コーヒーに興味を抱き始めた子ども!飲ませたくない時おすすめな方法3選

執筆者:pro相川さん相川かおる

コーヒーを子どもに飲ませないための対処法

コーヒーを飲むとき子どもが欲しがって困っていませんか?
コーヒーで息抜きをして育児をがんばっているのに、それを見た子どもにコーヒーをねだられると、困ってしまいますよね。

子どもにはよくないけれど、やめられない
と、不安に思っているママも対処法を知っていると楽になります。
コーヒーを子どもにねだられるシーン3つのおすすめの解決方法を、ご紹介したいと思います。

1.コーヒーをねだられたらどうしたらいい?

KNSL食事(10)
子どもは、お母さんやお父さんが食べたり飲んだりしているものに興味津々です。
特に自分には与えてもらえないものは余計に気になってしまいます。

おすすめの解決方法:コーヒーは大人の飲み物だと教える

子どもがカフェインを摂ると、頭痛や眠れないなどの悪影響が起こります。
子どもにわかるように、あげられない理由を説明するのがおすすめです。
大人の飲み物だから、子どもが飲むと背が伸びないよ、眠れなくなるよ、気持ち悪くなるよ、頭が痛くなったりするよ、など。

2.少しだけ味見したいと言われたらどうしたらいい?

KNSL家族 (4)
少しだけならいいでしょう?と、あきらめない好奇心旺盛な子どももいますね。

おすすめの解決方法:子どもにはカフェインレスコーヒーをいれてあげる

子どもには、カフェインレスのコーヒーをいれて、一緒に飲むのもおすすめです。
子どもには苦いので、気に入ることは少ないでしょう。
お母さんと同じものを飲めたという満足感を得られると思います。
その後に、いつも飲んでいるジュースなど、お口直しを用意しておきます。
「こっちの方が美味しいよね」とコーヒーより良いものを教えてあげるといいですね。

3.大人が飲んでいる方がいいと言われたらどうしたらいい?

ママリラックス (21)
大人用と子ども用のコーヒーの違いに気づいてしまう子どももいるでしょう。
どうしても、大人用が飲みたいと頑張る子どもには、困ってしまいますね。

おすすめの解決方法:子どもの前で飲むことを控える

お母さんが好きなものは子どももどうしても気になります。
子どもがいないときや眠ったあとのご褒美にしてみませんか。

人を変えるより、自分を変えることの方がよっぽど簡単です。

先輩ママの体験談

コーヒーでは無いですが、私が飲んでいたお酒を欲しがることがありました。
お酒の影響を言い聞かせ、子どもは飲んではいけないものと教えました。
その後は欲しがることは減りましたが、それでも気になるようなので、子どもの前ではなるべく飲まないようにしました。
(ぽちゃちゃん25歳・2歳娘、8ヶ月娘・神奈川県在住)

まとめ

子育ての息抜きに、コーヒーは役に立ちます。
大人と子どもは違うことをはっきりと教えて、子どもに我慢させることは大切です。
そうすれば、子どもは、早くコーヒーの飲める大人になりたいと、あこがれるものです。
どうしてもとせがむ、とても好奇心旺盛な子どもにもカフェイン摂取はさせません。
大人の知恵と工夫の見せ所ですね。

関連の記事

自宅でできる7つの育児ストレス解消法「ひとり時間にしている○○」特集
育児ストレス 1人

執筆:pro相川さん相川かおる

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