母乳が出ない!ミルク育児を始めようか悩むママへ伝えたいメリット・デメリット

執筆者:pro西藤西藤みき

ミルク育児のメリット・デメリット

最近では母乳育児がいたるところで推奨され、その良さについては様々なメディアでも紹介されています。
でも、母乳が出にくい人、仕事や病気などであげたくてもあげられない人など、やむを得ずミルク育児をする方もたくさんいます。
また、赤ちゃんの成長度合いをみて、あえてミルク育児を選択される人もいるでしょう。

筆者は母乳育児しか経験していませんが、「ミルクも飲めたら良かったのになぁ」と思う場面は多々ありました。
そこで、母乳育児経験者から見るミルク育児について、メリットを中心にまとめてみました。

ミルク育児のメリット

フYUKA哺乳瓶セット
ママ以外でも授乳育児に参加できること!
筆者がいちばん感じたのは、「誰かに代わってほしい」ということでした。
母乳育児だと、授乳を代わってもらえる人はいません。
でもミルクだったら、赤ちゃんがミルクを飲んでくれる可愛さ、喜び、もちろん大変さも、パパや他の家族と共有できます。
どうしてもママひとりで外出したいときに預けることだってできます。

哺乳量が分かりやすい!

akko_生後3か月まで (2)
哺乳瓶で量を見ながら授乳できるので、赤ちゃんがどのくらい飲んでくれているのかが一目で分かり、成長の目安とすることができるのです。

母乳では飲んだ量が分からないので、赤ちゃんがちゃんと育ってくれているのか心配が絶えないという方もたくさんいます。

icon-check01新生児・生後1カ月・生後2カ月のミルクの量と回数は?保健師が教える目安量

母乳に左右されない生活!

akko_生後6か月~10か月 (5)
ミルク育児はママの栄養と赤ちゃんの栄養源は関係ありませんから、好きなものを好きなだけ食べられます。
アルコールやカフェインなどの嗜好品も気にすることはありません。
でも母乳育児をしていると、まず食事に気を遣います。
ママが食べたものから母乳が作られますから、母乳に良い食事を心がけ、良くない食品はなるべく避ける食生活です。
また、ファッションにも気を遣います。

第一条件が授乳できるかどうか、という目線で服を選ばなければなりません。

妊娠前の服がようやく着られると思っていたのに、卒乳まで待たなければならないですよね。
icon-check01授乳ケープはどれがいいの?母乳育児中の先輩ママ60人にききました

おっぱいトラブルとは無縁!

akko_生後3か月まで (3)
母乳育児をしている人全員が順調に授乳できているわけではありません。
出にくい、出過ぎる、詰まる、飲み方が下手など、トラブルの原因はたくさんあります。
痛みを伴うこともありますし、母乳外来に頻繁に通わなければならない場合も。
icon-check01乳腺炎の応急処置法!母乳育児中のママに保健師が知ってほしい方法

ミルク育児のデメリット

KNSL室内(53)

ミルク代がかかる!

1ヶ月のミルク代はだいたい5千円~1万円かかると言われています。
その点母乳自体はタダです。
でも、おっぱいマッサージなどの母乳外来にお世話になれば費用がかかります。
また、授乳用の服やインナーやグッズなどの購入費もかかると考えると、どっちが多いとは言えないかもしれませんね。
icon-check01産後疲れを感じているママにおすすめ:母乳の悩みが10日ですっきり!生後1か月から授乳中にはじめた【すっぽん小町】

icon-check01便秘気味のママにおすすめ:母なるおめぐ実で母乳は増える?飲む前に読んでほしい授乳中にあずき茶を飲んだ口コミ

ミルクをその都度つくる手間

寝ている時でも赤ちゃんが欲しがれば起き上がってミルクを作らなければならないので、夜中の授乳は特に面倒と感じると思います。
母乳の場合は添い寝のまま授乳できるので、目を覚ました感覚すらないこともしばしばありました。
icon-check01新生児・生後1カ月の赤ちゃんに手早くミルクを作ってあげたい!時短のコツ5選

外出時に荷物が多い!

ただでさえ子連れの外出は荷物が多いのに、それに加えて哺乳瓶や粉ミルク、お湯を入れた水筒など、さらに荷物が増えます。
でも、母乳育児と違って、場所を気にせずに授乳できるというメリットもあります。
icon-check011ヶ月健診の持ち物・服装はこれで完璧!保健師が教える健診の内容

icon-check01生後2か月で2時間以上のおでかけ!出かけた先で困らない持ち物一覧

身体が戻りにくい

あかちゃんがおっぱいを吸う刺激によって子宮の収縮が促され、身体が妊娠前の状態まで戻ろうとします。
その刺激を受けないミルク育児の人は、ママの力だけで子宮復古を目指さなければなりません。
産後も赤ちゃんが吸収してくれるわけではないので、妊娠中に増加した体重が自然と落ちるということはなかなかありません。
icon-check01授乳中にもできる産後ダイエットに3人のママが挑戦!5キロ~20キロ痩せに成功した方法公開

まとめ

このように、母乳育児とミルク育児は反比例のようにメリットとデメリットが存在します。
「母乳だったら・・」「ミルクだったら・・」と考えずに、自分のやり方で赤ちゃんの成長を応援してみてはいかがでしょうか?

