2歳児・3歳児の育児

3歳の女の子におすすめの絵本14選!20人のママが買って良かった本はコレ

更新日:

執筆者:崎山祐子

3歳の女の子の好奇心を満たしてくれる本は?

3歳ともなると、女の子はますますいろいろなことに興味がわいてきて、その興味に応えるためには、いったいどんな本を選べばいいんだろうと悩みますよね。
先輩ママのおすすめを聞きましたので、本選びの参考にしてみてください。

1.ちょっとだけ

ちょっとだけ
赤ちゃんが生まれて、お母さんのスカートもちょっとだけ持って、自分でちょっとだけ牛乳を入れて・・・
ちょっとずつちょっとずつ頑張っているなっちゃんの姿に胸が熱くなりますよ。
愛情たっぷりの最後のシーンに、号泣です。
お母さんだけでなく、子どもにもこの感動は伝わると思います。

先輩ママの口コミ:ラストに感動

ayatama1歳-2歳 (2)赤ちゃんが生まれ、お世話に忙しいお母さん。
お母さんになかなか甘えられないなっちゃんが、ちょっとだけ赤ちゃんに我慢してもらって、お母さんに抱きしめてもらうラストにじーんとします。
なっちゃんが、ちょっと失敗したり、ちょっとだけ成功するいろいろなことに、共感できるようです。
ラストシーンは、子どもながらに感動するようで、最後は自分も抱っこをせがんできます。
(あやのママ37才 7歳娘・2歳&7か月息子 東京都在住)

先輩ママの口コミ:お手伝いするようになる

主人公の家に赤ちゃんが来たことをきっかけに、ママに甘えないよう自然と自立心が芽生えていく姿がかわいく描かれていて、とてもいいです。
娘に繰り返し読み聞かせをすると、「自分の家にも赤ちゃんがくるから、いっぱいママのお手伝いをしたい」と意気込みを見せてくれました。
(みくりママ36歳・5歳娘・東京都在住)

2.ぐりとぐら

ぐりとぐら
ママたちにも愛され続けているぐりとぐら。
最後のカステラにどれほどの人があこがれ続けているでしょう。
「ぐりぐらぐりぐら・・・」、この魔法に大人も子どももかかってしまいますね。

先輩ママの口コミ:カステラ食べたい

ayatama0歳-1歳 (4)のねずみのぐりとぐらが、森の中で卵を見つけ、大きなカステラを作ります。
たくさんの動物がでてくるところと、小さなのねずみがお菓子作りを進めていくストーリーがとてもかわいいです。
物語の最中に作るカステラがとてもおいしそうで、僕も食べたい!と言って絵本のカステラを口に入れる真似をよくしています。

カステラを作った後、大きな卵の殻が残り、「ぐりとぐらは何をつくったとおもいますか?」という文章で物語が終わります。
クイズのようで、「車!?」と毎回答えてくれます。
(龍くんママ34歳・3歳息子・10ヶ月娘・愛知県在住)

3.どうぞのいす

どうぞのいす
うさぎさんが表紙なので、女の子はそれだけで、興味を持ってくれますね。
人に優しくするってこんなに素敵なことなんだよって、子どもに自然に教えてくれる本だと思います。

先輩ママの口コミ:あたたかな気持ちになる

ayatama0歳-1歳 (8)うさぎが作った「どうぞのいす」をめぐって、動物達の「思いやりのこころ」が描かれていて、とてもあたたかな気持ちになります。
文章のテンポがよく、絵も柔らかくかわいらしいので、娘のお気に入りの1冊です。

まず表紙のうさぎさんのかわいらしさを気に入ってくれました。
また、文章中に同じフレーズが何度か出てくるのが覚えやすいようで、真似をしています。
(わかめ36歳・6歳息子・4歳娘・東京都在住)

