新生児の顔に吹き出物が!保健師が教える新生児ニキビのホームケア

執筆者:金子奈菜絵

赤ちゃんなのに、にきび?

生まれたばかりの赤ちゃんの顔に、吹き出物のようなものができて驚いていませんか?
お腹の中では、羊水というお水の中に浮かんでいる赤ちゃん。
生まれてきたその瞬間は、本当にみずみずしい肌をしています。そのお肌に、生後2週間を過ぎた頃から、何やら赤いプツプツが。
思春期の頃にママのお肌にもできたかもしれないニキビによく似ています。

それもそのはず、赤ちゃんのほっぺたにできたのは、いわゆる新生児ニキビと呼ばれるものだからです。
新生児ニキビと呼ばれるものがなんなのか、ご紹介したいと思います。

赤ちゃんにニキビができるわけ

赤ちゃん湿疹-1
赤ちゃんのお肌はすべすべで皮脂とは無縁に思えますが、実はとても皮脂分泌が多いのです。
原因は、ママのお腹の中でもらったホルモンの影響を受けるため。
赤ちゃんの毛穴はとても未熟で詰まりやすいため、ホルモンの影響で増えた皮脂がつまりやすく、ニキビができやすい状態になってしまいます。

特に男の子の赤ちゃんはホルモンの影響を受けやすく、女の子の5倍も新生児ニキビができやすいというデータもあります。

ほとんどが生後3ヶ月頃までに良くなります

新生児ニキビは、ホルモンの影響を受けた一時的なものであることが多く、生後3ヶ月を迎える頃には次第に落ち着いて、きれいになることが多いようです。

ただし、生後3~6ヶ月を過ぎると、一転して乾燥肌になり、乾燥性の湿疹が出来てしまう赤ちゃんも。

皮膚が弱いタイプのお子さんを持つママは、赤ちゃんの皮膚がオイリーからカサカサしてきたら、ケアの方法を変える必要があるので注意してください。

ホームケアの基本は「石鹸洗顔」

生後2週間の赤ちゃんは、ベビーバスで入浴させるのが一般的です。
病院の沐浴指導では、「赤ちゃんの顔は、濡らしたガーゼで8の字を書くように・・・。」と教わることが多いですね。
しかし、新生児ニキビができ始めた赤ちゃんの皮脂は、ガーゼでこするくらいでは取れません。
f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s
ポイントは、しっかりと石鹸を泡立てて洗うこと。
石鹸は、固形タイプのものを泡立てるのが最も低刺激ですが、片手で泡立てるのが難しい・・・という方は、泡状のベビーソープでもOKです。
目の周りを避けて、石鹸がついた指の腹で優しくこすり、濡らしたガーゼでよく石鹸を落としてあげます。
赤ちゃんが動いてしまってやりにくい、怖い、というママは、ベビーバスに入れる前に、タオルや座布団などの上に置いた状態で顔を洗ってあげるとやりやすいです。
最初に濡れたガーゼで顔をさっと拭き、それから石鹸→再度ガーゼで拭き取りという流れになります。

洗い終わった皮膚がカサカサしていなければ、特に保湿はしなくてもOKです。もし保湿剤を使う場合は、サラッとしたローションタイプを使いましょう。

汚れたらすぐに濡れガーゼ!

KLSM夏 (24)
生後3ヶ月までは食べ物やよだれで皮膚が汚れることは少ないですが、汗や吐き戻したミルク・母乳などで顔や体が汚れることはよくあります。
そんな時は、濡れたガーゼで優しく押さえるように拭き取ってあげましょう。

こんな時は皮膚科を受診!

prof05_kaneko
新生児ニキビは、長引かず、短期間できれいに治ることが多い皮膚トラブルです。
しかし、こんな時には受診をした方がよいでしょう。

・ニキビが膿(うみ)を持ち、ジュクジュクしはじめた。
・赤ちゃんがかゆがって顔をこするような仕草をする。または顔を引っ掻いている。
・眠る前や眠っているときに、ぐずったりよく目を覚ますようになる。

受診先は、小児科ではなく皮膚科がおすすめです。
他の感染症をもらう危険も少ないですし、ニキビの治療は皮膚科の専門分野になります。


まとめ

赤ちゃん湿疹-2
新生児ニキビはあっという間に広がってしまうので、ママの心配もひとしおです。
赤ちゃんに会いに来た人からも、「どうしたの?何か薬つけたら?」などと言われることで、更に不安になることも。
お食い初めの頃には落ち着くことが多いので、しばらくの我慢と思って乗り切りましょう!

関連の記事

乳児湿疹を悪化させたくない!ママが気を付けてあげたい6つのこと
乳児湿疹悪化予防

乳児湿疹を早く治してあげたい!赤ちゃんの保湿とお風呂の入れ方
乳児湿疹赤ちゃん

赤ちゃんの肌がカサカサ!乾燥性湿疹の見分け方と保健師おすすめケア
赤ちゃんの肌がカサカサ!乾燥性湿疹の見分け方と保健師おすすめケア

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎に!?保健師が教えるホームケア方法
赤ちゃんがアトピー性皮膚炎に!保健師が教えるホームケア方法

執筆:金子奈菜絵
金子奈菜絵

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。