どれが美味しい? たんぽぽ茶入りの飲み物値段と味の比較

編集部で行った試飲会のアンケートをもとにランキングしています。

icon-rank01-01つづみ茶

N小南 (2)
黒豆・フェンネル・ルイボス・ハトムギ・たんぽぽの根が入っているブレンドティーで、私が愛飲しているものです。
試飲中の女性からも思っていた以上に美味しいという声が多数上がっていました。
価格:今だけ特別定価1980円(税別)
今だけのキャンペーン価格のようですので、1980円以上で販売されている場合もあります。

公式サイト:つづみ茶

詳細ボタン

試飲会での感想

akko_生後6か月~10か月 (9)実は愛飲者です。妊娠中から産後、そして授乳が終わってからも飲み続けています。
麦茶よりも味が濃厚で香ばしく、全く苦みがないのでティーバッグをカップに入れっぱなしのまま飲んでもおいしく飲めます。
つわりの時期は冷やして飲むことで気持ち悪さから少し解放されました。
冬は温めて生姜を加えて飲みました。
体も温まりますし、母乳の出も良くなるので一石二鳥でおすすめです。
(かなみ29歳・2歳息子)

KNSL家族 (5)出産した病院が、母乳育児推進に力を入れていました。
病院のポットにたんぽぽ茶が常備されていました。
助産師さんに、たくさん飲むように勧められ、産後から退院までずっと飲んでいました。
普段飲まない味なのですが、後味が口に残らないので、何杯でもいけます。
このお茶は、そこで飲んでいたたんぽぽ茶よりもかなりおいしいですね。
飲みやすい!
(スヌーピーまま・25歳・1才)

icon-rank01-02たんぽぽ茶(ティ―ライフ)

たんぽぽコーヒーぽぽ
お茶の産地である静岡のメーカーです。
ティーライフのたんぽぽの根はこだわりがあり、農薬や公害による素材の汚染を避けるために中国の山奥で作られているとのこと。
定価:(初回限定お試しパック)730円(税込・送料無料)※10日分
(特別ご優待セット)2370(税込・送料無料)※30日分のお茶・ポット付き(通常価格3240円)

公式サイト:たんぽぽ茶

詳細ボタン

試飲会の感想

akko_遊び (3)妊娠7ヶ月ごろから飲んでいました。
もともとコーヒーが好きだったのですが妊娠中ということもありカフェイン摂取を控えていて、その代わりのつもりで飲むようにしました。
味も少しコーヒーに似ていました。
カフェインレスのインスタントコーヒーも飲んでみましたがそれよりもたんぽぽ茶のほうがおいしかったですね。
母乳が増える効果も少し期待していましたが、子供は結局母乳とミルクの混合で育てました。
(りょうママ30歳・2歳息子)

KNSL家族 (15)
母乳の出がよくなかったので、出産してから二ヶ月後あたりから使い始めました。
すぐに効果は現れませんでした。
が、飲みつづけて1ヶ月あたりから、次第に母乳の出がよくなりました。
1歳3ヶ月頃に卒乳をさせたのですが、それまでずっと母乳が出ていたので驚きの効果でした!
(らんちゃんママ26歳・4歳娘)

icon-rank01-03たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶AMOMA

たんぽぽコーヒーミルクアップブレンド2
母乳育児のハーブティーとして有名です。
このサイトでも紹介しているのですが、今回の試飲会では味に対していまいちな反応となりました。
たんぽぽコーヒー 定価1209円(税別+送料)
ミルクアップブレンド 定価1899円(税別+送料)

ayatama0歳-1歳 (46)AMOMAのたんぽぽコーヒーと母乳アップブレンドをを飲んでいました。
味はお茶に近い味でしたが癖があり、だんだん飲みたくなくなってきました。
臨月に入ってからたんぽぽコーヒーを飲み始めました。
出産後からは産後1ヶ月まで母乳アップブレンドを飲みましたが、飲むのをやめました。
好んでは飲みたくない味でした。
(まりぼぅ27歳・1歳娘)

KNSL_公園 (4)長男を出産した際、母乳の出が悪く、友人に勧められて、「母乳育児用のハーブティー」を飲み始めました。
味もハーブティー独特の癖があるし、効果も正直私には感じることはできませんでした。
友人は母乳が出るようになったと言っていました。
(まやとる39歳、8歳息子、4歳息子)

icon-check01母乳量不足で悩まないで!保健師が教える母乳を増やす方法おすすめ5選

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

元小学校教諭ライター 西藤みき

教育系企業で働く二児の母。大学では教育学を専攻し、児童心理学も独学で学びました。結婚前は小学校教諭を務めていましたが、遠距離恋愛を実らせ退職。現在、子どもを育てながら、パートタイム労働者として家計をサポートしつつ、サイトのコラム執筆をしています。自分自身の課題は、家事・育児・仕事の両立ですが…難題です。岡山出身・広島在住