保育園・幼稚園

子どもが37.5の発熱!知りたい病児保育施設・預け先と気を付けたい3つのこと

更新日:

そろそろ育児休暇が明け、職場に復帰するママ・パパ。

37.5

という数字を見てどんな意味の数字だかわかるでしょうか?
この数字は、保育してもらえるかどうかの境となる子どもの体温です。
保育園では子どもが発熱していると預かってもらえません。

子どもが病気になっても頼れる親族が周りにいない…

入園してからの数カ月、あなたのお子さんはおそらく何度も体調を崩すことになるでしょう。
子どもの体温が37.5度を超えると、保育園で預かってもらえない、あるいは「お迎え」の連絡がはいることになります。
そんな時、仕事は大丈夫でしょうか? 何度も休めますか?
頻繁に休むわけにはいけない育児休暇明け。
子どものことももちろん心配ですが、なかなか休めない立場だからこそ、復職前にしておきたいこと・知っておきたいことをご紹介したいと思います。

病児保育施設

病気回復期等にあるため保育所などに預けることができない場合で、保護者が就労、傷病、事故、出産、冠婚葬祭などの理由により、
家庭での育児が困難なときに、診療所に併設した病(後)児保育施設で預かってもらう制度です。
受け入れについては、病状等により医師が判断します。
事前に自治体の窓口、利用したい施設での利用登録が必要です。
病児保育施設がある地域はまだまだ限られています。
大都市では少しずつ増えてきているようです。しかし、利用するには前もって調査と準備が必要です。
病児といっても、「急性期」と「回復期・体力低下時」の2つがあります。

急性期の保育

子ども体調不良

急性期とは:症状・徴候の発現が急激で、生命の危機状態にあり、経過が短いこと

症状が急激に現れ全身管理を必要とする時期を指します。
高熱、水ぼうそうなどの感染症に対応できる医療機関へ移設の病児保育室もあります。
大都市のみにわずかにあるだけで、

  1. 定員が少ない。保護家庭・シングルマザーのみ利用
  2. 料金が非常に高い

などの問題があり、希望すればすぐに受け入れてもらえるものではないという覚悟が必要です。
※実際には利用が難しいようです。
ここは、子ども三人を育てた私の意見ですが、
できることならば、急性期は親が側にいた方が良いと思います。
どんなに素晴らしいところに預けたとしても、万が一のことがないわけではありません。
重い感染症の子どもは、心や体に後遺症が残る可能性がないわけではありません。
親になら、何とか伝えられるシグナルもあるかもしれず、そばにいなかったことで、後悔することになりかねません。
上司などとよく相談し、看護休暇や育児休暇などの制度があれば活用しましょう。

回復期、体力低下時の保育

子ども風邪回復期

回復期・体力低下時:微熱などの体調不良。下痢、嘔吐、せきなどの回復期。感染症後の体力低下時。

このような場合に利用できる保育所併設などの病児保育施設があります。
利用料金は1日2000円くらいです。前もって電話予約が必要です。

体験談

大きな病院に勤務するAさん。夫婦ともに勤務医であるため、子どもが病気でも休むことができません。病院の近くの小児科での病児保育施設を利用しています。
朝の体調で病児保育が必要だとわかったら、すぐに電話をして予約をしています。
かかりつけの小児科であり、何度も利用した施設なので、子どももさほど抵抗なく利用しているそうです。

共済型病児保育団体・サービス

共済型の病児保育の団体もあります。
自治体やNPO法人などが中心になって行っている事業です。
共済型というのは、利用者が保育費用を出し合うという発想です。
「病児保育施設が近くにない」「あっても定員がいっぱいで利用できない」の声に応えたもので、
急な発病にも保育士を派遣して対応するとのことです。
事前登録をし、問診票を提出し個別面談をします。
そして、決められた会費を支払います。
利用時には、決まった時間までに電話することで、保育士を派遣してもらえます。
ノーベル
写真引用:共済型病児保育ノーベル

共済型病児保育ノーベルの場合

子どもの病気に備え会員が毎月の会費を支払う運営形態をとっています。
そのため、サービスを使わなくても月会費は発生しますが、
当日の朝8時までの連絡で定員オーバーで断られることなく病児保育の対応をしてもらえるというメリットもあります。
また、ママ・パパに代わって小児科の受診をしたり、
熱を出した子どものお迎えも代行対応してくれるなどのサービスもあります。
この内容は、すべての共済型病児保育サービスに共通しているわけではありません。参考までにご覧くださいね。

共済型病児保育ノーベルHP:http://nponobel.jp/

ファミリーサポート

ファミリーサポートシステム
ファミリーサポートセンターは、地域において育児や介護の援助を受けたい人と行いたい人が会員となり、
育児や介護について助け合う会員組織です。
厚生省ファミリーサポートセンター:http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/24a.pdf

大事な子どものために一番良い方法を考えましょう

子どもママ手
本当は、子どものそばにいてあげたいのに、病児保育の先を探さなければならないママの気持ちを察すると、
私もせつない気持ちになります。大事な子どものために、一番よい方法を考えましょう。

1.お休みをとれたら嬉しいですね

職場の人に気がねして、休む権利を使えないのでは残念です。
制度の利用は、次に続くワーキングマザーのための前例となって行きます。
突然の子どもの病気を勇気を出して上司に相談してみましょう。
「仕事のことを考えると心苦しいのですが、お休みをとらせていただくことはできますでしょうか」
もしかすると快く、「お子さんのそばにいてあげて」と言ってもらえるかもしれません。
その時は、感謝の気持ちを伝えましょう。
同僚に仕事の負担がかかった場合、できる範囲で埋め合わせする気持ちを持ちましょう。
職場には、病児を持つ両親への寛容さができるとよいですね。
休ませていただいた感謝の気持ちは、次の育児ママへ引き継いでいきましょう。
「早く帰りなさい。わたしも経験あるわ」と背中を押してもらったなら、数年後、誰かに「早く帰りなさい」と言ってあげればよいのです。
このようなよい循環が、育児しやすい職場をつくるのだと思います。

2.夫や親族の手を借りられないか、もう一度考えてみましょう

父親と子ども
「父親は未発掘の原石だ」という言葉を聞いたことがあります。
年度末に有給休暇を消化するくらいなら、子どもが病気の時こそ休めるかどうか考えてほしいですね。
また両親の住まいが遠方の場合、旅行がてらに孫の顔を見に来てもらうという発想もあります。
旅行をプレゼントすると思えば費用は高くはないと思います。一生のうち何度もあることではないと思われます。

3.やっぱり病児保育を利用したい

あらかじめ訪問し、細かいところまで相談しておきましょう。

説明会参加や事前登録・面接など、実際の利用にいたるまで、多くのプロセスが必要な場合があります。

スポンサーリンク

まとめ

子どもが心身ともに安らいで、一日も早く元気を取り戻すにはどうすればよいのか。
これらの情報を示して、パパママでしっかり話し合うことが大事です。
「病気のひとつやふたつどんとこい!」という心持ちになれたらいいですね。

-保育園・幼稚園
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.