断乳後の体調不良!保健師が教える吹き出物が出る・風邪を引きやすい意外な原因

断乳後の体調不良の原因は意外にも…

ストレスママ
断乳を終えてホッとしたのもつかの間、体調不良に悩んでいませんか?

  • 断乳後に風邪を引きやすくなった
  • 断乳をしてからなんだか体がだるい
  • 断乳後、吹き出物が出るようになった

・・・など、断乳後の体調不良はいつまで続くのか心配になる方も多いと思います。
原因と改善方法を保健師である筆者がご紹介します。

1.断乳すると体調不良になるのは正常?異常?

生理の前に体調不良やイライラを感じたことはありませんか?
その時よりも大きなホルモンバランスの変化があるのですから、

断乳後の体調不良はあって当然なのです。

赤ちゃんが徐々におっぱいを吸わなくなり、授乳量が減る「卒乳」と比べて、断乳はまだ授乳回数が多いのが普通なので、その変化は更に急激になります。

断乳後の体調不良、いつまで続くの?

断乳後の体調不良は、断乳してから1~3ヶ月の間に治まることが多いです。
通常、断乳後1ヶ月程度でホルモンバランスがもとに戻り、生理が再開しますが、その後1~2ヶ月は不安定な状態が続きます。

では、少しでもこの体調不良を軽減するために出来ることはあるのでしょうか?

断乳後の体調不良を最小限にする方法があった

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s
授乳中はお腹が空いて、ちょこちょこおやつを食べる習慣が身についてしまったママも多いはずです。
しかし、白砂糖こそ、ホルモンバランスを乱してしまい、断乳後の体調不良を長引かせてしまう大きな原因なのです。

白砂糖を摂取しすぎると、血糖値が乱高下し、イライラしやすくなります。
生理前にイライラしやすかった人は、断乳後の生理前は更にイライラが強くなりやすく、白砂糖はその大きな原因となります。

断乳前後のおやつはこんなものがおすすめ!

甘いものをついつい口に入れやすい人は、

  • 精製されていないきび砂糖
  • はちみつ

などを少量なめたり、ナッツやさつまいも、ヨーグルト、ドライフルーツなどをおやつとして食べるようにしてみましょう。

「お菓子」が好きな人は、きび砂糖やはちみつとホットケーキミックスを使って、簡単にクッキーなど作るのもおすすめです。
子どもが1歳を過ぎて固いものも食べられるようなら、一緒におやつとして食べられます!

それでも体調不良やイライラが強くて、辛いママはどうすればいいの?

症状が比較的軽い場合は、お砂糖を控えるだけでもすぐに変化を感じられるはずです。
しかし、ホルモンの変化に敏感な方の場合、症状が重く改善しにくいことがあります。
そんな時は、我慢せず、次の方法を試してみましょう。

1.漢方薬を取り入れる

実は、漢方薬には「月経不順」「血の道症」などの効能が書かれた漢方薬は色々と市販されています。
血の道症とは、
『月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のこと』とされ、断乳後の体調不良にも当てはまりますね!

漢方薬局や婦人科で相談すると、体調に合った漢方薬を処方・調合してくれますが、子育てで忙しかったり、試しに飲んでみたい・・・という方は、薬局で購入可能な漢方薬もあります。
お近くの薬局で相談してみてください。

2.ひどい場合は我慢せず婦人科へ行く

病院検査
婦人科では、断乳後の女性ホルモンの数値を採血で測定することができます
大きく乱れていた場合、一時的にホルモンを整えるお薬を処方してくれます。
更に、イライラが強い場合は精神を安定させるお薬、肌荒れが酷い場合は塗り薬など、今出ている症状に的確に対処してくれます。
症状がひどく、家事や育児に支障を来すほどであれば、我慢せずにお近くの婦人科に相談してみてください。

まとめ

女性ホルモンは、ほんの少しの量の変化で、体全体が大きく変わってきます。
イライラが強いと、赤ちゃんやパパにも当たってしまい、更に気持ちが辛くなってしまうこともありますね。
大切なのは、我慢しすぎないことです。
ご紹介した方法にプラスして、パパの休日は1人の時間をもらうなど、気分転換も心がけてくださいね

関連の記事

卒乳後に胸が垂れた!バストアップや下垂改善におすすめしたい方法3選
卒乳後に胸が垂れた!バストアップや下垂改善におすすめしたい方法3選

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。