事ができませんでした。
休みの日になると、パパに公園に連れていってもらうようにお願いしていました。
最初はパパも嫌がっていましたが、さすがに上の子がかわいそうなのでしぶしぶ連れて行ってくれました。
1時間もしないで帰ってくることが多かったので、理由を尋ねると、
「俺が何していいかわからないし、同じ場所にずっと居れないんだよね。」
といっていました。
公園に連れて行ってくれただけでも「ありがたい」と思わなくてはと思いました。
言いたい事はたくさんありましたが我慢しました。
(27歳・埼玉県・7歳男の子・4歳女の子)

まとめ

普段、子どもは仕事で出かけているパパとは一緒に遊べません。
そんなパパと一緒に公園へ出かけられると、子どもはとても喜ぶと思います。
パパも室内で遊ぶと子供にイライラしてしまう事も、公園に行けば無駄に怒らなくて済みます。

関連の記事

荷物がパンパン!近所の公園遊びに最低限持っていきたい3つのもの
公園遊び

子どもが公園で喧嘩する!2~4歳児が喧嘩しなくなる3つの方法
子ども喧嘩

執筆:西藤みき
西藤みき

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

小川 まい

富士山の麓に住む、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、妊娠、出産を控えているみなさん、一緒に頑張りましょう!