母子の健康・お役立ち情報

これで大丈夫!パパがいない日でも子供達を安全に入浴させる4つの方法

更新日:

執筆者:梅田万由子

パパの手を借りられなくてもお風呂に入浴させる方法は?

育児中に手が足りなくて困る場面があります。
例えばパパの帰りが遅い場合です。ママだけで2人以上の子どもを連れてお風呂に入るのは大変ですよね。
上の子どもが小さい場合、赤ちゃんと上の子を連れて入浴するのは大変です。
赤ちゃんを入れるのも大変なのに、更には上の子のお世話もあります。
そんな時はどうすれば、安全に入浴ができるでしょうか。

1.赤ちゃんを脱衣所で待機させる

子ども赤ちゃん (10)

  1. 赤ちゃん用のバスマットなどを一枚用意します。
  2. バスマットの上にお風呂上がりに使うバスタオルを敷いてから、おむつ一枚にした赤ちゃんを寝かします。
  3. 冬場は寒いですから、脱衣所は小型のヒーターなどで事前に温めてあげてくださいね。
    上から毛布を一枚かけておけば大丈夫です。
    ヒーターを使うときは赤ちゃんに直接風が当たらないように気を付けてあげてください。

  4. 上の子どもと一緒に入浴します。
  5. 子どもと自分が洗い終わったら、脱衣所で待たせていた赤ちゃんを入浴させます。
  6. お風呂から出る時は、まず赤ちゃんをバスタオルでくるんで寝かせてから、自分は体を拭いて出ます。

  7. 上の子は浴槽から出してタオルで拭いて待機させます。
  8. ママ用にバスローブなどがあるとさっと羽織ってお世話が出来て便利です。

  9. そのまま赤ちゃんを拭いて服を着せてから、洗い場で待機させていた上の子のお世話をします。

2.バスチェアを使う

6949_01
首が据わった赤ちゃんなら、バスチェアを使えます。
これなら一度にみんながお風呂に入れますね。

上の子と自分が身体を洗っている間、赤ちゃんはバスチェアに座らせておきますが、洗い場が狭いと少し不便です。
冬場はバスチェアで待たせておくと、少し寒いかも知れません。
入浴前に熱めのシャワーで洗い場を温めておきましょう。

脱衣所に待たせておくと泣いてしまう赤ちゃんもいます。
そんな子には、みんなの顔が見えるバスチェアがお勧めです。

3.上の子に頑張ってもらいましょう

078431
まだ小さい子どもでも、自分で身体を洗う練習をしてみましょう。
お湯をかけるのは自分では難しいですが、洗うのは見よう見まねですぐ出来るようになります。
それ程神経質にならなくても、毎日入浴さえしていれば大丈夫。
日常生活程度の汚れならきちんと落ちていきます。

子どもが使いやすいような、グッズを用意してあげるのもいいですね。
ポンプを押して使える、泡タイプのボディソープやシャンプーがお勧めです。
仕上げのシャワーをかけるくらいなら、赤ちゃんを抱っこしたままでも出来ますね。

上の子がある程度大きくなっていれば、ママが洗っている間は抱っこを頼めます。
勿論目を完全に離すことは危険ですから長時間お任せは出来ませんが、
赤ちゃんをしっかり抱っこして、頭がお湯に浸からないように気を付けていれば大丈夫です。
子どもを信頼してしばらくの間はお任せしてみましょう。

4.ママは後回しにしても

お風呂2
パパがいない時の入浴はてんてこまいです。
自分に余裕がなく、赤ちゃんも泣いてしまうのなら、ママが自分自身の身体を洗うのは後でもいいのではないでしょうか?
何度もに入浴するのは面倒ですね。
しかし、寒い時期はしっかりとお風呂に浸かりたいですよね。
子どもたちが寝てからゆっくりと入浴してもいいですね。

執筆者の体験談

夕飯の支度をしている時間帯に、小学生と幼稚園児のわが子はいつも三人仲良くお風呂に入っています。
幼稚園児はまだシャワーが上手に使えないので、長子がいつもお世話をしてくれているようです。
いつもお風呂場からにぎやかな声が聞こえてきて楽しいですね。
私自身は子どもたちの入浴が終わって夕食を食べている間に、赤ちゃんとゆっくり二人で入浴しています。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんがいる家庭では、ママがゆっくりとお風呂でくつろげるのは、当分先になりそうと感じることでしょう。
それでも家族一緒にお風呂に入れると幸せな気分を味わえます。

水場ですから決して子どもから目を離さないことが重要です。
何があるか分かりませんから、これだけは油断しないで下さい。
今はバタバタしてしまいますが、パパがいない日でも段取り良く準備さえすれば、みんなで安全にお風呂に入ることは出来ますよ。

関連の記事

【赤ちゃんとの入浴がしんどい?】バスタイムが楽しくなる4つのグッズ
赤ちゃん・入浴グッズ

【入浴タイムが憂鬱?】赤ちゃんとの入浴が楽しくなる3つの方法
赤ちゃん・入浴

執筆:梅田万由子

-母子の健康・お役立ち情報
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.