育児の悩みを分かち合えるママ友との出会い方・距離の置き方

自分たちの育児について、一緒に悩みを分かち合ったり、笑い合ったりしてくれるママ友。
「こんな風に悩んでいるのって自分だけじゃなかったんだ」と、気づくと気持ちが軽くなるってことありますよね。

転勤先でママ友できるかな?失敗しないママ友作り

ママ友はママの育児を支えてくれる存在のひとつだと思います。
特に知らない土地に住むことになったときは、周辺の情報も含めて、ママ友がいてくれると助かることが多いかもしれませんね。

新しいママ友作り。イベントを通じて知り合えることも。

幼稚園に入ると、子ども同士が仲良しだとママ同士も自然に仲良くなることができます。
ただ、赤ちゃんや未就園児の場合は、そういう場所がないのでママ友作りは少し難しくなります。
そこで、同年代の子どもが集まる場所に積極的に出かけていくことをおすすめします。
特に、育児イベントやクラスは、ママ同士も距離が近く、なごやかな雰囲気でおこなわれますから、ママ友を作るチャンスかもしれません。
a0001_017628

1.児童館のイベントに参加してみよう

自治体から配られる広報誌をよくチェックしましょう。
児童館等で開かれる育児講座や、NPO法人が主催するイベントは無料や材料費のみで参加できることが多いです。

2.幼稚園が行う未就園児クラスに参加してみよう

走る
今は、ほとんどの幼稚園が園児獲得と子どもを集団生活に慣らす目的で、未就園児クラスを開いています。
幼稚園によって、週に1回、月に1回など頻度が異なるので、チェックしましょう。
未就園児クラスはメンバーがほぼ一定なところがいいところですね。
大変でなければ、いろいろな幼稚園をのぞいて見るのもいいのではないでしょうか?
今後の役に立つことも多いはずです。

3.習い事をはじめてみよう

赤ちゃんからできるリトミックやスイミング、体操など、今は様々な習い事が用意されていますね。
興味があるものがあれば、習い事を始めるのもママ友作りのいいきっかけになると思います。
もちろん、これらのイベントに参加したからといってすぐにママ友ができるとは限りません。
通うことで少しずつ仲良くなっていくのが自然なのではないでしょうか。

ママ友≒友だち?ママ友≒同志?

下痢
最近、「ママ友いじめ」などのニュースをよく耳にしますね。
自分の育児不安を解消するために、グループになったり、ひどいものでは階級化したりするものあるようです。
せっかく、助け合いたいママ友もこうなっては本末転倒。
ママ友といえども、あくまで「育児に従事する同僚・同志のようなもの」だと
はじめから深い付き合いを期待しないほうがいいのかもしれません。
ですから、

  • 話題は子どもの話しを中心に
  • 自分や夫の情報を自分からあえて話さない
  • 他の人のネガティブ発言に同調しない

といった、

「はじめは」少し距離のある関係がうまくいく秘訣だと思います。

でも、

子どもの話題だけでも、十分笑いあえるのがママ友のいいところです!!

もちろんママ友の中から、長年に渡ってお付き合いできる友だちができると幸運ですね。

執筆者の体験談

転勤した今でも、出会ったママ友とは年賀状のやりとりをしたり、SNSを通して繋がったりしています。
ママ友の子どもたちの成長を見るのをいつも楽しみにしています。
数年の浅い付き合いだったかもしれませんが、年月を経過するにつれて深くなっていることを実感しています。

子どもが小さいうちは、その場その場のママ友でも

参考になったでしょうか。
子どもが幼稚園に通う前はママ友を作るのはとても難しいことだと思います。
育児の楽しさや不安を分かち合いたいのであれば、
その時々で出会ったママたちと話すだけでも少しスッキリするでしょう。
焦らずに、子どももママも気の合うママ友が見つかることを祈っています。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

おむつなし育児研究のアシスタント 森野 杏莉

フィリピン大学(Family Life&Child Development専攻)に留学経験のあるママライターです。20代前半で学生結婚・授かり婚を経て、現在は二人の娘の母。1人目を24週で早産・2人目も切迫早産になり4か月入院しました。転勤族で、ワークスタイルに悩みを抱えています。現在は、おむつなし育児の研究補助の経験を活かし、この育児サイトのライターを務めています。鹿児島県出身、東日本大震災を福島県で被災、埼玉県在住。