おむつはずれでまだ悩んでるの!?夏のトイトレが大成功する意外な秘訣

執筆者:先輩ママ
編集者:小南翔子

夏場のトイトレはあるものを取り去ると楽になります!

子どもがお漏らしばかりしてしまうと「叱ってはいけない!」と分かっていても、ついイライラして叱ってしまいますよね。
さて、トイトレがなかなか進まない…と悩んでいるママの多くが、実は見落としていることがあります。
夏のトイトレなのに、あるものをそのままにしていませんか?

1.常にパンツで過ごしてみる

子どもトイレ
夏にトイトレをはじめる方、何度も失敗している方に試してみてほしいことがあります。

それは、パンツだけで過ごさせてあげることです。

パンツの上にズボンをはかせているなら、脱がしてみませんか?
パンツだけなら、子どもも脱いでおしっこしやすいものです。

気候の良い時期には、お漏らしを恐れず、常にパンツで過ごさせてあげてください。
天気の良い日なら、洗濯物が増えることに関するイライラも少ないですよね。
天気の良い日に限ってパンツを使用するというのでも大丈夫です。

おすすめ

絨毯などは極力取り除き、お漏らししてもすぐに、簡単に処理できるような状態にしておきます。
こうすることで、のびのびとトイレトレーニングが行えます。
何度も漏らすことを経験すると、おしっこがしたいという感覚も掴みやすくなりますよ。

2.タイミングをみて、おまるに誘う

子どもトイレ
トイレトレーニングを始めたての子どもは、おむつに排泄するのが当たり前でした。
ですから、突然のトイレでするという変化に戸惑うものです。
そこで大切なのが、親がタイミングをみておまるに誘ってあげることです。

いきなりトイレに連れていってもかまいません。
しかし、トイレは大きくて不安定で座りにくいもの。
落ち着いて排泄しにくいこともあります。
また、高さがあるため、自分からしたいと思ってもなかなか一人でするのは難しいですね。
最初はおまるから始めても良いのではないでしょうか?

1日パンツで過ごさせると、なんとなくおしっこが出るタイミングを、親も掴みやすくなります。

「そろそろかな」というタイミングで連れていくようにして、成功できた時には思い切り褒めてあげてください。

3.お漏らしを叱らない

ママと男の子
トイレトレーニングというのは、親子にとって非常にデリケートな問題です。
お漏らしを繰り返すと、どうしても親はイライラして、子どもを叱ってしまうこともありますよね。
ですが、叱ると子どもは委縮し、ますますお漏らしを繰り返してしまうものですよね。

お漏らしには、精神的な影響も大きく関係しているといわれています。

自宅で気候の良い日のみトイレトレーニングを行ってみてはいかがでしょうか?

ストレスで叱ってしまうような時には、おむつで過ごさせてあげてもいいかもしれません。
イライラしない工夫を取り入れて、のんびり進めてあげてくださいね。

先輩ママの体験談

我が家では夏場は下半身パンツ裸で過ごさせ、お漏らしをしても叱らずに簡単に処理することを続けていました。
するとひと夏で簡単にトレーニング成功し、冬以降になってからはほぼ、失敗なくトイレでできるようになりました。
(29歳・和歌山県・8歳女の子・5歳男の子・3歳女の子)

まとめ

子どもがお漏らしばかりを繰り返してしまい、トイレトレーニングが進まない時がありますよね。
ズボンをはかせていると、脱ぎずらく、汚れ物も増えてしまいます。
夏はチャンスです。

お漏らしという失敗を活かしながらのトイレトレーニングをしてあげてくださいね。

より効率的にトレーニングが進みやすくなりますよ。

関連の記事

外出先のトイレでいつも失敗!子どもの性格に沿った3つの解決策
トイレ他所での失敗

トイレトレーニングを始めたい!ストレスなく始める3つの方法
トイレトレーニング

いつも漏らしてしまう!トイレトレーニングに失敗したら見直したい2つのこと
トイレ失敗

トイレトレーニングを嫌がる!子どものトイレ嫌いを改善する3つ方法
トイレトレーニング改善法

【入園間近なのに失敗ばかり】焦らないトイレトレーニングをベテラン保育士が教えます!
入園前のトイレトレーニング

執筆:先輩ママ
編集:小南翔子
小南翔子

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

小川 まい

富士山の麓に住む、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、妊娠、出産を控えているみなさん、一緒に頑張りましょう!