お漏らしをしてしまう!下の子の誕生でトイレを失敗するとき見直したい2つのこと

執筆者:上野まこ

これまで順調にトイレでおしっこできていたのに、最近急に漏らすようになった。
そんなことで悩んでいませんか?
下の子の妊娠や出産をきっかけに失敗するようになったのなら、注意してください。
それは子どもからママに向けられたサインなのです。

下の子ができてからトイレトレーニングが失敗つづきになって時の対策法

それまではちゃんとトイレでできていたのに、急に失敗するようになって困っていませんか?
今までできていた子が、失敗するようになるとママも子も戸惑いますね。
外出時のお漏らしは、濡れた下着だけでなくズボンや靴下、ときには靴まで新しくしなければなりません。

子どものトイレトレーニングが失敗続きになってしまったら、見直してほしいことが2つあります。

1.トイレトレーニングに失敗する子どもの心理状況を把握しましょう

女の子ども9
下に子どもができて急に失敗するようになったのでしょうか?
それは、自分に向き合ってほしい、不安であるという子どもからのサインです。
ママにとっては疲れが出ている中で、おもらしの後片付けをするのはとても大変ですね。
そんな場合は、一度おむつに戻してもいいと思います。
そしてしっかり甘えさせてあげてください。
トイレトレーニングは一時期融資しても大丈夫ですよ。
もっとかまってほしいという子どもの気持ちを尊重してあげてください。

子供が赤ちゃん返りが原因でお漏らしをしていたら

20160103_ayatama_i (54)
一番大切なことですが、ママに再確認していただきたいことがあります。
お漏らしをして、最も困った思いや恥ずかしい思いをしているのは、子どもだということです。
おしっこは一日に何回もします。
一度失敗する癖がついてしまうとおしっこやうんちのたびに、子どもたちは失敗しないか、と緊張することになります。
だから叱らないであげてください。
叱ってしまうとどうでしょうか。
子どもは次第におしっこをすることが、嫌になってしまいます。
おしっこしたいと思うたびにママの怒った顔を思い浮かべてしまいます。
そうなると上手くいくはずがありません。

環境の不安を感じているときこそおおらかに

ママと会話女の子ども
大切なのは、子どもが実はお漏らしたくないと思っている気持ちを温かく理解してあげることです。
「今はできないけど、いつかは必ずできるようになる」というおおらかな気持ちで子どもに接してあげてください。
お母さんのゆったりした気持ちは子どもに伝わります。
子どもの緊張がほぐれると一人でトイレができるようになると思います。

2.トイレトレーニングに失敗し始めたら、子どもと一緒におしっこのタイミングを確認して

男の子ども5
子どものお漏らしを少し観察してあげてください。
大体、何時間に一回漏らしていますか?
その時間を目安にするとトイレに行くタイミングが分かってきます。
もちろん、気温や体調によって、漏らすタイミングは変わります。
寒い時や塩気の強いお菓子をたくさん食べたとき、水分をたくさん飲んだときはトイレが近くなりますね。

トイレでできたときはいつも以上に褒めてあげてください

ママと会話男の子ども
下の子どもが生まれると、自分が必要ではないのでは?という不安が芽生えてしまいます。
失敗してかまってもらう時間を増やしたいと思うより、成功したらたくさん褒めてもらえるという認識に変えてあげたいですね。
20160103_ayatama_i (50)
トイレでおしっこがでたら、たくさん褒めてあげてくださいね。
子どもはお母さんが喜んだり、褒めてくれることが一番嬉しいことです。
やる気に繋がっていきますよ。

先輩ママの体験談:成功したときにたくさんほめたことが成功へとつながった

Nyukaルイボスお嬢さん私の子どもは、下の子ができてからトイレでおしっこをするのにとても抵抗がありました。
なかなかトイレに入ろうともしませんでした。
私はまず、楽しいところだと知らせるためにトイレにぬいぐるみや装飾をして、可愛く飾るところから始めました。
そして失敗しても怒らないこと、成功したら沢山褒めることを大事にしていました。
ゆったりした気持ちで接していると、子どもも自分からおしっこを伝えてくれるようになり、上達していきました。
(27歳・富山県・3歳の女の子・0歳男の子)

下の子ができてからトイレトレーニングが失敗つづきになって時の対策法のまとめ

トイレトレーニングが成功すると自信がつきます。
ママも助かりますよね。
外出するときでも着替えを持たずに出かけることができます。
何年も悩まされることではないので、おおらかにトイレトレーニングをすすめてくださいね。
icon-check01おむつはずれでまだ悩んでるの!?夏のトイトレが大成功する意外な秘訣

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保育士・幼稚園教諭・おもちゃコンサルタント 上野まこ

保育士と幼稚園教諭、おもちゃコンサルタントの資格を持つベテラン保育士のライターです。公立保育園で勤務を経て、フリーランスで子育て講座やおもちゃ講座の講師、市の発行する子育て広報誌にコラムを載せてきました。現在は、幼稚園や保育園へ定期的に足を運び、あそびと造形の講師のほか、お母さんたちの相談役として、育児の不安やストレスに耳を傾け、子どもとのかかわり方をアドバイスしています。宮城県に住んでいます。