赤ちゃんの便秘

綿棒浣腸の正しい方法から出るまで全て解説!赤ちゃんの便秘体験談

投稿日:

保健師
あなたの赤ちゃんはいま、便秘何日目ですか?もしも、1日出ていないだけなら、綿棒浣腸よりもマッサージのほうがおすすめです。

でも、すでに機嫌も悪くなっているなら、綿棒浣腸の出番です。

綿棒浣腸は、うんちが出ないとき自宅でできる改善法のひとつです。小児科や乳児検診でもすすめられることが多いですね。

この記事を読めば、
・正しい方法道具・体験談(どのくらいで出たか)・デメリット
がよくわかるので、失敗するリスクが低くなります。それどころか、つるんっと自然に出せる確率も高くなりますよ。

【綿棒浣腸の正しい方法】新生児でも出血しないやり方を解説します

綿棒浣腸は、間違った方法でしてしまうと腸を傷つけて少し出血してしまうことがあります。

保健師
出血しないために、正しい方法を説明するので必ず読んでから行ってください。

1. 腸が動きやすくなるウォーミングアップをします
赤ちゃんを仰向けに寝かせ足をパタパタと動かしてあげます。具体的には膝を胸の近くまで折りたたんだり、伸ばしたりします。そのあと、おへその周りにやさしく「の」の字をかくようにマッサージをしてあげてください。

2. 大人用の綿棒にワセリンをつけます
ワセリンは綿棒につけることで、むだな摩擦をさけ出血しないように塗ります。綿棒がこすれて出血しないようにぬります。ベビーオイルや馬油でも構いません。

3. お尻の下におむつや新聞紙を敷き、足をM字にして軽く持ち上げます
浣腸をしているときにうんちが飛び出すことがあります。気を付けてください。

4. お尻の穴を軽く指でマッサージします
赤ちゃんのお尻にもベビーローションやワセリンなどを塗り、指で肛門をおさえてくるくる右回りに回します。

5. 綿棒を肛門に入れます
綿棒でお尻の穴を押すようにして刺激し、ゆっくりと回しながら綿棒をいれます。1cm~1.5cmまで綿棒をいれて、ゆっくりと綿棒を出し入れします。

【綿棒浣腸の準備】必要な3つのもの

・大人用綿棒

・ワセリン(ベビーオイル・ベビーローションでも○)

・新聞紙(またはビニールシート)

 

子供用の綿棒だと細いので硬かったり、折れてしまう危険があるので、必ず大人用の綿棒を使うようにと病院で言われました。
(かな 21歳 2歳男の子・2か月 男の子)

 

 

 

【よくある質問】赤ちゃんに効果的な綿棒浣腸4つのポイント

できるだけ負担を少なくするために、ママたちからの質問に答えます。

【綿棒浣腸はいつがいい?】食前?食後?寝る前?

保健師
綿棒浣腸をするときは赤ちゃんの機嫌がいいときや、リラックスしている時、また食後30分ぐらいが効果的です。

【注意点】綿棒を入れる前に忘れてはいけないこと

・ベビーオイルやワセリンは腸を傷つけないためにたっぷりと塗ってあげてくださいね。
・綿棒浣腸をするとうんちが勢いよく出てくることがあります。

保健師
お尻の下におむつ+新聞紙やビニールシートなどを敷いて綿棒浣腸をしてくださいね。

勢いよくでてくるので、オムツだけでは防ぎきれない場合もありました。新聞紙の上でするのがいいです。
(さとみ 3カ月 混合 現在4歳 滋賀県在住)

 

 

【綿棒の動かし方】どこまで入れる?

綿棒は力任せに入れず、ゆっくりと優しく回しながらいれてください。

綿棒を深く入れてはだめです。おしりの穴周辺をこするような気持ちで大丈夫です。

保健師
浅すぎても効果が得られません。大人の人差し指の第一関節までを目安に赤ちゃんのお尻にいれてあげてください。

【綿棒浣腸の頻度】何日おきにしても大丈夫?

1日1回まで

保健師
ただし、毎日しないことが大切です。刺激に慣れてしまうだけでなく、直腸を傷つける可能性があるからです。

綿棒浣腸は一時的な改善方法であることを忘れないでください。一度だけうんちを出すのには向いていますが、腸内環境を改善するわけではないので便秘の原因と向き合うには別の方法がおすすめです。(綿棒浣腸のデメリットとおすすめの方法)

【綿棒浣腸の効果】いつうんちが出た?(体験談まとめ)

綿棒浣腸は、赤ちゃんの便秘の状態や体質によって効果を感じるタイミングが異なります。

早い子は綿棒浣腸をした直後に出ることも。ただ、綿棒浣腸をしても腸の環境が改善されないと便通がない子もいます。

【綿棒浣腸でうんちが出た体験談】軽い場合

生後5カ月のころに綿棒にオリーブオイルをつけた浣腸をしました。入れるときは気持ち悪そうな顔をしていましたが、数分で溜まった便がたくさん出てきて、すっきりした顔になりました。(ゆりか・22・5ヶ月・女の子)

