Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

妊娠超初期のおりものの色は白?茶色?ピンク?量はこんなに違う!体験談と助産師のアドバイス

助産師

妊娠超初期のおりものは日頃と変わるのですが、あなたのおりものはどうでしょうか?
妊娠超初期におりものが変化するのは、妊娠によって増える卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響です。

もし妊娠したかな?

と、思ったら葉酸サプリを始めてください。
神経管閉鎖障害という言葉を知っていますか?

初めて妊娠したママは知らないかもしれません。

助産師

ママの体の中で葉酸が不足して起こる障害です。葉酸が足りないと赤ちゃんの脳や神経がうまくできません。
葉酸サプリを飲んでいるとリスクがぐっと下がります。
まだ妊娠しているか自信がない…というママこそ飲んでください。

厚生労働省は妊娠する2か月前から飲むように勧めています。
ですが、母子手帳で勧めていても知らない妊婦さんが多いんですよ。

初めて妊娠するママは、妊娠9週目で母子手帳をもらって
葉酸サプリが必要だと初めて知ることが多いです。

写真を見てください。妊娠9週は頭もしっかりでき始めています。

助産師

妊娠したと自覚した時から飲み始めても本当は遅いぐらいなんですね。
赤ちゃんのために必要な葉酸サプリを飲んであげてください。

貧血になったことのあるママ、
野菜不足のママ、
最近ダイエットしていたママは1日でも早く飲んでほしいです。

産婦人科医による

※失敗したくない妊婦さん向け

妊娠超初期のおりものの変化

ポイント

1.色

2.量

3.粘度

1.透明で水のようなおりもの

透明で水のようなおりものが増えるのは、妊娠初期の卵胞ホルモンエストロゲンの増加によるものです。

エストロゲンは普段、排卵期に精子がスムーズに卵子にたどり着けるように水っぽいおりものを増やします。受精卵が着床すると排卵期以上にエストロゲンが分泌されるので、おりものもそれに伴って増えていきますよ。

助産師

透明で水のようなおりものが増えているということはエストロゲンの分泌が妊娠によって促されているということになりますね。

先輩ママの体験談:妊娠超初期に水っぽく透明なおりものが増えました

 

妊娠4~5周目は、おりものが多くなってきて水っぽく透明なものでした。量が多くて下着が汚れるのでおりものシートを使っていました。
7週目頃には少し鮮血の血が混じったおりものがでたので心配で産科を受診しましたが胎盤を形成する過程で、出血する場合があるから心配ないと言われました。
(アヤ36歳・2歳8ヶ月娘)

 

2.白っぽく粘り気のあるおりもの

おりものの色が白っぽく粘り気のあるおりものが増えるのは、黄体ホルモンプロゲステロンの増加によるものです。

プロゲステロンは受精卵が着床する前から分泌が高まり、妊娠に向けて準備をしてくれます。受精卵が誕生しなければプロゲステロンは低下していきますが、受精卵が誕生するとさらに分泌が高まっていきます。

助産師

プロゲステロンがおりものを粘度の高い白っぽい状態にすることで無菌状態の子宮を守ってくれるという効果がありますよ。

 

先輩ママの体験談:病気かな?と思うほどの量の白く粘りあるおりものでした

とにかく量が多く水っぽくなく粘りのあるおりものでした。色も透明ではなく真っ白でした。病気かなと思うくらい量が多く産婦人科の先生に相談したのですが妊娠中はおりものの量が増えることで赤ちゃんを守っていると聞き安心しましたが毎日おりものシートが欠かせなかったです。
(さはら26歳・2歳娘)

白いボロボロとしたおりものには注意を!

白いおりものの中でも要注意なおりものがあります。白く濁ってチーズのようにボロボロとしたおりものの場合はカンジタ膣炎の症状も考えられます。

もし心当たりがある方は一度お医者さんに相談してみてくださいね。

先輩ママの体験談:ストレスによる免疫力の低下でカンジタ膣炎に

つわりによる食欲減退や仕事のストレスが原因で免疫力が低下していたようで、カンジダ症になってしまったため、おりものは白くヨーグルトの様な物がでていました。
量も多く下着は一度手洗いしてからでないと汚れが落ちませんでした。
(ふつお・33歳・妊娠32週)

3.茶色いおりもの

おりものが茶色っぽくなるのは、着床出血などの出血がおりものに混じっている状態です。血液が酸化して茶色になっているので、出血してから少し時間が経っているということになります。

助産師

少量でそれほど長く続かないのであれば、そこまで心配することはありませんよ。

先輩ママの体験談:茶色っぽく粘りが強いおりものがでました

普段から生理前や排卵日などには透明なおりものが出やすいのですが、妊娠初期は茶色っぽいドロッとしたおりものでした。量は通常より多く、べたべたするので、おりものシートを使用しなければ不快でしかたなかったです
(ゆうちゃん34歳・7歳息子、5歳娘)

4.ピンクっぽいおりもの

おりものがピンクっぽくなるのは、体内のどこかで出血しているということになります。妊娠初期は胎盤を作るために子宮に血液が急激に集まってきます。少しの刺激で毛細血管が切れやすくなっており、出血することは少なくありませんよ。

助産師

少量で出血が続かないようなら問題はありません。しかし鮮血になったり量が増えるようならなるべく早く医師に診察をうけるようにしてくださいね。

先輩ママの体験談:生理予定日付近に突然おりものがピンクに

おりものが生理予定日付近に突然ピンクっぽくなりました。粘りはいつもと変わらない感じでした。
若干、量が増えたように思います。
もうすぐ生理が来るのかな?という感じのお腹の違和感がありました。ただ、おりものの匂いが言葉では表現しづらいのですが何だか酸っぱいような何とも言い表しがたいいつもと違うかな?という匂いでした。
(みき33歳・11ヶ月息子)

 

5.色の変化ではなく量に変化あり

妊娠すると、普段生理前になるとおりものが増えるのに増えない、などいつもの自分の体のサイクルが変化することもよくあります。

助産師

なかなか気が付くことがない変化ですが、普段と違うな、と思ったら妊娠の兆候かもしれませんよ。
妊娠初期は見た目の変化はあまり感じられませんが、体の中では日々目まぐるしく変わっていっています。

先輩ママの体験談:普段とは違うおりものでした

普段は多めで少し白っぽいのですが、妊娠しはじめはおりものがあまりなく、あっても色は透明でさらっとしていました。その後妊娠中はずっと量も少なく、下着が汚れるといったことはなくて、とても快適に過ごせました。
(なずな32歳・3歳息子、妊娠25週)

妊娠初期のおりものまとめ

妊娠超初期におこるおりものの変化は妊娠には欠かすことのできない1つの変化です。

変化といっても全ての女性が一緒なわけではありませんよ。女性ホルモンの分泌の増加はひとそれぞれなので、おりものの変化もひとそれぞれになってきます。

いつもと違うな、というのが一つの目安になりますよ。
変化を感じるためには普段から自分のおりものの状態を把握しておくことも大切ですね。