4.おてんきなあに

おてんきなあに
人気のクーとマーのシリーズで、手に馴染む大きなの本なので、子どもにも持ちやすいと思います。
質問形式で、物語が進んでいくので、テンポもよく、子どもも飽きません。
男の子の発想も、女の子の発想も、両方が描かれている絵本ですよ。

先輩ママの口コミ:想像力が膨らむ

「晴れたら何して遊ぶ?」、「曇りなら?」とお天気に合わせて何をして遊びたいか、クーとマーの会話を追いながら、想像力も膨らみます。
天気が変わることに反応し、自分もこれがしたいと希望を言えるところが楽しいようです。
クーとマーの絵本シリーズの中では、想像力が一番必要な本のようです。
(あかね32歳・2歳9ヶ月&0歳娘・愛媛県在住)

5.ちいさなちいさなすてきなおうち

ちいさなちいさなすてきなおうち
ちいさなちいさなポコポコシリーズの一冊ですね。
とにかく、女の子が大好きな絵本だと思います。
ページをめくるたびに登場するかわいくて楽しいおうちの断面図。
丁寧に細かく描きこまれた絵本に、子どもは引き込まれていくと思いますよ。

先輩ママの口コミ:絵がかわいい

KNSLグッズ(11)絵がとてもかわいらしいです。
女の子が好きなカラフルで優しいタッチの絵で、細部まで細かく書かれています。
毎日必ずこの本を読んでから寝ていました。
細かくいろいろな絵が描かれているので、何が描かれているかをよく見て、楽しんでいました。
(でいじーママ33歳・4歳娘・東京都在住)

6.がんばれ!ルルロロ ことりのあかちゃん

がんばれ!ルルロロ ことりのあかちゃん
女の子に人気のルルロロシリーズの一冊です。
ことりを一生懸命お世話する姿に、子どもは自分の姿を重ね合わせて、応援すると思いますよ。
大好きなママの真似事を絵本で体験できるので、子どもが興味を持ってくれる一冊になるはずです。

先輩ママの口コミ:テレビで人気

KLSM夏 (21)双子のクマのルルとロロのお話は、テレビでも放送していて、3歳の娘が大好きです。
落ちてきたことりを懸命にお世話するルルちゃん、ロロちゃん。

お世話する姿がとってもかわいいし、絵もかわいいです。
喜んだのは、ルルちゃんロロちゃんの最初の掛け声、『ぴっけーれー!今日のお仕事は~』のところや、ことりのお世話のシーンです。
(リラックスママ34歳・5歳&3歳娘)

7.なつのおとずれ

なつのおとずれ
とにかくおもしろい本なのです。
お話のテンポもいいし、登場人物のネーミングもおもしろいのです。
梅雨明けとともに、夏の風物詩が次々に登場します。
季節を感じることもでき、お話に勢いもあって、読んだ後に爽快感を感じる絵本です。

保育士さんの口コミ:梅雨明け前に読む

大人気のだるまさんシリーズの絵本を書いた、かがくいひろしさんの作品で、親しみをもって読むことができます!
梅雨明け前くらいの時期からおすすめの絵本です。
最後のほうのページで、夏の風景が書かれた場面で、「〇〇ここにあるよ~」とそれまでに出てきたキャラクターや夏ならではのものなどを見つけて楽しめました。
(まーちゅ保育士20歳・東京都在住)

8.しろくまちゃんのほっとけーき

しろくまちゃんのほっとけーき
大好きなママと一緒に、大好きなホットケーキをつくるという素敵な本です。
見開きで、ホットケーキが焼けていく絵は、子どもが興味を持ってくれると思いますよ。
イラストがシンプルで、デザインと色使いが素敵な絵本です。

先輩ママの口コミ:片付けの習慣も

9a55b6370dbe4188845c617194349c2b_sホットケーキをお母さんと作る、という題材で、親と料理をする・お手伝いをするという概念を子どもに教えるには、うってつけの一冊です。
お母さんの真似をなんでもしたがるこの年の女の子には、ピッタリだと思います。
まずオレンジを基調としたカラフルな絵本の絵柄を、うちの娘は気に入ったようです。
擬音語(ごとごと、ふわふわ、ぷつぷつなど)が多いので、そこを多少オーバーに読んでやると、とても喜びました。
毎日のように読んでやっていたので、今や一人で朗読できるように。
暇さえあれば、いまだに一人で朗読して楽しんでいます。