すぐに効果がでて排便できました。それまで機嫌が悪く泣いていましたがすっきりしたのか泣きも止まりました。(すなっぷ・39歳・6歳・3か月・女の子)

【綿棒浣腸でうんちが出なかった体験談】便秘を繰り返した赤ちゃんたち

 

綿棒浣腸をした後、うんちをするときに痛くて泣いてしまうのがかわいそうだった。綿棒とオイルで肛門をマッサージしても、一時的に改善するだけだった。一度は確かに出る。でもまた次のうんちは硬いままなので、根本的な改善が必要だと感じた。
(あかりママ。29歳。3歳男の子、0歳女の子)

 

 

 

生まれたばかりで便秘をしました。綿棒浣腸をするのが怖くて、なかなか上手にできなくて困りました。また、お腹が苦しそうでなかなか寝てくれず、深夜にずっと泣いていた事も大変でした。
(e2e・27歳・:現在は0歳4ヶ月・男の子)

 

 

保健師
綿棒浣腸をしても一時的に改善するだけで慢性便秘に悩む親子もいます。その場合は腸内環境を整えてくれる方法を利用してあげるといいですね。

(赤ちゃんにおすすめの便秘改善方法)

【綿棒浣腸が効く理由】肛門と直腸に刺激を与えるから

赤ちゃんが便秘は、腸内環境の悪化が原因のひとつです。腸の環境が悪くなると、腸の動きが鈍くなってしまいます。

動きが鈍ってうんちを外に出せない状態の赤ちゃんの腸を綿棒で優しく刺激し、排便を促してくれるのがこの綿棒浣腸です。小児科でもすすめられる手軽な方法です。

参考:ムネ製薬株式会社

【デメリット】綿棒浣腸の副作用や危険性

綿棒浣腸には残念ながら2つのデメリットがあります。

・出血しやすい

・癖になる(慣れてでなくなる)

綿棒浣腸は直接刺激を与えるので即効性が高く、一時的な便秘対策としてはとてもよい方法です。ですが、腸内環境がよくならないと便秘が治るわけではありません。

腸内環境が改善されないと便秘を繰り返します。

便秘が改善されないと、綿棒浣腸に頼る回数が多くなりますね。繰り返すと綿棒浣腸に慣れてでなくなってしまうこともあります。

保健師
綿棒浣腸に慣れると刺激に強くなって、より強い刺激でないとでなくなります。刺激がないとうんちが出せなくなるなんて、本末転倒ですね。

頻繁にしないでください。

赤ちゃんの便秘に最もおすすめなのは母乳由来のオリゴ糖です

腸内環境の改善には、おなかの中にいる善玉菌を増やしてあげることが大切です。特に乳酸菌やビフィズス菌が増えるのが理想です。

善玉菌はヨーグルトに入っています。ですが、離乳食前の赤ちゃんにはまだ食べさせられませんし、胃液で大半が死んでしまいます。

一番良いのは、腸内に既に住んでいる乳酸菌やビフィズス菌を増やしてあげることです。

善玉菌を増やすためには、母乳から発見されたオリゴ糖がおすすめです。オリゴ糖が善玉菌の栄養源となるからです。オリゴ糖をお白湯に溶かして飲ませてあげてください。

オリゴ糖は赤ちゃんが飲んでも大丈夫?

オリゴ糖は薬ではありません。

保健師
もともとオリゴ糖は母乳に含まれているものなので、無添加のオリゴ糖なら新生児でも大丈夫。

赤ちゃんが毎日飲んでいる母乳やミルクにオリゴ糖は入っています。ですが、不足して腸内環境が悪化する場合もあります。

でも、ヨーグルトと同じように胃液で消化されてしまうのではないかと心配になりますよね。

オリゴ糖は胃液で消化されたり、吸収されません。オリゴ糖は私たちの栄養にはなりませんが、善玉菌のえさとしてエネルギーになります。

保健師
赤ちゃんに飲ませるのは不安だと思うママも安心してください。

ミルクを母乳と同じ栄養価にするため研究が1950年代にありました。当時は乳児死亡率が今の数十倍も高い時代でした。

研究の結果、母乳からオリゴ糖が発見されてから、ミルクの改良が進み、現在のような母乳と変わらないミルクができました。

今は栄養状況がよくなって注目されていませんが、そもそも、オリゴ糖は赤ちゃんの健康のために発見されたものです。

だからこそ、腸内環境が悪化して便秘で苦しんでいる赤ちゃんにでも、安心して飲ませてあげたいですね。

赤ちゃんには無添加オリゴ糖がおすすめです

赤ちゃんに安心なオリゴ糖ランキング


赤ちゃんの便秘におすすめな
無添加のオリゴ糖を紹介しています。

実際に利用していた親子の写真と体験談もぜひ参考にしてください。

-赤ちゃんの便秘
-,

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2018 All Rights Reserved.