赤ちゃん・ママの病気対策

赤ちゃんの急な発熱に備えよう!【帰省予定・旅行予定のあるパパ・ママ保存版】

更新日:

執筆者:金子奈菜絵

赤ちゃん連れで帰省する前に準備~急な発熱への備え~

赤ちゃんが産まれて初めての長期休暇。
帰省して実家に顔を見せてあげたいけれど、帰省先で体調を崩したらどうしよう?
そう思われるママも多いと思います。
帰省先で起こりやすい体調不良の中でも、

急な発熱(高熱)は、親も慌ててしまう事態No.1!!

年末年始や連休で病院も閉まっていればなおさら大変。
しっかり対策を取っておきましょう。

スポンサーリンク

1.帰省前に小児科にかかっておく

今までに発熱で小児科を受診したことがある赤ちゃんなら、
帰省前にかかりつけの小児科を受診し、解熱剤をもらっておきます。
坐薬と飲み薬、使い慣れているものを選ぶようにしましょう。

2.念のため、帰省先の緊急受診先を確認しておく

市町村のホームページを見ると、小児の緊急受診先について書かれています。
夜間・休日の診療先を必ず確認し、メモしておくようにしましょう。

3.受診すべきか相談できる窓口を調べておく

慣れない場所ではママも不安がつのります。
さらに、赤ちゃんも慣れない環境で泣き止まないことも多く、
受診すべきか迷うことも多くあります。
そんな時のために、帰省先でも見られるサイトなどを、スマートフォンなどにブックマークしておきましょう。

参考サイト:子供の救急(ON-LINE QQ)
電話相談:消防庁救急相談センター 『#7119』

4.次の4つのものは必ず持参する

  1. 母子手帳
  2. お薬手帳
  3. 乳児医療証
  4. 健康保険証

は必ず持参する。
受診の際に必要になります。
荷物のわかりやすいところにしまっておきましょう。

もし急に発熱してしまったら

帰省先で急に発熱をしてしまったら、観察すべきポイントは

「食べる・眠る・遊ぶ」

が出来ているかどうかです。

この3つが出来ているようならば、すぐに受診は必要ありません。

以下のような症状があるときは、夜間・休日外来の受診も考えます。

  • ぐったりしているとき
  • 水分がとれないとき
  • 吐き続けるとき
  • おしっこが少ないとき
  • 生後3ヶ月までの発熱

おわりに

慣れない場所での赤ちゃんの発熱は、本当に不安なものです。
帰省先では生活リズムも狂ってしまいがちですが、
まずは赤ちゃんの体調管理が最優先。
睡眠・食事の時間帯は変えないように心がけ、休息を取る時間を確保してあげると良いですね。

-赤ちゃん・ママの病気対策
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.