紫外線の夏も怖くない!キュートにUV対策できるウェア・グッズ12選

執筆者:pro高橋高橋奈奈子

紫外線対策の可愛いグッズ~ママウェア編

お外遊びが毎日の日課になるママには、着る服も紫外線を意識して選びたいところ。
紫外線対策とオシャレを兼ね備えたラインナップをご紹介します。

普段使いしたい長袖シャツ

真夏に長袖?と思うかもしれませんが、個人的に私は去年よく着ていました。
直射日光を浴びるよりも涼しく、意外にも快適に過ごせますよ!

Eileen BARRY COTTON POPLIN

フランクアンドアイリーン
シャツで定番人気のブランド「フランクアンドアイリーン」。
今年は身ごろのゆったりしたシャツをウエストインするのが流行の兆しです。
長袖ですが、真夏に着てもオシャレに見えます。

CURRENT ELLIOTT デニムシャツ

カレントエリオット デニムシャツ
今年はデニムも当たり年。
特にデニムシャツはデニムパンツよりもトレンド感があります。
ケミカルウォッシュ加工されたデニムシャツは、人と一歩差が付くアイテムになりそう!

トレンド感のあるガウチョパンツ

今年のトレンド「ガウチョパンツ」は、ママのお外遊びに適した服です!
裾が広がっていてスカート感覚で履けます。

本物のスカートだと、しゃがんだ時など気を使いますが、ガウチョパンツなら安心ですよ!
まだ購入していない人はぜひチェックしてみてくださいね。

COEN タックガウチョパンツ

コーエン タックガウチョパンツ
ガウチョパンツは、裾が広がっていて、涼しいのもメリットです。
カラーは、どんな色でも合わせやすいネイビーかホワイトがおすすめですよ。

Demi-Luxe BEAMS コットンタイプライター ミディ丈パンツ

Demi-Luxe BEAMS コットンタイプライター ミディ丈パンツ
ガウチョパンツ購入に自信のない方には、ひざ下丈をおすすめします。
ガウチョパンツの種類の中では丈が短いタイプなので、紫外線対策の効果は少し弱くなります。
ですが、ガウチョパンツの丈を短くすれば、ひざ下丈のスカートのように履くことができ、バランスが取りやすくなります。

毎日かぶりたくなる帽子

キャップなど帽子の種類はたくさんあります。

ですが紫外線対策を兼ね備えたオシャレ帽子を考えるなら、全方位につばのあるハットをおすすめします。

EdgeCity 大きいリボンのつば広帽子

EdgeCityストローハット
折りたためるハットは、バッグにインできるのはもちろん、シーズンオフの時期も畳んでしまえるので収納に困りません。
帽子は収納時にかさ張るのが弱点でしたが、この点をクリアにした折りたためる帽子は助かりますよね。

ペーパーリボンビッグハット

ビューティーアンドユースユナイテッドアローズ
普段使いでもオシャレに見える帽子なら「紫外線対策してます」という感じがしないのでいいですよね。

日常的にお外遊びをするなら、オシャレな服を買うよりオシャレな帽子を購入することをおすすめします。

帽子の方が、身につける頻度が高くなるのでモトが取れます!

水遊び対策にパイル地パーカー

これからの時期、公園や商業施設などのちょっとした水遊び場を目当てに出かけることも多いと思います。
ママがしっかり水着を着るまではいかなくても、水遊び用のウェアを持っておくと安心ですね。
水にぬれても安心な素材、パイルのパーカーが使い勝手がいいので重宝します。

Aqua Garage レディースUVパーカー

Aqua Garage パーカー
UVカット加工されたパイルのパーカーこそ、最強の水遊び場ウェア!
水着でも似合いそうな、少し長めの丈を選ぶと着る機会がさらに増えそうです。

SHIPS SCラッセル・アスレチック パイルパーカー

ラッセル・アスレチック  ジップ パイル パーカー
パイルのパーカーを買うほど水遊びしないかもしれないなら、パパとも共用もおすすめ。
メンズサイズのビックシルエットのパーカーを羽織ると逆に華奢に見え、可愛く見えます。

レジャー用にラッシュガード

レジャーで大活躍するラッシュガードは、本気で紫外線をカットしたいママにおすすめのウェアです。

ロキシー ラッシュガード

ロキシー ラッシュガード
かわいいラッシュガードが見つからない時は、サーフ系スポーツブランドをチェックするといいですよ。

ロキシー ラッシュガード 長袖

ロキシー ラッシュガード長袖
気軽に着れるパーカーならラッシュガードも取り入れやすいですね!

意外と盲点!UVカットめがね・サングラス 

日焼け止めクリームをしっかり塗っても、目から日焼けすると効果が半減。
意外と盲点な目の紫外線対策にUVカット眼鏡とサングラスをご紹介します。

Ray-Ban メガネセルフレーム(黒)

レイバン セルフレーム
UVカット加工されたメガネを一つ持っておくと、これからの時期安心です。

TOM FORD サングラス

トムフォード サングラス
最近はサングラスをデイリーに使う人も増えたように思います。
これならアイメイクなしでも外に出ても大丈夫かも?!

まとめ

いかがでしたか?日々丁寧に紫外線対策をすることが将来の肌を作ります!
さらに海やプール、BBQなど日差しの強いレジャーでも、ぬかりなく紫外線対策をして、美しい肌を保ちましょうね。
スキンケア編やキッズ編も参考にしてください。

関連の記事

育児中のママも可愛く紫外線対策をしたい!グッズとママの化粧品編

紫外線対策

執筆:pro高橋高橋奈奈子

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

美容・ファッションライター 高橋奈奈子

ファッション・美容を中心に日々の発見をテーマにしたコラムを執筆中のライターです。子育てをしていても「女性であることを楽しみたい!」をモットーに自分磨きも育児も楽しんでいきたいと思っています。独身時代は金融関係、結婚後はフラワー関係の仕事をしていました。出産を機に憧れだったファッション・美容の情報を発信していくライターへ転身しました。神奈川県在住