在宅ワークって安全なの?トラブルを避けるために知っておきたいこと

執筆者:藤咲倫子

在宅ワークでトラブルに巻き込まれないための注意点

在宅ワークは、クライアントに直接会うことなく、自分の時間にあわせて自宅でできる仕事です。
そのため、育児中で外に出かけられない女性にとってはとてもうれしい働き方だと思います。
しかし、なにごとにもリスクはつきものですよね?
顔を合わせないからこそ、すれ違いやトラブルもあります。
在宅ワークをするうえでトラブルに巻き込まれないよう気を付けたいことは何でしょうか?

1.先行投資型の内職には気をつけましょう

ストレスママ
まず気を付けるべきもの1つに内職詐欺があります。
在宅ワークを紹介するといって多額の登録料を取り、実際には仕事を紹介しないものもあります。
また、職業訓練の講習を受けさせ、講習料を取って、結局のところ仕事を紹介しないといったものがあります。
ほかには、仕事に必要だからと高いパソコンを売りつけるなどの手口もあります。

トラブルに巻き込まれないように気を付けたいポイント

1.在宅ワークを紹介してもらう会社の中でも、登録料を取るところはやめた方がよいかもしれません。
2.道具を売りつけたり、講習を有料で受けさせるようなところも気を付けてください。

※在宅ワーク希望者を対象とした、詐欺かもしれないので気をつけてください。
もちろん、一概に危険とはいえません。
先行投資型の在宅ワークは、初心者が手掛けるには得策とは思えません。
相手との契約関係や報酬関係があいまいになり、気付けばトラブルに巻き込まれていたということも考えられます。
3.仕事をしても報酬を払ってもらえない、といったトラブルもかなり多いです。

対応策として:

在宅ワーク紹介会社を間にはさんでいれば、報酬の支払いは少なくとも保証されます。

手数料は取られますが安心だと思います。

2.ペナルティーを科せられたら一人で悩まず、相談しましょう

ママストレス
在宅ワークが詐欺の横行しやすい場というわけではありません。
顔が見えない場であること、素性を互いに隠せる環境にあることからなかには常識のない方や詐欺まがいの方もいるようです。

遊びではなくお仕事として引き受けるので働く側も最低限のマナーを守る必要はあります。
報告・連絡・相談は、トラブルを起こさないための大前提ですね。
納期遅延などは、できる限り避けるべきことですが、遅延しまったときに、

作業額に対して法外な額を請求されたとしたら、支払う前に在宅ワーク紹介会社や第三者に相談しましょう。

状況や契約関係がはっきりわからないので、はっきりとしたことは言えませんが、(悪質な過失でない場合)
作業額に対しての過剰な請求を求められたら、支払うの義務のないことも多いのです。

3.コミュニケーション不足によるトラブルに注意

在宅ワーカー側とクライアント側のコミュニケーションが取れず、トラブルが起きてしまうことがあります。
仕事の内容を確認してから、作業を開始してください。
もしも、どうしても不安を感じたときは、作業を始める前に辞退しましょう。
また、安易に契約を結ぶのもやめましょう。
在宅ワーク紹介会社の中での仕事をおすすめします。

トラブルに陥ってしまったら

間に紹介会社が入っている場合には、その会社に相談して解決できるよう努力してみましょう。
どうしても解決ができなかった時には、やはり弁護士さんとか法律の専門家に相談するしかない場合もあります。
在宅ワークのトラブルで裁判になるということもあり得ないことではありません。
公的な法律相談を利用するなど、一人で解決しようとしないことが大切です。

先輩ママの体験

ライティングの仕事をしていて、納品の仕方が違うと言われてクライアントに40記事もボツにされてしまったことがあります。
ちゃんとコミュニケーションも取れない相手だったので、やめたいと言ったところ、契約違反だと脅されました。
サービス会社に間に入ってもらってどうにか縁を切ることができましたが、一時は弁護士さんに相談しようかと思いました。
どんなトラブルがあるか分かりませんので、仕事をする以上は、それなりの覚悟は必要だと思います。

ダイエットサイト

まとめ

ママリラックス
さて、ここまで執筆した後で、クライアントの立場として書きたいと思います。
こちらのサイトでも、体験談を募集する場合などは在宅ワーク紹介会社で体験談を執筆いただくことがあります。
私は今までなんども依頼側として利用してきましたが、ありがたいことに在宅ワークの方々とのトラブルを経験したことはありません。
しかし、在宅ワークではなく、編集プロダクションとして仕事を受けるときは、何度かトラブルにあったことはあります。
企業やチームで動いていれば、知恵を出し合って回避できる問題もありますが、在宅ワークは個人事業主ですよね。
トラブルが起きた場合は、とても悩むでしょう。
そこで、声を大にして言いたいのは、

大切なのは、トラブルをひとりで解決しないことです。

在宅ワークは怖いのではないかと思った方もいるかもしれません。
しかし、トラブルになるクライアントはごく一握りです。
トラブルに巻き込まれたくないという方は、クライアントとの接触がないタスクという作業だけを行うなど色々と方法はあるはずです。
また、他のワーカーさんにきちんと評価されているクライアントを選んではいかがでしょうか?
私が頼んでいて、働きやすそうだと感じるのはクラウドワークスですが、
いくつかサイトを覗いてみて決めてみてはいかがかと思います。
少しでもみなさんのご希望のワークスタイルで働けますように!

関連の記事

主婦の在宅ワークって簡単?仕事の探し方と初心者の心得
在宅ワーク探し方

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

藤咲 倫子

早大在学中より執筆業に携わり、大手出版社(女性誌)・広告代理店での勤務を経て、30代半ばで出産を経験。出産を転機に子育てと両立できるワークスタイルを目指し、育児中のクリエイターさんと助け合いながら仕事中。海外での居住経験(英・中・独国)があるため、日本の育児が窮屈に思えることも。心理学の知識をもとにした記事や妊娠中・育児中の悩み解決方法を発信しています。ハンドメイドと布が好きで、新作の布を見るとつい購入してしまう性格です。大阪在住