子どもと遊んでダイエット!産後の体型戻しにおすすめな親子遊び3つ

一人になれる時間の少ないママはシェイプアップを諦めていないでしょうか?

毎日の育児で疲れているのに、
激しい運動なんてできない
そんな育児に追われるママにもおすすめなダイエットがあります。

遊びながら半年かけて少し落とす


まずは、子どもと楽しく遊ぶことからはじめてみてはどうでしょう。
子どもと遊びながらできる遊びを通して、産後の体型を楽しく引き締められる遊びを紹介します。

1.ボート

「ぎっちらこ」「ぎったんばっこん」とボートを漕ぐ掛け声に合わせて、子どもとママの腹筋が鍛えられる親子遊びです。

遊び方

  1. ママと子どもは向かい合って座ります。
  2. ママは足を開き子どもはその間に入り(足は閉じていても開いていてもいい)両手も握ります。
  3. 「ぎっちらこ、ぎっちらこ」と言って交互に倒れます。

ポイント

スピートを変えて漕いでみると子どもは喜びます。
ママはゆっくり漕いでいるとお腹周りに効いていることを実感できるでしょう。

2.ハイハイ鬼ごっこ

LISA78_kaidanhaihai20141018101533500
授乳や、スマートフォンを使った生活で、背中が丸まって、ますます肩こりや腰痛がひどくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
正しい姿勢が代謝アップに繋がり、痩せて疲れにくい体に導いてくれます。
また、ハイハイの姿勢は子どもにとっても、背骨の湾曲を正しく作り、正しい姿勢で生活する上で重要な動きです。
親子でたくさんハイハイして、正しい姿勢を手に入れたいですね。

遊び方

  1. ママと子どもは四つん這いになります。
  2. ママのズボンにハンカチを挟んだり、洗濯バサミをつけるなどして鬼になります。
  3. 子どもに洗濯バサミを取られないように逃げ回ります。

ポイント

四つん這いの姿勢は、背骨のS字カーブを意識して、背中を沿って、お尻は上に上げた状態で、つま先は立てておきます。

発展

ママがお馬さんになって、背中に子どもを乗せて歩き回ります。

3.飛行機

腹筋や太ももの引き締めにも効果が期待できる遊びです。
子供は高く持ち上げられるスリリングな動きに大喜び。
ママの足から落ちるまいと、必死でバランスをとろうとしますから自然とバランス感覚が養われていくことと思います。

遊び方

  1. ママは仰向けに寝ます
  2. 膝を曲げたまま足を上げて、すねの部分に子どものお腹を乗せて持ち上げます。
  3. 子どもは手を広げて飛行機の完成

ポイント

ママはこの時、少し頭をあげて、子どもの表情を伺う形になるとより腹筋が鍛えられます。

発展

子どもをすねではなく、足の裏に乗せて、ひざをあげたり下げたりします。
上下に動かすだけでなく、左右に足を動かして、飛行機に動きをつけます。

最後はマッサージしてもらおう

マッサージ

遊び方

  1. ママは腹ばいに寝ます。
  2. 子どもに腰や肩に乗って歩いてもらいます。

ポイント

子どもがグラグラして立つ・歩くが難しいときには壁の近くで、寝転んであげると、壁を支えに歩くことができますね。
「気持ちいい~」と喜ぶと、ますます楽しくなってくるようです。

確実に痩せたい!産後ダイエットの方法とは

親子遊び
今は子育てに忙しくて、ダイエットや美容どころではないというママにも簡単に始められる遊びばかりだったのではないでしょうか。
自分では忘れていても、楽しさのあまり子どもから遊ぼうと言ってくるので、継続できるところもこの親子遊びダイエットの効果が期待できるところですね。
また、これらの遊びは、子どもの運動能力の発達にも貢献できるものばかりですから、是非楽しんでトライしてみてください。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

おむつなし育児研究のアシスタント 森野 杏莉

フィリピン大学(Family Life&Child Development専攻)に留学経験のあるママライターです。20代前半で学生結婚・授かり婚を経て、現在は二人の娘の母。1人目を24週で早産・2人目も切迫早産になり4か月入院しました。転勤族で、ワークスタイルに悩みを抱えています。現在は、おむつなし育児の研究補助の経験を活かし、この育児サイトのライターを務めています。鹿児島県出身、東日本大震災を福島県で被災、埼玉県在住。