乳腺炎・白斑対策

白斑は何度も繰り返す!白斑の再発を防ぐ6つの予防法

更新日:

子育てに疲れているママや悩みの多いママがなりやすい白斑。
実はこの白斑、とっても再発しやすい病気です。

改善されてからも3か月程度は注意が必要です!

その期間中の再発率はとても高いのです。

白斑を繰り返さないためにやりたい6つのこと

また、嫌な思いはしたくない…そんな方は多いと思います。

もう二度と繰り返さないために、生活習慣や授乳生活を見直してみませんか?

白斑に詳しい助産師のアドバイスをもとに、注意項目をまとめてみました。

血流を良くするために必要なこと

母乳は血液からできていることは、みなさんもご存知だと思います。
血液の流れが悪くなってしまうと、おっぱいトラブルはもちろんさまざまなトラブルを引き起こします。

1. 質素な食生活を心掛ける

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s
脂質の多い食事のはもちろんのこと、体を冷やす食べ物にも気を使いましょう。

先輩ママの体験談

桶谷式母乳外来ではバナナや牛乳、お餅もおっぱいを詰まらせる食べ物だという話を聞きました。
海外から入ってきた食品は、体を冷やすものや高カロリーなものが多いのです。
おっぱいを詰まらせるといわれる食べ物を徹底的にやめようとすると、外来食品はほぼ全滅でした。
大豆、魚、お浸し、具のたくさん入った味噌汁など、伝統的な食べ物以外は母乳にとって良くないそうです。
この話を聞いたときは、ほとんど食べるものはないじゃないか!とびっくりしました。
授乳中は食べることくらいしか楽しみがないのに、この楽しみも奪ってしまうのかと大変落ち込みました。
甘いものがどうしても食べたくなったら、グラノーラや豆乳プリン、おからスコーンなどを作ってなんとか辛い時期を乗り越えました。(埼玉・30代前半)

2. お風呂はゆっくり入る

190cc7889891d2eaad3e9e3494775052_s
ゆっくりお風呂に入って血行を良くしましょう。
軽くおっぱい全体をマッサージするといいでしょう。

3. キツイ下着を履かない

下着
骨盤矯正のために産後ガードルを履いている人も多いでしょう。
けれど、白斑ができやすい人には、血行を妨げるガードルなどのキツイ下着はおすすめできません。
もちろん、体形を戻したいという気持ちもわかるのでメリハリをつけて着用してみてはいかがでしょうか?
体調が悪い日はガードルをお休みするなど、体の負担にならないことが大切です。

4. 水分をたくさん摂る

お水
水分をたくさん摂ることで母乳の分泌を良くします。
タンポポコーヒーなど、母乳に効く飲料が販売されています。
取り入れて飲むようにしましょう。
疲れたときは風邪薬としても効果のある漢方薬の葛根湯がおすすめです。(授乳中も飲めるお薬です)

5. 授乳スタイルの見直しをする

1e823aa19ab546f0843a70700ea50de2_s
添い乳で寝かしつけているというママ、いませんか?
吸われにくい乳管が出てきてしまうので、おっぱいを詰まらせる原因になります。
いつも同じ体勢で授乳をしているママも気を付けてください。
さまざまな角度から授乳するように心がけてください。
また、子どもを預けて一人でお出かけする際も、授乳間隔への注意が必要です。
おっぱいが詰まらないように、3時間以上授乳しない状態を作らないように注意してください。
icon-check01【おっぱいが切れた】授乳で傷ついた場合の5つ応急処置と3つの予防法~保健師コラム

6. 休息をとる

7921e4796c869ab38b25e60b0a5eb965_s
子育て中は、自分の時間も取れないうえ、寝る時間も不規則です。
たまには子どもを預けて気分転換したり、ゆっくり過ごす時間を作るように心がけてください。
休めるときにパパに子どもを見てもらってしっかり寝ましょう。
生理が再開した人は、ホルモンバランスが乱れます。
再開した直後などは、特にゆっくり過ごしたほうがいいでしょう。

執筆者の体験談

私は白斑が初めてできてから、2か月の間に2回も白斑になりました。
原因はちょっと疲れたときについ添い乳をしたり…
ちょっと甘いものを食べたときにできたり…
それだけでも白斑になってしまうのです。
(デニッシュ1つで見事に白斑になってしまいました。)
白斑になるまではお風呂も手早く済ませていたのですが、白斑を機に子どもを泣かせてでもゆっくり入るようになりました。
また、産後4か月まで毎日つけていたガードルもやめ、タンポポコーヒーも毎日欠かさず飲むようになりました。
思い返せば、白斑のトラブルは自分の生活習慣を見直すきっかけになりました。

icon-check01白斑になった!自宅でできる4つの応急処置~グッズ編

スポンサーリンク

まとめ

ここにまとめた助産師さんのアドバイスをもとに、白斑が再発した際は自力で治しました。、生活習慣を変えたおかげで、子どもも健康的な生活を送っています。
白斑は再発しやすい病気です。
しかし、この記事に挙げたポイントを守っていれば防げるものです。
白斑で悩みたくない方は、どうか実践してみてください。
母乳は血液からできている、ということを念頭に行動することが大切です。
身体の巡りを良くするような生活を心がけてくださいね。
icon-check01おっぱいにおできが!白斑のママが改善したい6つのこと~授乳・ライフスタイル編

-乳腺炎・白斑対策
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.