お食い初めで失敗しないやり方!100人の体験から学ぶ料理と食器の後悔ポイント

助産師

100日祝いは地域によって風習が異なります。
例えば、お食い初めには鯛が一般的ですが、大阪ではタコということも。

特にご自身の出身地ではない地域に嫁いだママは、パパのご実家にその地域の風習について確認すると確実です。


この記事では、
・お食い初めの流れ(やり方)
・用意するもの
・食事内容・料理
・食器
について、100人のママたちの体験談(掲載は一部ピックアップ)を交えながら説明しています。

失敗したママたちが語るお食い初めの失敗しない順番!

お食い初めには実は順番があります。

助産師

食べさせるマネをするだけで、実際には食べさせません。
残った御膳は、ママたちで召し上がってくださいね。

1ごはん(赤飯)
2お吸い物
3ごはん(赤飯)
4お魚(大阪はたこ)
5ごはん(赤飯)
6お吸い物

この流れを3回繰り返して歯固めの石を口に当てます。

鯛はいつでも手に入らない!失敗したママたちの体験談

事前にしっかりと計画していなかったので、尾頭付きの鯛を購入するのにスーパーを何件も回りました。ちょうど良いものが無かったので、手のひらサイズの小ぶりな魚を丸1匹購入して焼きました。おめでたいことなので鯛を焼いてあげたかったなと思います。(かなちゃん・息子5歳・大阪府在住)

鯛を予約しておらず、当日魚屋さんでなかなか見つけられなかった。
偶然、100日用の鯛にキャンセルがでたといって1尾譲っていただけたが、今度機会があれば事前に予約しておこうと思った。)(まりママ・息子1歳・北海道在住)

お食い初めの用意を事前にしていたママたちの体験談

事前にメニューを考えてレシピを印刷しておいたので、当日は手際よく用意することができた。
また、前日から仕込めるものは、先に準備しておいたので楽だった。(ひなママ・息子1歳・北海道在住)

地域によって用意する食材が違うことに大変驚きました。結婚してから主人の出身地である大阪に住んでいますが、こちらではお食い初めによくタコを用意するようです。地域に根付いた習慣もしっかりと下調べしておいた方が良いなと思いました。(めがもん・息子4歳・大阪府在住)

実は違う!男の子のお食い初めと女の子のお食い初め

助産師

長寿の方から食べさせていただくのが習わしです。そうすることで、赤ちゃんが健やかに大きくなることを願う意味を込めているんですね。

男の子と女の子でも、食べさせてあげる大人が変わります。
男の赤ちゃんなら男性(おじいちゃん・パパ)
女の赤ちゃんは女性(おばあちゃん・ママ)

1ごはん(赤飯)
2お吸い物
3ごはん(赤飯)
4お魚(大阪はたこ)
5ごはん(赤飯)
6お吸い物
こちらをそれぞれ年長者から食べさせるマネをしていきます。

お食い初めのしきたりは年長者が食べさせる!

助産師

食べさせる料理の順番が分からなくなるのでメモを忘れずに。
まず、生年月日を確認してくださいね。
忘れやすいので、紙に書いておいた方が良いです。

【体験談】しきたりを知らなくて後悔しました。

その場にいる年長者が赤ちゃんに食べさせるのが良いと知らず、主人が普通に与えた。(実際には義理の父が年長者だった)(まりママ・息子1歳・北海道在住)

子どもに食べさせる真似をする人は子どもの祖母にあたる人で、年齢が上の人と聞いていて、私の母と旦那の母は同じ年だったので、私の母にしてもらおうと思っていたら旦那の母が早生まれだったので、そこらへんもちゃんと確認しておかないといけないと思いました。(まりーママ・娘2歳・東京都在住)

養い親の膝に乗って、最高齢者が食べさせるという行事なのに最高齢者の後に、「したい人は皆どうぞ」と進めてしまったので、後から主人の祖母からチクチク言われました。(みかママ、息子2歳、鳥取県住み)

