赤ちゃん用保湿剤はどれがいい?保健師が薦める肌に適した保湿剤の選び方

執筆者:金子奈菜絵

赤ちゃんに保湿剤をぬってあげたいけど、何を選べばいいのかわからない・・・と保湿剤を購入しないままになっていませんか?

口コミや雑誌などで様々な保湿剤を見かけます。
大学病院の小児科で看護師をしていた経験のある現役保健師の私が、
医師に薦められたものをご紹介します。

病院でも紹介しているものを選ぶなら、赤ちゃんの肌を研究して開発された「ファムズベビー」がおススメだと思います。ステロイドは入っていない日常使用の保湿剤です。

この保湿剤は、聖路加病院などをはじめとした病院・薬局で取り扱われています。
ファムズベビーがどんなものか、実際に知りたい方は商品の使用前・使用後をチェックしてみてください。


ファムズベビーを使った
赤ちゃんの肌変化の写真を
実際にホームページで見てください

(ページの下の方に年齢・悩み別に紹介されています。)

保健師の私も、自分の息子二人に使っていたので最もおススメです。

まだ保湿剤を選ばないという方は、記事を読み進めてください。

赤ちゃんの保湿剤選びのポイント3つ

おむつ赤ちゃん2-1

1.赤ちゃん専用のものを選ぶ

赤ちゃんの肌は大人と比べて薄く、刺激にも弱いのが特徴。
大人と同じものを使用するのは避け、なるべく低刺激なベビー専用のものを選びましょう。

2.痒みが出るようならすぐやめる

赤ちゃんによっては、商品が合わずに赤みやかゆみがでてしまうこともあります。
使い続けるのではなく、あわなければすぐに使用を中止してくださいね。

3.購入前に成分の確認を

赤ちゃん用の製品であっても、市販の保湿剤にはさまざまな成分が含まれています。
1つ1つを見てもよくわからないことが多いですよね。

売り場でどれを買うか迷ったら、「なるべく含まれる成分が少ないもの」を購入すると良いでしょう。

敏感肌の赤ちゃんがかぶれる心配が減ります。

困ったら早めに「ファムズベビー」を

Nファムズベビー (1)
ドラッグストアやベビー用品店で買った保湿剤もいまいち合わない・・・
という敏感肌の赤ちゃんママは、一度「ファムズベビー」を試してみてください。
この保湿剤は、著名な病院でも取り扱われています。
聖路加病院
保湿剤のおすすめ理由
と幅広く使える保湿剤です。
また、ありがたいのは特殊構造の容器に入っていて酸化しにくいことです。
ワセリンなどはどうしても空気に触れて酸化しやすいですね。
泡状なので、冷たくなくつかいやすいのが、ファムズベビーです。その他の保湿剤とどう違うか写真で見たい方はこちらからチェック
保湿剤のメリット

ただし、赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいるママの話を聞いていると間違った保湿をしている方も多いです。
保湿剤の記事を読む
よだれかぶれも乾燥性湿疹もアトピーも防げる!実践したいたった1つの方法

改善しなければお薬の併用が◎

赤ちゃん湿疹-1
こんな場合は、保湿剤だけで長期間様子を見るのは避けましょう。

  • カサカサしているだけでなく、既に赤くなっている場合
  • プツプツした湿疹ができている場合

炎症が起きている部分は、保湿剤だけでなくお医者さんから処方されたお薬を使うことがおすすめです。
早く炎症を鎮めてあげてください。炎症が広がらなくなります。

保湿剤だけでなんとかしようと頑張ってしまうと、アトピー性皮膚炎につながってしまうことも。

保湿剤以外で肌に塗るお薬を購入する場合は、市販のものよりもやはり皮膚科で処方してもらうのが安心です!

まとめ

言葉を話せない赤ちゃんは、保湿剤が肌に合わなくても、ママに伝えることができません。
新しい保湿剤の使い始めは、赤ちゃんがぐずっていないか、塗った場所は赤くなっていないかどうかをこまめに観察してあげてくださいね。

ファムズベビーはママの手荒れやひじ・かかとのガサガサにも使えますし、おむつかぶれの予防にも使えるお役立ちの一品。
ご家庭に1つ常備されるのもお勧めです!!
病院でも紹介しているファムズベビーはひやっとしないので、日常使用の保湿剤です。
ママたちの声をチェックしてみてください!

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。