Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

乳児湿疹で顔がガサガサ・ざらざら!生後8か月・9か月50人にママがした7つのこと

赤ちゃんの肌は大人に比べて薄くデリケート。そのためちょっとしたことで肌トラブルを起こしやすいですね。

保健師

赤ちゃんのぐずりの原因にもなりますし、患部がぐちゅぐちゅ重度化しやすい傾向にあります。
ざらざら・カサカサ・ぶつぶつなど初期段階で早めに保湿し、肌を守ってあげたいですね。

実際に医師から言われたアドバイスを7つ紹介します。

生後8・9・10か月の乳児湿疹・肌荒れが酷くなる理由と赤ちゃんの成長

保健師

生後8カ月にもなると、お腹の中でママからもらっていた免疫が切れ、さまざまな影響を受けやすくなります。また、離乳食が進む時期なので、食材によるアレルギーが出てくる場合もあります。

このころの赤ちゃんの肌荒れで特に多いのが以下の4つです。

肌荒れの特徴
  • 乳児湿疹
  • オムツ・よだれかぶれ
  • 季節性のもの:乾燥・あせも
  • アレルギー・アトピー

これらの肌荒れにどう対処していいか悩むママも多いですよね。また、原因が分からず悩み続けるママも多くいます。肌荒れが長引く場合や悪化し続ける場合は病院で診てもらうようにしてください。

ほっぺが赤い・肌がざらざら・乳児湿疹が目立つ赤ちゃんの肌荒れ対策1.保湿

保健師

乳児湿疹の基本が清潔にすることと保湿です。水分が出てしまうと、もちろん肌は乾燥してしまいますよね。
乾燥は肌の正常なターンオーバーを妨げます。また、乳児期に乾燥した環境にいる赤ちゃんはアトピー性皮膚炎の発症リスクが高くなります。(日本小児学会・皮膚科学会の見解)
まだ乳児湿疹が軽い場合はよく洗い、しっかり保湿することで3日程度で引く子もいます。刺激の強いものでなく、この時期は天然成分のものを選んでください。

肌を乾燥させないよう保湿をしっかりしてあげてください。できるだけ無添加の赤ちゃん用保湿剤を使い、肌を守ってあげましょう。
赤ちゃんのおすすめ保湿剤10選!50人のママと保健師が厳選

医師から保湿をすすめられた体験談

ゆうママ・1月生まれ・愛知県

おなかの辺りの皮膚がカサカサというか、掻いてこすれてしまうからか厚くなり乳児湿疹ができていました。処方されたのは保湿剤のヒルロイドソフトとステロイドのロコイドでした。重要なのはとにかく保湿とのことでしたので、朝晩は必ずぬっていたら知らない間に改善され今ではなにも付けなくでもサラサラです。

ゆきまま、1月生まれ、京都府在住

小さい頃から(現在2歳半ですが)、乾燥でそんなにひどくはないがアトピーといわれています。食べ物のアレルギーはありませんが、秋からの涼しい季節になるとよく体中を掻いています。夜中に泣いて起きることも、いまだにあります。小児科の先生には、塗り薬のヒルロイドとプロぺトと頭皮用にヒルロイドのローションタイプの薬とアレルギー用の飲み薬を処方されいます。とにかく保湿です。掻いた時に傷にならないように、こまめに爪を切る事も必須です。まだ、保育園などに行かれていないなら、おむつを替えるタイミングなどで処方せれた薬で保湿をしていました。現在も実施中です!

子ブタママ・10月生まれ・滋賀県在住

赤ちゃんの乳児湿疹があり、病院で塗り薬をもらいました。赤ちゃんにはきつい薬、特にステロイドのものはあまり塗りたくないと思い、ほんの少しの量しか塗りませんでした。
次回診察時に先生に言われたことは、「ひどいときは、ある程度の量をしっかり塗って短期間に集中的に治し、治ったらダラダラ塗らないように」でした。また、乳児湿疹ができる前に予防として、乾燥させないように保湿クリームなどを塗ることも言われて、実践すると綺麗に治りました。

そらまま・10月生まれ・大阪府在住

肌が敏感で、顔や体に乳児湿疹ができていました。ベビーローションを塗っていましたが、いまいち効果が見れず、結局病院へ。病院では、まず朝起きたら顔は石鹸で綺麗に洗うよういわれました。その後保湿クリームを塗らないといけないと。ミルクや汗などが付いたままなのが乳児湿疹の原因だといわれました。体はとにかく保湿。ヒルロイドを処方されました。

よくぐずる赤ちゃんの肌荒れ対策2.お風呂

保健師

赤ちゃんの肌が荒れている時は、石鹸を使わず水で洗い流すようにしてください。
荒れた肌にとって石鹸が刺激になる場合があるからです。
ただ、乳児湿疹の場合は症状によっては良く洗ったほうがなおりが早い場合があります。

生後8~10ヶ月頃の赤ちゃんであれば、外で走り回って遊ぶ時期でもないので、お湯だけで十分に体の汚れを落とすことができますよね。お湯で綺麗に洗い流して清潔にしていれば大丈夫です。

どうしても石鹸でしっかり洗いたいという場合は、刺激の少ない赤ちゃん用の石鹸を使うようにしてください。また、乾燥が気になる場合は保湿効果のある入浴剤も効果的です。
大人用の石鹸や入浴剤は刺激が強いので、絶対に使わないようにしましょう。

医師からお風呂をすすめられた体験談

パンダマン 9月生まれ 東京在住

生後2ヶ月から肌あれがひどく病院でお薬をもらっていたのですが、お薬以外にお尻と陰部以外は石鹸を使わずにガーゼでお湯だけで洗った方が良いといわれました。石鹸で体の油も一緒に落ちるからです。私の子はアレルギーがあり卒乳してからは除去食にして1歳過ぎた頃には薬も使わずにすべすべの肌になりました。

きぃママ・1月生まれ・大阪府在住

乳児湿疹にかかり、顔だけプツプツが出てきました。かゆそうで顔を何度もかいていて、かわいそうだったので病院に行きました。すると、毎日顔も石鹸で洗うようにして下さいといわれ、薬ももらいました。するとそれからずっとつるつるでした。顔はお湯だけでいいと沐浴の練習の際にいわれたのですが、石鹸の方がいいと思います。

まきママ・6月生まれ・大阪府

病院に連れていったのですが乾燥が原因かなぁといわれました。クリームも朝とお風呂上がりの2回塗っていたのですが治らず、本当に乾燥なのかなぁと思っていましたが、これでダメだったらもう一回病院に行こうと思って試したのが入浴剤でした。一番風呂に入っていると乾燥しやすいようで、みるみる良くなりました。

赤い湿疹が口周りにできる赤ちゃんの肌荒れ対策3.おしゃぶりをやめる

保健師

0歳であれば、おしゃぶりをしている赤ちゃんも多いですよね。しかし、そのおしゃぶりが赤ちゃんの肌荒れの原因になっていることをご存知ですか?

おしゃぶりをすることで、赤ちゃんの手にはたくさんのよだれがつきますよね。まだ「手を拭く」ということが理解できない時期なので、赤ちゃんはその手で顔や首などを触ったりします。

よだれがついたままの肌は「よだれかぶれ」などの肌トラブルにつながる可能性が高いので、なるべく早く拭きとってあげるようにしてください。

また、おしゃぶり自体をやめさせるのも効果的です。

医師からおしゃぶりの中止をすすめられた体験談

次のページへ