パパ1人での子供の世話!危険回避のために伝えたい4つのこと~1歳児以上

初めてパパに子どものお世話を任せようと思ったとき、どんなことに注意してとお願いしたら良いでしょうか?

ママを労おうと、少しの時間子どもの世話をするといってくれるパパもいると思います。

パパにお世話をお願いする時に、気をつけることは…

けれど、いざ1人で子どもの世話をしはじめてから、わからないことの多さに気が付くこともあります。

特に危険なことは避けてもらいたいものですね。

そこで、今回は危険な状況を回避するために、パパに注意してもらいたいことを紹介したいと思います。

1.子どもと過ごす部屋を一度見回してみる

ぶつかる子供
普段子どもと二人きりになったことがない場合、「なにが子どもにとって危険になるかわからない」のが本当のところかもしれません。
大人にとっての危険と子どもにとっての危険は違うこともあります。
いつもはママが危険なものは取り除いていますが、そのためにパパが気が付いていないということもあり得ます。

例えば、このようなことです。

  • タバコの灰皿の場所(タバコの誤飲)
  • 小さなものが床に落ちていないか(小さなものの誤飲)
  • テーブルに食べ物や飲み物が乗ったままになっていないか(お皿の落下による怪我)
普段生活をしていて大人から考えると普通のことでも、子どもにとっては危険につながることもあります。

実際に現場を目にしていないと、どれが危険なものかわからないかもしれませんので、
この機会に具体的に説明しておくと良いでしょう。

2.子どもの好きな遊びをママに聞いておく

絵本を読む子供
仕事をしているパパにとっては子どもの日常生活は、あまり知らない世界かもしれません。
突然二人きりになっても、どう過ごしたらいいのかわからない場合もあると思います。

そんなときは、あらかじめママから子どもの好きな遊びを伝えておいてはどうでしょうか?

好きな絵本や手遊び、歌やお気に入りの絵本などです。
なかには、一緒に子どもの遊びをすることに対して、まだ慣れないために抵抗のあるパパもいるかもしれません。
ずっと遊びの相手をしてあげなくても、子どもが好きな一人遊びもきっとあるはずです。
その姿を見ることが、新たな発見に繋がるかもしれませんね。

3.昼寝の時間と寝かしつけの方法

泣く子供
子どもは眠たくなるとぐずり出し、激しく泣く子もいますよね。
ママでさえ手を焼く寝かしつけです。
寝ぐずりにはじめて一人で遭遇したパパはなぜ泣いているかわからず、困ってしまうかもしれません。

そんな時は、「もしかするとお昼寝の時間かも」と思い出してもらいましょう。
普段の寝かしつけ方法をあらかじめ伝えておくと、昼寝の時間にぐずり出してもうまく対応してくれるかもしれません。

子どもは寝付くタイミングを逃してしまうと、泣き方が激しくなる場合がありますので気を付けてもらいましょう。

「泣きやまない場合はどうしたらよいか」など、あらかじめ話し合っておいてもいいかもしれませんね。

4.子どものおやつを用意しておく

赤ちゃん
子どもには月齢に合わせたおやつがあります。
食べ物に関しては、普段身の回りのお世話をしていなければわからないことです。
食べてもいいものをあらかじめママが用意しておくと安心ですよね。

普段、ママはおやつの時間を決めてあげているかもしれませんが、

「泣かれて本当に困ってしまったら、奥の手としておやつをあげてもいい」

と伝えてあげるとパパも気持ちが楽になるかもしれませんね。
泣き止むからといって、おやつを食べさせ続けるのは困りものですので、量には気をつけて。

まとめ

普段身の回りのお世話をしていないパパは、思わぬことが危険になることを知らないかもしれません。
一人で子どもの世話をする場合には、子どもの目線で考えなければなりません。
思わぬ事故になる可能性があります。

また、泣かれて困る場合もあると思います。
けれど、ママがいない状況下で子どもの世話をしたら、パパもきっと身の回りの世話を通じて子どものことがよくわかってきます。

今の自分の子どもの成長過程を知るきっかけになるはずです。

お世話をすることでより親近感がわきますし、親子の絆を実感できると思いますよ。

関連の記事

【男の子育児はしんどい!】純粋でワンパクな息子たちだけどママが感動した話
息子にぐっときた話

女の子育児中のママが感動した!思いやる心が育ったと感じた瞬間とは
女の子の成長

息子はママの恋人か!?子どもがとった行動でママが感動した5つの話
ママが好き

【初めての育児で心が折れる】しんどい時読みたい子育てのちょっといい話
心が折れる

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

小川 まい

富士山の麓に住む、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、妊娠、出産を控えているみなさん、一緒に頑張りましょう!