困った夜更かし!子供が眠ってくれない時おすすめしたい3つの方法

執筆者:梅田万由子

困った夜更かし!なかなか寝てくれない子どもにする3つの方法

なぜか夜になると目がランランとして眠ってくれない子どもがいます。
次の日仕事があったり、子どもが保育園や幼稚園に行くのだと支障がありますね。
そんな寝付かない子どもにはどうしたらいいのでしょうか?

1.必要な睡眠時間は?

お昼寝・早寝
お昼寝をたっぷりしても夜眠る子もいれば、早くからお昼寝をしなくなっても平気な子もいます。
子どもによって必要な睡眠時間は違ってくるのが当然と言えば当然ですよね。
子どもの昼間の様子を見て、寝る時間を調整するのも良いですね。

必ずしも長時間寝るからいいというわけではなくて、早く寝て早く起きるということが一番大切です。
小さいうちは遅く寝て遅く起きてもしかたがない時がありますが、
幼稚園、小学校とすすむにつれてそれでは困ったことになってしまいます。

夜は例えなかなか寝付いてくれなくても、家で決めた就寝時間が来たら部屋の電気は暗くします。

朝も幼稚園・保育園に行かないうちから、決めた時間には起こすようにします。
この習慣は、0歳のうちから始めることをお勧めします。
早寝早起きは小さいうちから習慣づけたいですね。

2.入浴時間をチェック

お風呂7
寝る2時間前が入浴には良いと言われています。

入浴により一度あがった体温が就寝時間に向けて少しずつ下がって、眠るための適温になるのが2時間後と言われているからです。

一度生活のリズムを見直してみてはいかがでしょうか?
夕方入浴を済ませて、それから夕食、睡眠だとちょうど良い時間になるかと思います。

3.寝室のカーテンは?

f86eb35a6d5487844cc8bce341788f17_s
光を通さないことで人気のある遮光性カーテンですが、寝室に使うにはちょっと待って下さい。
人は光を浴びることによって体内時計を調整しています。
太陽光に限ったことではありませんが、寝室のカーテンが遮光性ですといつまでも朝がやってきませんね。

普通のカーテンにすることで、朝はうっすらと朝の光が寝室に差し込みます。

それによって朝ぐずぐずと目覚めにくい子どもでも、自然と脳が目覚めやすくなります。
わざわざカーテンを替えるのは大変ですから、今遮光性カーテンをお使いの場合は起きる少し前にカーテンを開けるようにしてみてくださいね。

4.しっかり遊んで、夜は刺激のない生活を

走る子どもママ
朝は早起きして、朝ごはんをきちんと食べているでしょうか。
最近は朝ごはんを食べない、食べたがらない子どもも多いと言います。
でも朝ごはんを食べないと、一日の活動エネルギーが子どもは不足してしまうかも知れません。

エネルギー不足で昼間しっかり遊べないとすると、体が疲れていなくて夜眠るのが遅くなってしまいます。

夜の睡眠時間が短いせいで、昼間眠たくなって活動量が落ちてしまうと、悪循環の繰り返しです。
あるいは、昼間疲れ過ぎていて眠れないということも考えられます。
あまりにも疲れているようでしたら、午前中や午後の早い時間に短いお昼寝をさせてみましょう。

テレビなどの明るくてにぎやかな媒体は、脳を刺激してしまいます。
テレビを観るのは夕方までにして、夜は静かな時間を過ごしましょう。
今は小さい子どもでもスマートフォンをいじることが増えていますが、スマートフォンから発生するブルーライトには脳を覚醒させる働きがあります。
ですからママ達も夕方にはスマートフォンはオフにして、子どもと一緒の時間を過ごすことをお勧めします。
夜は刺激は避けて、家族みんなで読書タイムにしてもいいですね。

執筆者の体験談

週末の夜はどうしても夜更かししがちですね。いつもは9時就寝ですが、週末は10時頃まで起きています。といっても、お昼ねをしない子どもは起きていられなくて…10時までには力尽きて寝てしまいます。大みそかも夜中の12時までは起きていいことにしていますが、大抵子どもたちは年越しすることなく寝てしまいますね。

まとめ

朝は早起きをして朝食を、昼間はしっかり体と頭を使って遊びます。
夜は早目に入浴を済ませて、テレビやスマートフォンの電源は消して落ち着いた時間を過ごします。
早寝早起きは、健康的な生活を送るにはとても大切なことですね。

関連の記事

かっちりした計画は不要!子どもの生活リズムを整えるのに必要なのはコレだけ
生活のリズム

【夜泣きは母子ともに悪影響!】夜中のグズグズを改善する3つの方法
夜泣き

執筆:梅田万由子

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

梅田 万由子

独身時代は印刷データのデザインをする会社に勤務していました。 結婚を機に退職し、現在は4人の母業のかたわら、マイペースにライター業をしています。今は「母親」が天職だと感じて、日々成長する子どもたちと笑いに包まれた生活を満喫しています。趣味は映画観賞で、最近は海外ドラマをキッチンでこっそり視聴するのが日課になっています。 三重県の田舎でのんびり暮らす、テニスやゴルフなどスポーツ好きでチャレンジ精神旺盛、アクティブな母です。三重県在住