妊婦・新生児のママがネームバリューで失敗した!おむつ選びの6つのポイント

執筆者:pro西丸西丸みのり

どこのメーカーの紙おむつがいいの?

子どもが生まれると、毎日必要になるものといえばおむつです。
また、出産準備品としてもおむつは必要になります。
お店に行けばいろいろと売ってはいますが、ブランドが多くてなにを選べば良いか迷ってしまいますよね。
初産の場合は特に、今までまったく縁がなかったアイテムですから、迷うのもしかたがありません。

産前産後の忙しい時期ですが、お子さんを迎えるための大切な準備。
色々と調べておきたいですよね。

おむつ選びの6つのポイント

紙おむつはテレビCMなどでは、さかんに紙おむつが「蒸れない」「もれない」ことをアピールしています。
ですが、それ以外にもおむつを選ぶ時にはいくつかポイントがあります。
おむつ2

  1. 子どもの肌に合っているか
  2. 子どもの体型に合っているか
  3. おむつ自体の大きさと伸縮性
  4. おむつの扱いやすさ
  5. おむつのはかせやすさ
  6. 1枚あたりの値段

購入する時に、似たような条件のものがそろっている場合、一番気になるのは最後の値段ではないかと思います。
お店に行って、同じ枚数で安いメーカーのものを見ると試しに買ってみたくなりますよね。
大きさや触り心地などは店頭の見本でも分かります。

しかし、子どもの肌に合っているかどうかは実際に使ってみなければ分かりません。

最終的に1ブランドに絞るとしても、それまでに色々試してみたい…
そんな時は、各メーカーで試供品やサンプルを提供していないか調べてみませんか?
現在は、各ブランドのホームページ上でキャンペーンに応募するという形が多いようです
キャンペーンに当選すると、数枚の試供品がもらえます。
締切りが設けられている場合でも、年間通じて何度か類似のキャンペーンを行っているようです。

執筆者の場合

prof08_nishimaru私自身も、サンプルプレゼントのサービスは大いに活用しました。
もらえる枚数やサイズはその時によって違いましたが、何度か当選しました。
また、アカチャンホンポのようなベビー用品専門店では、店頭でおむつの試供品を配布していることもあります。
産院などで行われる母親学級、入院先の病院でもおみやげとしてもらえる場合もありますよ。


まとめ

おむつ赤ちゃん
試供品でもらえるものは新生児から使えるテープタイプが主流です。
中にはパンツタイプを選べる場合もあります。
SからMなどサイズが変わるタイミングで、こういったキャンペーンを利用してみてもよいかもしれません。

数枚では使い心地などがわからない、という場合は小さめの現品を購入してみてはいかがでしょうか?

新生児期は特に、1日に10回以上おむつを取り替えます。
特に深刻なお肌トラブルがなければ、1パックはあっという間に使い切るでしょう。
試供品で色々試し、気に入ったものを2~3ブランド小パックで購入。
最終的には1~2ブランドで定まると思います。
これからしばらくおつき合いのあるアイテムですから、納得できるものに巡り合えるといいですね!

関連の記事

【赤ちゃんのおしりケア】おむつかぶれのNGポイントとは~保健師ママコラム
おむつかぶれ
執筆・撮影:西丸みのり

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

西丸 みのり

ハンドメイド作家・イラストレーター・ライター。北海道で生まれ育ち、現在埼玉在住のハンドメイド作家・ママライターです。20代の最後に長女、30代半ばに長男を出産し、現在は自宅で執筆・制作活動にあたっています。子どもの心と体の成長に沿った作品作りがファンの間で定評を集め、ハンドメイド作家として同サイトで執筆をはじめました。