あせも・虫刺されで泣きやまない!赤ちゃんを夏のトラブルから守る3つの対策

執筆者:小川まい

赤ちゃんと迎える初めての夏、どんなことに気をつける?

赤ちゃんと過ごす夏、きちんと準備はできていますか?
大人にも辛い夏の暑さ、初めて経験する赤ちゃんには更に辛いものです。

夏の肌トラブルや脱水などの危険を防ぐためには、家族の注意が必要です。

夏を迎える前に、きちんと環境を整えて、快適な夏を過ごしたいものですね。

まずは快適な環境づくりを

赤ちゃん
乳幼児の赤ちゃんは、肌が大人の3分の1の薄さしかなく非常にデリケートな時期です。
まだ、体温調節も上手くできないので、家族の方が快適な環境を整えてあげたいですね。

扇風機や冷房を利用して、真夏の暑い時期を乗り越えましょう。
このようなポイントに注意してみてください。

  • 部屋の室温は26~28℃前後、湿度は40~60%前後が理想
  • 赤ちゃんに直接風が当たらないよう注意する
  • 数時間おきの換気で、空気の入れ替えにも心がける

1.あせも

おむつ
赤ちゃんは、大人に比べ、倍以上の汗をかきます。
更に、まだ動きも少なく、肌が密接する部分が多いので、あせもになりやすいのです。
 

気をつけたいこと

  1. 乳幼児期の服装は、大人より-1枚が基本です。真夏は肌着、または洋服1枚で十分ですね。
    素材は、吸水性・通気性の良いものを選びます。ガーゼや天竺だと、肌触りも良く快適です。

    また、ノースリーブより半袖のものを着せて、汗を吸収させて下さい。

  2. まだ寝返りができない時期の赤ちゃんは、背中に熱がこもりやすいので注意が必要です。
    汗取りパッドやガーゼを背中と肌着の間に挟み、汗をかいたら抜き取れば、着替えの手間も減るのでおすすめです。
  3. 汗をかいたら、こまめに着替えて清潔を保って下さい。
    また、濡らしたガーゼで拭いたり、シャワーで汗を流してあげると気持ちよく過ごせますね。
  4. 特にあせもができやすい箇所は、こまめにチェックしてあげて下さいね。
    首や手首、脇などの肌が密接する部分や、お尻や腰のおむつで熱が籠る箇所は要注意です。

2.虫さされ

泣く赤ちゃん
暑さ対策と同時に注意してあげたいことが虫さされです。

新陳代謝が活発な赤ちゃんは、大人よりもさされやすいので対策が必要です。
また、免疫がないので、大きく腫れたりと刺されたときの症状も重くなりがちです。

気をつけたいこと

  • 網戸や蚊帳を活用して、虫が近づけない環境を整えて下さい。
  • 赤ちゃんが過ごすお部屋には、置く芳香タイプの虫除けだと安心ですね。
    特に、天然ハーブの香りは、虫が嫌うのでおすすめです。
  • 虫除けスプレーを使用するときには、赤ちゃんを別室に移動させてから行うと安心です。
  • 外出のときには、塗るタイプの虫除けを使い、しっかりと予防して下さいね。

さされたときは

患部を水で綺麗に洗い、濡らしたタオルやガーゼで冷やして下さい。
患部を掻きむしると、とびひになってしまう恐れもあります。
赤ちゃんが触る心配のある場所なら、貼るタイプの薬を使用しても良いですね。

3.脱水

男の子
汗をかいたときや、お風呂上りなど、こまめな水分補給を心がけて下さいね。

気をつけたいこと

  • おしっこの量や色、うんちが出ているかなど、よく観察して下さい。
  • 外出のときには、帽子を被ることと、こまめな水分補給が必須です。

離乳食前の母乳育児の場合

母乳育児の場合には、摂取量が分からないので余計に心配になりますよね。
ゴクゴクとしっかりと飲めているか注意してみて下さい。

また、ママも普段以上に水分補給を心がけ、たくさんの母乳をあげて下さい。

哺乳瓶やスプーンで湯冷ましをあげる練習をしておくと、いざというときにも安心ですね。

執筆者の体験

我が家の娘は、8月の暑い時期に産まれました。
母乳のみで育てていたので、きちんと水分が取れているのか、一番気がかりでした。
飲みすぎると体重増加にも繋がるため、調整が難しいですよね。
私の場合は、一回の授乳の時間を減らし、その分回数を増やしたり、
哺乳瓶で湯冷ましをあげるなど工夫をすることで乗り切りました。

まとめ

まだ言葉のコミュニケーションができない赤ちゃんの時期は、心配が耐えませんよね。
家族の方がしっかりと対策をしてあげることが大切です。
また、赤ちゃんの少しの変化も見逃さないように、よく観察して下さいね。

初めて過ごす夏を、快適に、楽しい思い出をたくさん作って下さいね。

関連の記事

エアコンがないのにあせも知らず!あせもなしで暮らす7か条と環境づくり
エアコンなし

【あせもはその服のせい!?】子どもに着せてはいけないNG服4選~あせも0を目指して
あせもになりやすい服

【あせもの対処法】ホームケアの方法と皮膚科受診の見極め~保健師コラム
保健師あせも対処法

執筆:小川まい

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

小川 まい

富士山の麓に住む、2人姉妹のママをしているライターです。 自然に囲まれた地域で、四季折々の自然遊びを楽しみながらのびのびと子育てを楽しんでいます。 パソコン教室の講師をしていた経験を活かし、人の役に立つ記事づくりを目指しています。現在は、下の子のイヤイヤ期に振り回される毎日。 子育て奮闘中のみなさん、妊娠、出産を控えているみなさん、一緒に頑張りましょう!