公園デビューしたい!子どもの体力と興味を育む3つの親子遊び

執筆者:上野まこ

遊び方がわからないなら、この4つがおすすめです!

過ごしやすい季節になってくると、お子さんを公園デビューさせてあげたくなりますね。
でも、どんなことをして遊んであげたらいいだろうか…と悩んでいませんか?
ここでは公園デビューしたいけれども、公園でお子さんとどうやって遊んで良いか…
遊び方が分からないママ・パパにお勧めな4つの遊びをご紹介します。

1.ボールで遊ぶ

子ども赤ちゃん (184)
多くの子どもはボールが大好きです。
お子さんが持てるくらいの大きさのボール用意してください。
転がして遊ぶと喜びますよ。
芝生の上に座って転がして遊ぶとちょうどいいかもしれません。
自分でもしっかり歩けるお子さんなら、ボールをゆっくり蹴ってあげてもいいですね。
動くボールを見たり、捕まえたり、自分で投げたりすると、とても喜びますよ。
転びやすい頃は芝の上で遊ぶと怪我もしづらく、おすすめです。
ボールと遊ぶことは、体作りにも役立つのでおすすめです。

2.砂場用のおもちゃで遊ぶ

砂場
砂場遊び用のおもちゃ(バケツ、スコップ、しゃべる等のセット)を公園に持って行くと便利です。
小さなお子さんは砂で遊ぶのが大好きです。
ママやパパが、まずスコップで砂をすくって、バケツに入れて見せてあげてください。
プリン型等に砂を沢山詰めて砂プリンを作ってあげるのもおすすめですよ。
少し大きくなってきたら、砂で山を作るのも魅力的ですね。
穴を掘ってトンネルを作ってあげると子どもはとても喜びます。
大切なのは、パパやママがまずお手本を見せてあげるこです。
お子さんはその様子を見て、真似をし始めます。
そのうち、夢中になって遊んでくれるのではないでしょうか?

3.遊具で遊ぶ

遊具
公園には色々な遊具があります。
ただ、小さなお子さん一人では、まだ危ないものも多いですね。
ママ・パパがしっかりと支えてあげながら、遊ばせてあげてください。
小さなお子さん用の遊具に座らせてあげたり、低い滑り台に挑戦したり…。
慣れるまでは、座らせてあげてみる・座らせて揺らして遊んであげるだけでも、大丈夫。
大人が思っている以上に子どもは楽しんでいますので、無理に大きな遊具で遊ばせなくてかまいません。
成長に合わせて少しずつステップを踏みながら、さまざまなタイプの乗り物の体験をさせてあげてください。
公園にあるものに興味を持ってくれるようになります。

4.一緒に草花を探す

子ども赤ちゃん (240)
公園には、芝生もあれば砂場もあります。
芝生を歩いてみてください。
小さな花が咲いていることもありますよね。
男の子、女の子に限らず、お花や公園にいる小さな虫たちを探してみても喜びますよ。

prof05_金子右配置小さなお子さんは動く虫に興味があります。

  • 公園に人が多く、小さい子を遊ばせるのには危ないかなと思うとき
  • 子どもが多くて遊具が使えないとき
  • 砂場に人がいっぱいで遊べないとき

こんな時は、草花を探してみたら面白いかもしれませんね。


先輩ママの体験

うちの子は女の子ですが、公園で遊ぶのが大好きです。
初めての頃はただじっと見ているだけでしたが、砂場はすぐに自分から飛び込んで行きました。
親が近くにいてあげるだけで、安心して遊んでくれます。
一緒に砂場で遊んであげると、とても嬉しいようでした。
今度はなにを作ろうか、色々と想像を膨らませて一緒に遊びました。
あっという間に時間が経ってしまうので、家でなにをしようかと困った時にはいつも公園に連れて行ってあげていました。
(40歳・広島県・3歳女の子)

まとめ

公園で遊ぶことは、元気よく成長する上でとても大切なです。
砂を触ったり、公園に咲いている草花を一緒に見たり。
あるいは、公園にある遊具で一緒に遊んだりすることはママ・パパとお子さんのコミュニケーションにも良いですよね。
外で遊ぶととても良い体力づくりになりますね。
家の中ばかりで遊んでいるよりも健康的なお子さんになります。
公園に子ども連れで一緒に行くと、お子さんの遊び方の変化に気が付くと思います。
公園遊びは、お子さんの成長を見ることができる場です。
成長に気が付いたら、「〇〇ができるようになったのか!」と大げさなくらいに誉めてあげてくださいね。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保育士・幼稚園教諭・おもちゃコンサルタント 上野まこ

保育士と幼稚園教諭、おもちゃコンサルタントの資格を持つベテラン保育士のライターです。公立保育園で勤務を経て、フリーランスで子育て講座やおもちゃ講座の講師、市の発行する子育て広報誌にコラムを載せてきました。現在は、幼稚園や保育園へ定期的に足を運び、あそびと造形の講師のほか、お母さんたちの相談役として、育児の不安やストレスに耳を傾け、子どもとのかかわり方をアドバイスしています。宮城県に住んでいます。