【0歳児の目線で考える】どんな絵本を選んでいますか?

執筆者:高橋奈奈子

0歳児からOK!赤ちゃんにおすすめの絵本

赤ちゃんへの最初の知育グッズとして、絵本を考えているママは多いのではないでしょうか?
ママ目線では、絵柄のかわいい絵本を選びたいところですが、赤ちゃん目線で考えたいですね。

赤ちゃんは、どんな絵本に興味を持って、喜んでくれるのでしょうか?

気に入るかどうかが心配でファーストブックや新しい購入するのを躊躇するママも多いと思います。
いろんな方の意見を参考に、多くのお子さんが特に興味を持った本をご紹介します。
真剣に見つめている姿がとても可愛いのでみなさんにもおすすめですよ。

リズムのある絵本

リズムのある絵本は、歌のような感覚で赤ちゃんがノリノリで楽しんでくれますよ。
シンプルで単調なくらいの方がかえって頭に残るみたいです。

おすすめの絵本:だるまさんシリーズ「が・の・と」シリーズ(かがくいひろし)

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

しかけ絵本

しかけ絵本おもちゃのように遊んでくれます。
絵に変化があるので変わるのが楽しいようです。
特にあいさつあそびの絵本は、この本で挨拶ができるようになったというママが多数!
楽しみながら挨拶を覚えてくれたら嬉しいですよね。

おすすめの本:おでかけ版ごあいさつあそび(きむらゆういち)

ごあいさつあそび (おでかけ版ボードブック)
ごあいさつあそび
紙質が上部という理由で、多くのママたちから支持を集めているのは、おでかけ版でした。
木村祐一さんのシリーズは、どれも人気なのでおすすめします。

おすすめの本:ぴよちゃんとさわってあそぼ!めくってばぁ!(いりやまさとし)

めくってばあ

執筆者の声

めくってばぁは、表紙のフェルト部分をペラペラさわって一人遊びしています。
一緒に読んであげる時も指を指すとめくってくれます。

紙の生地の厚い絵本

歯が生えかけの赤ちゃんは、なんでもくわえるたがります。
頑丈でソフトな紙の絵本は赤ちゃんが大好きな触感の一つなのかもしれませんね。
ご紹介する絵本は、ちっちゃなおさかなちゃんがママを探して海を泳いでいくストーリー性のある絵本。
でもコントラストのはっきりした絵本に吸い込まれて、赤ちゃんでもおとなしく聞いてくれます。
ほっこりとしたハッピーエンドで読んでいるママまでにっこりするお話です。

おすすめの絵本:ちっちゃなおさかなちゃん(ヒド・ファン・ヘネヒテン)

ちっちゃなおさかなちゃん

はっきりした色彩の絵本

赤ちゃんが生まれながらにして反応するといわれる「顔」。
続いて、反応のいいとされる「しましま」と「ぐるぐる」がいっぱいのかわいい絵本です。
目のキャラクターやイラストには、子どもがとても反応してくれます。
赤ちゃんが目で追っている姿がかわいいですよ。

おすすめの絵本:いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(かしわらあきお)
しましまぐるぐる

まとめ

この中で取り上げた絵本は、たくさんある中のほんの一部です。
深く考えずパパ・ママが読んであげたいものを選んで読み聞かせてあげてください。
ママが笑顔で読んでくれることが一番喜んでくれると思いますよ。
絵本のページをめくるごとに絵が変わっていく様子を楽しむだけでも効果を実感するはずです。
icon-check01【0~1歳の子どもの発達を促す絵本とは?】選び方と先輩ママおすすめ10選

icon-check01【0~1歳の赤ちゃん】ママの困った!を解決してくれたおもちゃ

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

美容・ファッションライター 高橋奈奈子

ファッション・美容を中心に日々の発見をテーマにしたコラムを執筆中のライターです。子育てをしていても「女性であることを楽しみたい!」をモットーに自分磨きも育児も楽しんでいきたいと思っています。独身時代は金融関係、結婚後はフラワー関係の仕事をしていました。出産を機に憧れだったファッション・美容の情報を発信していくライターへ転身しました。神奈川県在住