2人目の時は、自宅に義理の両親を招いてみんなでお祝いしたのですが、事前の勉強不足で、飯→汁物→飯→魚→飯の順に3巡しないといけないことや、誰に食べさせるか(男の子:男性の最年長者、女の子:女性の最年長者)を知らず、当日スマホを見ながら行うという要領の悪いものになってしまいました。事前に確認しておく、紙に書き出しておくなどしておけば良かったと思います。(ちかちゃん、4歳女児・2歳男児、埼玉県在住)

親族でお祝いする際に、1番恒例の方から順番に赤ちゃんに食べさせるのが一般だそうです。
私は知らなかったので、率先してしてしまいそうになりました。年長から順番で最後に親だそうです。色んな人に食べさせてもらうと縁起がよいそうです。(ひぴ 息子 1歳4ヶ月 大阪在住)

お食い初めの料理写真・食事内容

【体験談】お食い初めの料理は自作する?レストラン?頼んじゃう?

助産師

手を抜くところは抜いたらいいんですよ。頑張りすぎないでくださいね。

自分で頑張ったら大変だったママの後悔

子供が生まれて親族が盛り上がるはじめのイベントが100日祝いだと思います。はじめて母親が子供に料理をするということなので私は迷わず手作りの御膳を息子達に作りました。ですが、寝不足やなれない育児で体調が万全出なかった。そして親族のお昼ご飯も用意しなければいけないなど、迎い入れる側は大変でした。楽しかったですが、どっと疲れました。お赤飯や鯛など買った方が楽な物は買うべきと後で後悔しました。もしくは、料亭などで思い切って外食するのもよいと思いました。(ぴかま 双子の息子 1歳4ヶ月 大阪在住)

お食い初めは外に頼ってしまうのも一つの手!

忙しかったので旅館で行い、料理もそちらで用意してもらったので楽で良かったです。赤飯や焼き魚など基本的なものが揃っているので便利でした。(みかママ、息子1歳、島根県住み)

私は、今半のお食い初め善をネットで予約して利用させていただきました。
なかなか鯛を仕入れるお店がなかったのと、お魚を調理する自信がなかったからです。
時間の指定も細かくでき、食器の回収もして頂けるのでとても便利でした。(かっちゃんママ・娘1歳・流山市在住)

親元が遠く、1人目育児で心身ともに余裕がありませんでした。お祝いをしてあげたい気持ちと、準備を負担に感じてしまう気持ちが混在しており、思い切って近隣のお店(木曽路)でお祝いをすることにしました。「お食い初めプラン」があったので、鯛のお頭から梅干しまで、お食い初めのお料理がきちんとフルコースででてきました。店員さんが丁寧に一品一品説明してくださいました。しんどい時はたよってしまっていいんだと思え、また久しぶりの外食で、ゆったりした気持ちでたのしんで過ごせました。(ちー、4歳女児・2歳男児、埼玉県在住)

100祝いのインスタ映え写真集

お食い初めの食器と後悔した体験談

助産師

離乳食の器をお食い初めで使うママ、伝統的な器を用意するママどちらも間違いではありません。
ただ、後で後悔しないように、離乳食の器にしなければよかったというママの意見もご紹介します。

後悔体験談:キャラクターものの離乳食の食器でお食い初めはすすめない

お食い初めの最の食器は、離乳食でも今後使えるようにと、キャラクター物の離乳食用の食器を使用しておこないましたが、少し後悔しました。(男兄弟ママ・5歳と3歳の息子・福岡県在住)

成功体験談:お食い初めはお店にすべて任せて楽ちん

料理も食器、進行までもお店の人に進めてもらえるお店にしていたので、特に何も用意することなく、料理が苦手な私は助かりました。(よしママ・娘2歳・東京都在住)

インターネット等で、よくよく調べてみると、お食い初め用の専用の食器があるのは知っていましたが、名前を入れれるものもあり、しっかり、残るように、そのようなサービスを利用すれば、良かったなと、後悔しています。(まっきー・6歳と2歳の息子・静岡県在住)
生後3ヶ月の寝かしつけでもう悩まない!夜しっかり眠る子にするコツ3選 生後3か月でしたいこと5選【100人アンケート】お食い初め用品・ベビーカーデビューの本音 生後3ヶ月の生活リズムの例を公開!夜中に起きるのを少なくしたい? 一日の過ごし方・睡眠時間・お昼寝