その延長なのか、やたらとホットケーキを作りたがります。
生地を混ぜる時はしろくまちゃんの真似をして、「だれかボールを押さえてて!」と言いますし、フライパンで焼いてる時もぷつぷつなどと言って楽しんでいます。
絵本の最後にはちゃんと片付けをしてお皿を洗うシーンもあるので、食べたらお片付けしてお皿洗いという習慣も付いたので助かっています。
(ねず29歳・3歳娘・京都府在住)

9.ぐりとぐらのあいうえお

ぐりとぐらのあいうえお
50音を頭に置いた、楽しい言葉遊びの本で、かわいい挿絵がついています。
ぐりぐらが大好きな子どもだけでなく、「あいうえお」に興味を持ち始めた子どもにおすすめですよ。
語呂が統一されているわけではありませんが、読みやすい文章になっていて、挿絵が文章や単語の理解を助けてくれます。
小さめの本なので、子どもも持ちやすいですね。

先輩ママの口コミ:ひらがなに興味を待ち始めたタイミングで

あ行、か行、さ行…が1ページずつ書かれており、ページ内はひとつの文章になっています。
一つ一つが短い文なので、読んであげるにしても、子どもが一人で読むにしても、無理なく読める内容です。
小さいので、外出時にも持って行くことができ、一時期とてもお世話になりました。
ひらがなに興味を持ち始めたタイミングで買い与えたので、とにかく一生懸命読んで覚えて、一冊読めるようになった時はとても喜んでいました。
(あやママ43歳・9歳娘・東京都在住)

10.おべんとうばこのうた

おべんとうばこのうた
「これくらいの おべんとうばこに おにぎり おにぎり・・・」の誰もが知っているわらべ歌が絵本になっています。
1ページごとに、歌に出てくる食材が、手遊び歌の手振りをしながら登場して、お弁当箱に入っていく様子に、子どもは、目が釘付けになるはずです。
食材に、泣き虫とかやんちゃとか、ちゃんとキャラクターがあるところも楽しめますよ。

先輩ママの口コミ:絵も手遊びも

本の絵と照らし合わせながら歌を歌い、歌に出てくる食べ物がどのような形、色をしているのかも覚えられるところがいいと思います。
初めは他の本のように読み聞かせをしましたが、徐々に歌に合わせて手遊びをしたりしました。
本の絵、手遊び、歌、楽しそうに遊んでくれます。
(りりまま23歳・3歳娘・神奈川県在住)

11.はらぺこあおむし

はらぺこあおむし
色彩が鮮やかで、シンプルな構成で、子どもにもわかりやすい絵本ですね。
丸く穴が開いているところも、子どもの興味をそそります
子どもは、あおむしと一緒に食べ物を食べている気分を味わえますね。

先輩ママの口コミ:歌もあります

あおむしが蝶になる過程がとても楽しく描かれていて、保育園でも読んでもらっていたので、子どもも大好きな絵本です。
保育園で読んでもらった本!と嬉しそうでした。
親が読むだけでなく、ネット検索で歌を検索して、読み聞かせしたりして遊びました。
(あんママ32歳・4歳&1歳娘・兵庫県在住)

先輩ママの口コミ:名前を覚えます

331d3ab4ad0173399efc38c91f4c5c45_s言葉をたくさん話すようになる3歳の時期は、物の名前にも興味を持ちます。
まだ読み聞かせの時期ですが、何度も読んであげると果物や食べ物の名前を覚えてしまいます。
あおむしが蝶に変化するということを、自然と理解できます。

あおむしが食べた果物に穴が空いています。
穴に指を入れて、「ムシャムシャ」と言いながら次の果物へと移っていきます。
破れそうなほど指を入れても、まだまだ飽きない様子です。
果物や食べ物の名前を覚えて、一緒に読んでいます。
(きょうきょう36歳・6歳&3歳娘・茨城県在住)

12.とけいであそぼう あんぱんまんいまなんじ?

