1歳の赤ちゃんが37度~38.5度の熱!保健師が教える病院受診の目安とは?

産科勤務経験のある保健師
熱がある様子だけれど、いつも通り機嫌も良く元気な時、すぐに病院を受診をするか迷ってしまいますね。
特に感染症が流行している時期は、病院に連れて行くと新しい病気をもらってきてしまいそう。大学病院の小児科に看護師として勤めていた私が、受診の決め手を参考を交えてアドバイスしたいと思います。

発熱した時の受診のタイミングが知りたい!知っておきたい!受診したい4つの目安

感染症が流行っている季節に、なるべくなら受診したくない!と思っている場合もありますね。こんな時、知っておくと役立つ「受診の目安」があります。
20160103_ayatama_i (15)

受診の目安その1:機嫌が悪く、泣いたり食欲がない

産科勤務経験のある保健師
赤ちゃんが発熱した時、一番の観察ポイントは、「赤ちゃんがご機嫌かどうか」です。
よく笑い、普段通りおっぱいやミルクを飲んだり、離乳食を食べられていれば、急いで受診をする必要はありません。
ここは、日頃から赤ちゃんをよく観察しているママにしかわからない大切なポイントです。

逆に、熱がさほど高くなくても、「いつもと何か違う」と思ったら、まず受診をした方がよいでしょう。

受診の目安その2:熱の高さが38.5℃以上ある

産科勤務経験のある保健師
例え機嫌が良くても、熱の高さが「高熱」の域に入ったら、受診した方が良いでしょう。
熱は、多くの場合日中よりも夜中の方が高くなります。
日中に38.5℃を超えていたら、夜間は39℃を超える可能性があります。
そのため、解熱剤を処方してもらう方が、夕方~夜にかけて安心して過ごすことができます。

受診の目安その3:熱以外の症状がある

産科勤務経験のある保健師
熱以外に、こんな症状があれば受診をします。
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 黄緑色の鼻水
  • 耳だれ
  • 機嫌が悪い・よく眠れない
  • あまり水分を摂らない
  • 咳やゼロゼロとした呼吸音
産科勤務経験のある保健師
ただし、自分の痛い場所などを伝えられない年齢のうちは、熱を出した時点でかかるようにしています。

受診の目安その4:熱が出た曜日が休診日前である

産科勤務経験のある保健師
赤ちゃんが発熱したら、かかりつけの小児科の診察カレンダーを見ましょう。
もし熱を出した翌日が休診日で、気になる症状があれば、一度受診をしておいた方が良いでしょう。
特に1歳までの赤ちゃんは、まだ発熱そのものの回数が少なく、親も看病が不安なものです。

早めに受診をしておけば、安心材料が増えると思います。

保健師の子供が発熱したとき、自宅でさせていること

・DVDを見せる:なるべく安静にさせたいので、動かないでいることをさせる
・ポカリスエットなどで水分補給する
自分の状態を口で伝えられる年齢:鼻水が黄色くならないなら自宅で安静に
自分の状態を伝えられない年齢:熱が出たらすぐ受診

我が家の長男(5歳)は、とにかく良く熱を出します。解熱剤が手元にあり、水分が摂れて夜も眠れている時は、他の病気に感染する確率が高くなるので、基本的に受診をしません。

受診をする場合は、順番が来るまで病院の駐車場に停めた車の中で待機しています。自宅でDVDを見せたりして、なるべく横になって過ごし、睡眠をたっぷり取らせます。

ただし、鼻水が黄色くなってきたり、痰が絡んだ咳が出る時は、抗生剤や痰を出しやすくするお薬が必要なことが多いので、受診をするようにしています。

次男(1歳)は長男と比べ熱を出す機会が少ないのですが、まだ年齢が小さく、痛いところや具合の悪いところを口で伝えることができません。
そのため、熱以外の気になる症状があればすぐに受診をするようにしています。

3日以上熱が続いたらどうしたらいいの?

KNSL室内(57)
3日以上熱が続いたら、機嫌が良くても受診が必要です!

産科勤務経験のある保健師
機嫌が良く食欲もあり、水分も良く取れていてる場合でも、熱が3日間下がらなければ一度受診をしましょう。
何か他の病気が隠れている可能性もありますし、症状によっては、抗生剤の服用が必要なこともあります。

機嫌・食欲・睡眠が十分にとれていたら?

ayatama0歳-1歳 (33)

機嫌がよく・食欲・睡眠が十分にとれていたら自宅安静が最善の策!

産科勤務経験のある保健師
機嫌が良く、食欲もあり、夜もしっかり眠れているようなら、無理に病院に連れて行く必要はありません。
風邪のほとんどは、ウイルスの感染によるものです。

小児科勤務時代の経験として

ウイルス性の風邪には、特効薬がなく、水分をしっかり摂って安静にする以外に治療法はありません。しいて言えば、眠れない時や水分が摂れない程辛いときに、解熱剤を使うくらいです。

病院を受診するということは、もちろん体力も消耗しますし、病院で別の感染症をもらってしまう可能性も十分あります。
特に、マスクが出来ない小さな赤ちゃんであればなおさらです。
手元に解熱剤があり、熱以外の症状がないようならば、自宅でしっかり治すことが最善の治療法になります。

まとめ

赤ちゃんの発熱は、ママもとても不安なものです。
特に症状を伝えることができない小さな赤ちゃんの場合は、急に症状が悪くなることもあり、注意が必要です。

透明な鼻水が少し出ていて、38.5℃以下の熱以外は症状がないようであれば、自宅でしっかり休んで治すことが基本になります。

赤ちゃんが大きくなってくると、「この子はそろそろ受診した方がいいかな。」というママなりの目安が出来てくるものです。
子どもも、しっかりおしゃべりをするようになると、「喉が痛い」「頭が痛い」「気持ちが悪い」など、しっかり異常を伝えてくれるようになります。
それまでは、ママの勘を信じて、早めに小児科にかかるようにした方が安心です!

また、生後3ヶ月以内の赤ちゃんの発熱は、どんなに元気であっても必ず受診をしてください。
その期間の発熱は、重症化しやすいという特徴があります。

関連の記事

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。