【陥没乳頭の母乳育児は難しい?】母乳育児を目指すママに勧めたい4つの方法

執筆者:高橋奈奈子

陥没乳頭の授乳は大変。でも、希望は捨てないで!

多くの育児系の書籍、雑誌、ホームページを閲覧していると、母乳育児の大切さが語られています。
そこで、陥没乳頭を克服し、頑張って完全母乳の育児をしたいと考えているママも多いかもしれません。
陥没乳頭がなぜ、授乳困難かというのはご存知の方も多いでしょう。
おっぱいの吸い口である乳頭が陥没しているため、子どもが吸おうとしても吸い付けなかったり、母乳が絞り出されなかったりします。

私の出産した産院がそうだったのですが、出産する産婦人科によっては、産前産後問わず陥没乳頭の改善方法を教えてくれないところもあります。
こういう場合は、自分自身でなにか行動を起こさないと、いつまで経っても出ないままで終わってしまいます
陥没乳頭でも母乳育児をしようと思うなら、子どもが吸い付けるように乳頭を突起させる必要があります。
今回は私が経験したことを中心に、どうしたら子どもが吸い付ける乳頭になるのかという観点から、陥没乳頭の改善方法をご紹介しています。
これから母乳育児を楽しみにしているママ、陥没乳頭であることに傷ついたり、完全母乳にならないのではないかと悲しんだりしないでください。
母乳育児を楽しみたいなら、下にご紹介していることから試してみてはいかがでしょうか?

試してみたい4つの改善策

信頼できる訪問助産師・おっぱい外来を探す

  • タオルで胸を温めながら乳首のマッサージをすること。(少し痛いです。マッサージする時間は約30分)
  • 子どもがどれほど母乳を吸っている、飲む前・飲んだ後の体重を比較すること
  • 全力で励まし、陥没乳頭で苦しむママの頑張りを認めてくれること
  • 産後、授乳がうまくできず、不安で大変な気持ちを全部受け入れてくれること

これは、どの助産師さんにも共通していることです。
しかし、考え方や費用はそれぞれ異なります。
マッサージは施術後に楽になる、あるいは陥没が出てきたなど、即効性のあるものではありません
次回の施術を目標に、日々さぼらずに搾乳することが大事です
1人だとどうしてもしんどくなってしまうので、助産師さんとのやり取りを心の支えにしてもいいかもしれません。

執筆者の体験

助産師さん:
利用した訪問助産師さんは初診料5000円、再診料4500円でした。
うまれて間もない子どもを連れて、乗り物に乗るなどの移動をするのは、気が引ける方も多いと思います。私はそのため最初は訪問助産師という選択をしました。
母乳外来:
私の行った母乳外来では、直母(乳房から直接母乳をあたえること)を勧められました。
結果的に、私にはこのやり方が一番合っていました。(紹介された器具の相性も良かったというのもあります)
母乳外来の診察料は2500円でした。だいたい2週間ごとに通いました。

自分に合う器具を見つける

プチパッド
乳頭吸引器
乳頭保護器
乳首
ピジョン さく乳器 手動
哺乳瓶の乳首、ソフトタイプの乳頭保護器(乳首が切れたので使いました)、プチパッド、乳頭吸引器、搾乳機といろいろな器具が出ています。
胸の形状や乳頭の陥没状況によって、自分にあう器具は異なると思います。
乳頭のマッサージの際に、助産師さんにアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか?

執筆者の体験

  • プチパッド(乳頭補正器)を日中装着したままにしていました。
  • 乳頭吸引器は授乳前に3~5分装着すると乳首が出てきます。(すぐに戻ってしまうので子どもがうまく吸い付いてくれない場合は、やり直しになります。)
  • 搾乳機は私の場合は乳頭が出てこず使えませんでした。(桶谷式母乳外来では、搾乳機は乳腺を痛めると考えているようです。)

辛くて長い道のりでも、あきらめない

搾乳はやればやるだけ母乳が出てくると言われています。
おっぱいのトラブルとして炎症を起こして母乳をあげられない場合もあるかもしれません。

執筆者の体験

実は私も産後1か月のうちの2週間ほど、搾乳をお休みしたことがあります。
その時は搾乳量が一度激減し、量ることさえできない状態でした。
けれど、朝、昼、夜中に1回ずつ行っているうちに量はだんだん増えていきましたよ。
子どもが生後3か月になる前には、陥没していないほうの乳房で授乳すると、陥没しているほうから勝手に出てくるようにまでなりました。

少しでも直母で飲ませる。

子どもに吸ってもらうことで、一番乳頭が出るそうです。
産後間もないうちに慣れさせた方がいいようです。

執筆者の体験

片方は乳頭が出ていました。
授乳の順番は、陥没の方をまず授乳するようにしました。

まとめ

3ea5e62998d0897d5e9aa2a9347970da_s
陥没乳頭での授乳はとにかく気力勝負です。
もしかすると私たちがどれほど悩み傷ついているか理解できない人からの、悪気のない発言に傷つくこともあるかもしれません
私の場合は実母とのやり取りにストレスを感じたことがあります。
「出てないおっぱいくわえさせてかわいそう」と言われたり、助産師さんの方針を理解せずミルクあげたがったりして…。
大変なことは尽きないかもしれません。
頻回授乳も大変です。搾乳してもあまり出ない方もいらっしゃると思います。(私もそうでした。)
搾乳している手ごたえがないなど、すぐに手ごたえが感じられないと、疲れ切ってやめてしまおうか…と思う方もいらっしゃるかもしれません
けれど、続けているうちに少しずつ出てくるものです。
初めて直母が成功したときはとても嬉しいと思いますよ。
自分のやり方が正しいのか不安になると思います。
信頼できる助産師さんや経験者を見つけて、その人を信じることから始めていただければと思います。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

美容・ファッションライター 高橋奈奈子

ファッション・美容を中心に日々の発見をテーマにしたコラムを執筆中のライターです。子育てをしていても「女性であることを楽しみたい!」をモットーに自分磨きも育児も楽しんでいきたいと思っています。独身時代は金融関係、結婚後はフラワー関係の仕事をしていました。出産を機に憧れだったファッション・美容の情報を発信していくライターへ転身しました。神奈川県在住