真夏に子供が発熱!扇風機やエアコンは使ってもいいの?保健師コラム

執筆者:金子奈菜絵

真夏の発熱、体温調節が難しい!

夏が近づくと、プール熱やヘルパンギーナ、手足口病など、高い熱が出やすい病気が流行しはじめます。
特に保育園に通っているお子さんや、幼稚園に通うお兄ちゃん・お姉ちゃんがいるお子さんは、お熱を出しやすい時期ですね。

子どもが熱を出すと、迷うのは暑い室内での体温調節ではないでしょうか。

普段はなるべくならエアコンを使いたくないけれど、高熱の子供を暑い部屋に置いておくのも心配・・・ということはありませんか?

真夏に発熱した時の体温調節について、保健師ママがアドバイスします!

発熱時の体温調節の基本

体温計
赤ちゃんが熱を出したときは、「熱をこもらせない」「暖めすぎない」のが基本です。
けれど、赤ちゃんの熱が上がりかけている時か、上がりきった時かで、対処法は違ってきます。

赤ちゃんの手足が冷たい、または震えている時

体の中に入ったウイルスや細菌をやっつけるために、脳からの指令で、体温を上げようとしているときです。
大人であれば、「寒気がする」というのがこの段階です。
温かい布団をかけ、赤ちゃんの手足が温かくなってくるまで、注意深く見守りましょう。

赤ちゃんの手足が温かく、汗ばんできているとき

体の中に入ったウイルスや細菌がやっつけられ、脳が平熱へ戻そうと指令を出しているときです。
頬は赤くなり、汗をかいて体温が下がり始めます。
このときにあたためてしまうと、なかなか熱が下がらなくなります。
かけものは薄手のタオルケット程度に変えて、熱を逃してあげましょう。
嫌がらなければ、首や脇の下を、タオルでくるんだアイスノンで冷やしてあげましょう。
体をあたたかいおしぼりタオルで拭くのもお勧めです。

どうする?扇風機とエアコン

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_s

エアコンは使用OK

いくら赤ちゃんが震えているといっても、我慢してエアコンを使わずにいるのはNGです。
熱中症や脱水の危険性が高まってしまいます。
一緒にいる家族も暑さで参ってしまいますね。

室温は26~28℃を目安に、暑ければエアコンを使ってあげてください。

注意したいのは、冷たい風が直接赤ちゃんに当たらないようにすることです。
赤ちゃんの体が本来もっている体温調節の機能を邪魔してしまうことになってしまうからです。
特に手足が冷たいときの赤ちゃんは、寒気を感じているので、かけものや衣類を調節して暖かく保ってあげましょう。

扇風機は、風向きに注意を

エアコンよりも体に良いイメージのある扇風機ですが、赤ちゃんに熱があるときは、風向きに注意して使いましょう。
手足が冷たいときは、絶対に赤ちゃんに直接風を当ててはいけません。
手足が温かくなってくると、赤ちゃんは汗をかきはじめます。
そんな時にも扇風機を当てると、身体が一気に冷えてしまい、心地よいを通り越して寒い!と感じることもあります。

扇風機を使うならば、空気の循環のために、弱風か微風で赤ちゃんに向けずに使いましょう。

まとめ

エアコン=体に悪い!と思い込んでしまっているママもいるかもしれません。
けれど、昔に比べて真夏の気温は高くなってきていますし、マンションなど気密性の高い住宅も増えています。
エアコンをつけずにいると、室温が40度近くになってしまうこともありますね。
そんな時は、上手にエアコン・扇風機を使ってあげることをおすすめします。
特に熱が出ているときは、ママが「少し暑いかな?」と感じるくらいの室温であれば全く問題ありません。
無理に我慢せず、利用してくださいね。

関連の記事

赤ちゃんの急な発熱に備えよう!【帰省予定・旅行予定のあるパパ・ママ保存版】
ベビー発熱

子どもが発熱・感染症に!他の兄弟に移さないための4つの予防方法
子どもが熱を出した時、他の子にうつさない予防方法

執筆:金子奈菜絵
金子奈菜絵

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。