Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新生児でも荒れない!おしりふきの拭き方と冬場の使い方

おしりふきは赤ちゃんのお手入れに欠かせないものですよね。

しかし、そのおしりふきが原因で肌荒れをおこしてしまう赤ちゃんも多くいます。なぜ赤ちゃんのおしりは荒れるのか?と疑問に思うママも多く、どうしたら改善されるかを知りたいママも多いはず。

おしりの肌荒れの原因や、荒れにくくなるおしりの拭き方などをご紹介します。 保湿も大切です。

赤ちゃんのおしりが荒れやすい理由

保健師

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで皮膚も薄いため、刺激に弱く荒れやすい状態となっています。中でも、うんちで汚れることの多いおしりは特に荒れやすく、それを防ぐためにおしりふきやオムツに気を遣っているママも多いですよね。

赤ちゃんのおしりが荒れやすい原因は主に以下の4つです。

おしりが荒れやすい4つの原因

  • おしっこやうんちによる刺激
  • 拭くときの摩擦による刺激
  • オムツや汗による蒸れ
  • おしりふきやオムツがあっていない

赤ちゃんのおしりが荒れないようにするためには、赤ちゃんに合ったオムツやおしりふきを使用し、こまめにオムツを変えて清潔にしてあげることが大切なんですね。そして 保湿も大切です。

新生児でも荒れないおしりふきの使い方 1回でふき取る

保健師

新生児は、うんちの回数が多くなりがちです。赤ちゃんのうんちは比較的ゆるゆるしたうんちなので拭きとるのも大変ですよね。

何枚ものおしりふきを使って何度も何度も拭いていると、それだけ赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまうことになります。なので、赤ちゃんのおしりについたうんちは、なるべく1回で拭きとるようにしましょう。

とはいっても、ゆるゆるうんちを1回で拭きとるのは難しいと感じるママも多いですよね。方法としては、まず大まかな汚れをティッシュなどで取り除き、そのあと広くした状態のおしりふきで肌についている部分をサッと1回で拭き落とすようなイメージです。

一回でふき取るようにした体験談

むぎまま・11月生まれ・大阪府

ゴシゴシこすってしまうのはやはりお尻も荒れてしまうので、なるべく優しく1回でふき取るように、おしりふきを小さく折りたたまず、半分くらいにしてなるべく広くふけるように使っています。

新生児でも荒れないおしりふきの使い方 おしりふきを濡らす

保健師

赤ちゃんのうんちは柔らかいので、肌にベッタリとついてしまっていることも多いですよね。乾燥してしまっている場合も多く、どうやって綺麗にするか悩むママも少なくありません。

まず、絶対にしてはいけないのが、ゴシゴシしてしまうこと。これはおしりが荒れる原因になってしまいますので、絶対にやめましょう。

乾燥したうんちがついて取れにくい場合や、赤ちゃんの肌が乾燥で荒れている場合などは、おしりふきを濡らし、洗い落すような感じで拭いてみてください。水分を含んだもので拭くことで、肌への刺激を減らすことができます。

最近は「おしりふき専用コットン」など水を含ませる前提で作られたものも販売されているので、ぜひ使用してみてください。

おしりふきを濡らして使用した体験談

子ブタママ・10月生まれ・滋賀県

使うたびにお湯かお水を浸してから使用します。水分が含まれたものに比べると、少し手間はかかるかと思いますが、赤ちゃんにはとても優しく安心できてよいと思います。

なおこ・12月生まれ・広島県

まずは、大きなものはオムツに取ったあと、おしりナップは、薄いので2枚使って拭いていく。水分を多くは含んでないので、できれば一度濡らして使ったらいいです。

新生児でも荒れないおしりふきの使い方 おしりを濡らす

保健師

赤ちゃんのうんちが広範囲に広がって拭きにくさを感じたことがあるママも多いのではないでしょうか。広範囲に広がってしまうと、おしりだけでなく背中まで荒れる原因になってしまうので、早く拭きとってあげたいですよね。

こういう場合は、おしりふきを使うよりも、水を使って洗い流してあげると、とても早くおしりを綺麗にしてあげることができます。方法は、スポイトや霧吹きなどで赤ちゃんのおしりを洗い、後で水分をしっかり拭きとるだけ。

この方法は広範囲の場合だけでなく、乾燥したうんちを取る場合や、おしりが荒れて拭くのを嫌がる赤ちゃんにもおすすめです。

おしりを濡らすようにした体験談

tkmnok・7月生まれ・東京都

男の子でも女の子でもウンチのときは霧吹でお尻を軽く洗ってから拭くようにしています。
そうすることでお尻を擦る回数が減り、肌を傷つけずに済みます。

新生児でも荒れないおしりふきの使い方 こすらない

保健師

赤ちゃんのおしりを拭くときに汚れが残らないようにと、ついついゴシゴシこすって拭いてしまうママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの刺激でも荒れてしまいがちです。なので、赤ちゃんのおしりを拭いてあげるときは、なるべく刺激を与えないようゆっくり優しく拭いてあげてください。ゴシゴシこすることは赤ちゃんにとって強い刺激になるので絶対にやめましょう。

どうしても取れない場合は、水で濡らすなど、なるべく赤ちゃんの肌に刺激を与えない方法で拭きとるようにしてください。

こすらないようにした体験談

むーん・1月生まれ・愛知県

肌荒れを起こさないように、こすらないようにそっと拭くことです。うんちのとき、女の子は拭く方向に気を付けたほうがいいです。お尻からチツ方向だとばい菌がチツにはいってしまうので、チツからおしりへ。
ママは常識かもしれませんが、パパはわからない方が多いと思うので教えてあげてください。

おしりふきの冬場・夜の使い方

次のページへ