赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎に!?保健師が教えるホームケア方法

更新日:

執筆者:金子奈菜絵

アトピー性皮膚炎とホームケア

赤ちゃんは、生まれて数週間すると、新生児ニキビ脂漏性湿疹に悩まされてしまいます。
そしてそれが落ち着くと、今度は乾燥性の湿疹や、汗疹(あせも)などが続きます。
なかなか湿疹が治らないと、「もしかしてうちの子は、アトピーではないかしら?」と心配になるママも多いのではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎は、全てを理解しようとすると、とても難しい病気です。

この記事では、「もしかしてアトピーかも?」と思ったママが最初に知っておいた方が良い知識をわかりやすくお伝えしたいと思います。

アトピー性皮膚炎って何?

221adb5dcef5bec8488d36c4cc26fdb2_s
アトピー性皮膚炎は、長い間、アレルギー性の病気だと考えられていました。
しかし、最新の研究では、皮膚の乾燥や環境の変化などが原因となり、皮膚の表面で細菌(「黄色ブドウ球菌」や「コリネバクテリウム」)が異常に繁殖してしまうことも原因の1つであることがわかってきました。

アトピー性皮膚炎とその他のスキントラブルの違いって?

実は、生後4ヶ月を過ぎる頃までは、アトピー性皮膚炎なのかその他のスキントラブルなのか、しっかりと判別することはできません。
生後4ヶ月を過ぎても以下のような症状があった場合は、アトピー性皮膚炎を疑います。

  1. 症状が繰り返して起こる。
  2. 耳切れ(耳のつけねが切れてジュクジュクするがある。
  3. 全身の皮膚が乾燥してガサガサしやすい。
  4. 家族にもアトピー性皮膚炎の人がいる
  5. 皮膚の症状と一緒にかゆみがある。

これらの症状がある場合は、アトピー性皮膚炎の疑いがあるため、皮膚科でアトピー性皮膚炎の検査を行います。
検査とは、採血をして、アレルギー反応の数値を調べることです。
※アトピー性皮膚炎がある場合は、卵や小麦などにアレルギーがあることも多いため、併せて検査を行うことが多いようです。

アトピー性皮膚炎のホームケア

赤ちゃん湿疹-2

皮膚科での治療を基本に!!

アトピー性皮膚炎の治療法については、たくさんの民間療法がインターネット・本の中であふれています。
しかし、今のところ、しっかりとした科学的根拠のある民間療法は存在しないのが現状です。
自分で集めた知識だけに頼ることで、アトピー性皮膚炎が悪化し、重症化してしまうこともあります。

基本は皮膚科で処方された薬や保湿剤をしっかり塗ることが大切です。

症状が軽いうちに皮膚をきれいにしてあげると、その後の経過も良いことがわかっています。

日常生活では肌に刺激を与えない工夫が大切

アトピー性皮膚炎の場合、皮膚のバリア機能が弱いため、皮膚を刺激から守ってあげることが大切です。
具体的には

  • しっかりと保湿をする。
  • 冬場は湿度を保つよう気を付ける。
  • 夏場はこまめにシャワーで汗を流す。
  • 洗濯は、柔軟剤の使用を避ける。
  • 綿100%の衣類を選ぶ。
  • 赤ちゃんの爪はこまめに切る。

などです。

a1180_016570

食事療法については、アレルギー検査が必要なので、自己判断せず皮膚科医または小児科医に相談して進めましょう。
一般的に、スナック菓子や時間が経った揚げ物などの酸化した油は、皮膚炎を悪化させることがわかっています。
なるべくそのような食べ物は避けるようにしたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

アトピー性皮膚炎だったら・・・と思うととても心配になってしまいますが、赤ちゃんが小さいうちは診断がつかないことが多いものです。
皮膚炎が酷くなってきたら、早めに皮膚科または小児科に相談すると安心ですね。

また、例えアトピー性皮膚炎と診断されても、早いうちから適切な薬や保湿剤を使用することで、
2歳を過ぎる頃には皮膚が強くなり、自然と良くなってくることがわかっています。

関連の記事

赤ちゃん用保湿剤はどれがいい?保健師が薦める肌に適した保湿剤の選び方
赤ちゃん用保湿剤の選び方】肌に適したものを見つけよう!保健師コラム

乳児湿疹を早く治してあげたい!赤ちゃんの保湿とお風呂の入れ方乳児湿疹赤ちゃん

新生児の顔に吹き出物が!新生児ニキビのホームケア~保健師コラム
乳児ニキビ

執筆:金子奈菜絵
金子奈菜絵

-赤ちゃんの肌トラブル
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.