0歳児・1歳児の育児

人前に行くと泣き出す子供!人見知りで困った時おすすめな3つのこと

更新日:

執筆者:pro上野上野まこ

人見知りで悩んでいませんか?

「あかちゃんは泣くのが仕事」といわれることがありますが、
電車や病院などの公共の場で大泣きされると困ってしまいますよね。
あまりに泣きやまないとママもぐったりしてしまいます。
人の目も気になり、泣きたくなっているママもいるかもしれませんね。

1.親戚・知人に来てもらう

食事会
人見知りが気になるなら、親戚やお友達を家に招いてみませんか?
最初は、おばあちゃんやおじいちゃんなど、会う頻度の多い人がいいかもしれません。
初めは泣いたり固まったりしますが、何度も会っているうちに顔を覚えて泣かなくなります。
すぐには難しいですが、何度も繰り返してあげてください。

心を開かなかったあかちゃんも、慣れた相手に対してにっこり笑うようになります。

お母さんにとっても、家でおしゃべりすることはリフレッシュになりますよね。
また、外出先で泣かれるよりは気楽なのではないでしょうか?

2.抱っこで安心感を与えてあげてください

赤ちゃん抱っこ
あかちゃんが泣くのは不安になっている証拠です。
お母さんと二人きりの世界(家)から、知らない人がたくさんいる世界(外)に出るのは、あかちゃんにとって心細いものです。

大人でも初対面の人が多い集まりや、久しぶりの社会復帰などは不安になりますよね。
そんな不安も大人なら、それまでの経験から乗り越えることができるかもしれません。
ですが、経験のないあかちゃんは泣くことしかできません。

泣いたときはお母さんがしっかり抱きしめてあげてください。

安心させてあげることが大切です。

3.無理に出かけなくても大丈夫ですよ

赤ちゃん抱っこ
生後0か月から12か月のあかちゃんなら、無理に外に連れ出す必要はありません。
人に会わせたりせず、家の中でお母さんとべったり過ごしても大丈夫です。

他のあかちゃんが外で、誰に対しても愛想良くしていると少し落ち込んでしまいますよね。
しかし他のあかちゃんと比べる必要は全くありません。
人見知りが激しいと、他の人があやしてくれても、笑うどころか大泣きしてしまうこともあります。
そんなあかちゃんは、たくさんいるものです。

それも個性ですから、受け止めてあげてください。

そのうち、子どもは大きくなって、お母さんより友達と遊びに行ってしまいます。
今を大切に過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

人見知りが落ち着くとあかちゃんとのお出かけが楽しくなります。

「また泣いたらどうしよう…」というお母さんの心配が減るとお母さんの表情も明るくなりますね。

そのお母さんの気持ちがあかちゃんにも伝わります。
ますますあかちゃんの気持ちが安定し、泣くことが減っていきますよ。

二、三か月は辛いかもしれませんが、少しずつ落ち着いていきます。

大丈夫、あと少しの辛抱です。

関連の記事

子どもがいるときでも大丈夫!自宅でできる5つの育児ストレス解消法
育児ストレス笑

執筆:pro上野上野まこ
上野まこ

-0歳児・1歳児の育児
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.