後追いを乗り切るには大切なコツがある!心が少し楽になる4つの方法

執筆者:pro上野上野まこ

後追いが激しくて疲れ切っていませんか?

育児を楽しみたいと思っていたのに、自分の時間が全く持てず疲れてしまっているママも多いと思います。

少し離れただけでも泣いてしまうので、常に赤ちゃんと一緒にいるというママ
朝から晩までおんぶや抱っこで、体中がいたいママ
トイレにゆっくり入ることもできずにうんざりしてしまっているママ

毎日これではお母さんも家事などができずに疲れとストレスがたまってしまいます。

後追いが激しい時期は子どもによって異なりますが、ママの心の余裕を保つ方法をまとめてみました。

1.自分の時間をつくれていますか?

ママ
後追いの時期にイライラする原因には、「自分の時間がない、好きなことができない」というのが多いのではないでしょうか?

子どものお昼寝中や夜寝た後にほんの少しでも自分の好きなことをする時間をつくりませんか。
テレビを見たり、ネイルをしたり、読書をしたり…、何でも構いません。

家事や育児ではない時間を持つことで、心に余裕をもつことができます。

自分に余裕ができると赤ちゃんにも優しくなれますよ。

2.家事は手抜きしましょう

離乳食
後追いの時期は1日中子どもとべったりなので思うように動けません。
決して難しくはない食事の支度や掃除だけでも一苦労です。
できないことは割り切ってお弁当に頼ったり何日かまとめて掃除をしたり、完璧にやろうとしないでできるだけ手抜きをしましょう。

この時期は仕方がないと割り切れば少し余裕ができるはずです。

買い物に行くのも難しい時はネットスーパーや宅配も便利ですね。

食材の買い出しが大変なママにおすすめ!

鶏肉の薬味じょうゆ今だけ食材・レシピ付きのメニューが50%オフで試せる夕食の食材サービスを利用してみませんか?
毎日日替わりで楽しめる夕食メニューは3品作っても全部で30~35分で、できあがるようになっています。
例えば、左の写真のレシピ

  1. 鶏肉の薬味じょうゆ
  2. じゃが芋のうま煮
  3. みそ汁

の三品を手早く作る手順書も入っているんですって。



しかも今なら、初めての方に限り

10日分の食材が半額でお試し可能

のようですよ。
鶏肉の薬味じょうゆ料金栄養
疲れているママや忙しいママは一度利用してみてはいかがでしょうか?
食材を買いに行く時間も作る時間も節約できるので、ぜひ自分の時間を作ってみてください。

icon-check02公式サイト:夕食食材宅配サービスの夕食ネット

3.トイレは一緒にはいりましょう

子どもトイレ
トイレくらいゆっくり入らせてほしいと思う方が多数だと思います。
けれど、ドアの前で大泣きされてはリラックスどころではありませんよね。
それならば一緒に入ってしまった方が赤ちゃんもママも安心です。

トイレという場所がなにをするところか、赤ちゃんにもなんとなく伝わります。

もしかすると、後々のトイレトレーニングにも一役かってくれるかもしれない!とポジティブに考えてみてはいかがでしょうか?

4.周りの人に頼りましょう

読み聞かせ
かわいい我が子でも、イライラしてしまう時は誰にでもあります。
心に余裕がなくなってしまったままの育児は、赤ちゃんにとってもよくないものです。
どうしても辛い時は一時保育の預かりサービスなどを利用するのもいいと思います。

1日だけ、もしくは1時間だけでも離れてリフレッシュしてみませんか?

また笑顔で赤ちゃんと触れ合うことができますよ。
調べておくだけでも、「いざという時はそういうサービスを利用すればいい」と、心の余裕につながります。

まとめ

自分の心に余裕ができると周りにも優しくなれます。
ますます自分の子どもがかわいいと思えます。
特に赤ちゃんはお母さんの心に敏感なものです。

お母さんが笑顔であればあるほど嬉しいはずですね。

お母さんも赤ちゃんも笑顔になる、嬉しい相乗効果になります。

関連の記事

自宅でできる7つの育児ストレス解消法「ひとり時間にしている○○」特集
育児ストレス 1人

子どもがいるときでも大丈夫!自宅でできる5つの育児ストレス解消法
育児ストレス笑う

執筆:上野まこ

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

授乳中のママに人気!ダイエット企画の紹介

授乳中のダイエット (1)

ABOUTこの記事をかいた人

保育士・幼稚園教諭・おもちゃコンサルタント 上野まこ

保育士と幼稚園教諭、おもちゃコンサルタントの資格を持つベテラン保育士のライターです。公立保育園で勤務を経て、フリーランスで子育て講座やおもちゃ講座の講師、市の発行する子育て広報誌にコラムを載せてきました。現在は、幼稚園や保育園へ定期的に足を運び、あそびと造形の講師のほか、お母さんたちの相談役として、育児の不安やストレスに耳を傾け、子どもとのかかわり方をアドバイスしています。宮城県に住んでいます。