3歳なのに手づかみ!お箸が使えない子供へのおすすめ練習法3選

執筆者:梅田万由子

お箸が使えない!お箸トレーニングにおすすめな3つの方法

子どもがお箸を上手に使えないことで悩んでいませんか?
例えば、

  • 食事中についつい手で食べてしまう。
  • 正しい持ち方をすることができない。

という悩みを抱えているママの声をよく伺います。
子どもにどのように使い方を教えてあげると、お箸が使えるようになるのでしょうか?

1.まずはスプーン、フォークの練習を!

c18a0012411ab4f0a95742af0b103620_s
ママはお箸を使わせたくて焦っていませんか?

早い子ですと2歳頃にお箸を持ち始めます。
けれど、遅い子でも小学校入学までには持てるようになります。

無理やり子どもにお箸を持たせたとしても、上手に使うことはできません。
子どもも親もイライラしてストレスを溜めてしまいます。

それよりもまずはスプーン、フォークの練習を徹底しませんか?
小さい子どもは握って持ってしまいがちです。
それを鉛筆持ちに変えてあげてください。
慣れないうちはすぐ握り直してしまいますので、根気よく持ち替えてあげましょう。

2.手首、指先は使っていますか?

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s
鉛筆もお箸も、手首と指先の発達があってこそ、上達するものです。
まずは柔軟な手首と、細かい作業のできる指先作りが大切です。
鉛筆で子どもは思い通りの絵が描けていますか?
塗り絵や線なぞりのような遊びを一緒にしてあげてください。
また、ブロックやパズルなど細かい遊びができますか?
小さなブロック同士を組み合わせる遊びは、手先を使わないとできません。
どちらもまだなのでしたら、お箸デビューの準備は整っていないのです。
親子で楽しく遊びながら、手首と指先を育ててみませんか?

3.焦らず!いつかはお箸デビュー

お箸
周りの友だちがお箸を使えるのに、どうしてうちの子だけ?なんて思ってしまうこともありますよね。
でも心配いりません。
大人になってもお箸が使えない日本人は、周りにいないのではないでしょうか?

慌ててお箸を持たせることにより、変な持ちグセがついてしまうことのほうが心配です。

大人になってからお箸の癖を直すことはとても大変なことです。

まずはきちんとトレーニングして、綺麗にお箸を持つ基礎固めをすることが大切です。
一旦お箸を持ったものの、最初は上手く使えずなかなか食べられない時もあります。
そんな時は無理にお箸を使わずに、「フォークを使ってもいいんだよ」
子どもに逃げ道も用意してあげてください。

フォークを卒業したけれど、お箸はまだ早いという子どもにお勧めのお箸があります。
たとえば、エジソンのお箸です。
お箸デビュー前の練習用のお箸を使ってみましょう
これで正しい持ち方を手に癖づけることによって、自然にお箸が使えるようになります。
また、正しい持ち方で鉛筆が握れるようになるというメリットもあります。

執筆者の体験談

お箸が使えるようになる年齢は、その子それぞれです。
3歳になった長子は「おはし使いたい!」と言いだして、それからすぐに使えるようになりました。
二人目の子にも同じ頃にお箸を持たせてみました。
でも子どもは上手く使えず嫌がったので、一旦断念。
使えるようになった時期は半年程違いますが、小学生になった子どもたちはどちらも上手にお箸を持つことができます。

まとめ

他の子どもと比較してしまいがちですが、子どもにはその子それぞれの成長があります。

早すぎるからいい、遅すぎるからだめ、なんてことはありません。

その子の成長に合わせたものを与えてあげることで、親子の育児のストレスも減らすことができます。
さらには、今の子どもの成長を受け止めてあげることで、親子の信頼関係を築くこともできます。

関連の記事

危険!やめさせたい!?包丁を使いたがる子供を安全に練習させる3ステップ
危険!やめさせたい!包丁を使いたがる子供を安全に練習させる3ステップ

執筆:梅田万由子

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

梅田 万由子

独身時代は印刷データのデザインをする会社に勤務していました。 結婚を機に退職し、現在は4人の母業のかたわら、マイペースにライター業をしています。今は「母親」が天職だと感じて、日々成長する子どもたちと笑いに包まれた生活を満喫しています。趣味は映画観賞で、最近は海外ドラマをキッチンでこっそり視聴するのが日課になっています。 三重県の田舎でのんびり暮らす、テニスやゴルフなどスポーツ好きでチャレンジ精神旺盛、アクティブな母です。三重県在住