とけいであそぼう アンパンマンいまなんじ?
子どもが大好きなアンパンマンと一緒に時計を学べるなんて、楽しそうですね。
時計に興味をしめした時に、読んであげるといいと思います。
時計を理解していなくとも、日常生活のリズムを覚えることができますよ。

先輩ママの口コミ:楽しく時間を学べる

blackboardみんなが知ってるアンパンマンと一緒に時計のお勉強が楽しくできます。
時計がくるくる動くので、遊びながら学べます。
親子で触れ合いながら、一緒に学ぶことができるところもおすすめです。

ちょうど数字を色々覚え始めて、よく、「今何時?」と聞いてくることもあり、この絵本を買ってあげると、アンパンマンとくるくる回る時計に喜んでくれました。
ひとりで、一生懸命、「いーち、にーい、さーん…」と数えたり、「今3じだよ」と言ってみたり、「これなんじ?」と聞いたり、楽しんでました。
(あすママ36歳・3歳&2歳娘・沖縄在住)

13.頭のいい子を育てるおはなし366

頭のいい子を育てるおはなし366
とにかくたくさんのお話が楽しめますよ。
自分が子どもの頃に読んだお話や、伝記、落語、子どもに読み聞かせたいものばかりが集められていますよ。
漢字にもすべてふりがながつけられていて、子どもが少し大きくなってから、一人で読むことも可能になっています。
長く使える一冊ですね。

先輩ママの口コミ:生活リズムも整う

KLSM夏 (15)一日一話3分で読めるので、寝る前に毎日読み聞かせる習慣がつきました。
歯磨きが終わると、子どもが本棚からこの本を取ってくるので、読み聞かせます。
生活のリズムもつき、この本を読み終わると、自然と寝る態勢になっていきました。
1年目は親が読み聞かせしますが、2年目からは子どもが読み聞かせてくれるようになり、3年目になるとお話を覚えてしまって、スラスラ暗記しているようでした。
長く使える本です。
(かーぼママ40歳・9歳娘・兵庫県在住)

14.ごめんねともだち

ごめんねともだち
お友達とけんかになって、なかなか言い出せない、「ごめんね」の一言。
この本では、心の葛藤がうまく表現されていて、子どもはとても共感するのではないでしょうか。
お友達との関わりを学ぶ手助けになる一冊ですよ。

先輩ママの口コミ:勇気を出せた

KNSL家族 (4)「ごめんね」となかなか言えない、自分が悪いと思っても意地を張ってしまう子におすすめです。
仲良しのおおかみさんときつねさんが喧嘩をしてしまいます。
ごめんねと言い出せないまま日にちが経つにつれ、仲のよかった友達と遊べないという淋しさが募っていきます。
そして最後には、「ごめんね」の一言が…。
お友達とケンカし、強情にもどうしてもごめんねと言えなかった夜に読んであげました。
翌日、その友達に勇気を出してごめんねと言えました。
(しほママ32歳・3歳&1歳娘・愛媛県在住)

スポンサーリンク

まとめ

おしゃまな女の子にぴったりの本、読み終えて感動する本、笑える本。

どの本も、子どもの心を育ててくれるに違いないと思うのです。

どうそ、子どもが興味を示した本を読ませてあげてください。
きっと、読み終えた後に、また次の本を読みたくなってくれていると思いますよ。

関連の記事

活発な3歳の男の子に読んであげたい絵本9選!育児中のママ20人のおすすめ
活発な3歳の男の子に読んであげたい絵本9選!育児中のママ20人のおすすめ

-2歳児・3歳児の育児
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.