赤ちゃんのプール遊び温度・水位・服装は?初めてのプール遊びの6つの疑問

執筆者:西藤みき

楽しいプール遊びのために気を付けたいこと

夏の暑さが辛いのは大人だけではありません。
体温の高い赤ちゃんはより辛いもの。
少しでも涼しくしてあげたいとプールデビューをお考えの方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんのプールデビューは、首が据わり、身体が安定してくる6か月以降がお奨めです。

完全にお座りができる赤ちゃんでも、必ず保護者が目を離さないように注意して下さい。

赤ちゃんを安全に遊ばせてあげたい!

プール

1.赤ちゃんをプールに入れる際の温度と深さ

完全な真水ではなく、少しぬるめの25℃くらいのお水を、20㎝程度溜めてあげましょう。
まだ上手に身動きが取れない赤ちゃんは、水の中に倒れこむと水深10㎝でも溺れてしまいます。
少しのお水だからといって気を抜かず、目を離さないよう気を付けて下さい。

2.赤ちゃんの紫外線対策は?

太陽夏自然
赤ちゃんに直射日光は良くありませんので、屋根の下など日陰になる場所を選びましょう。
日陰が少ない場所の場合は、ベビー用の日焼け止めクリームを塗り、帽子と長袖の服を着せてあげて下さい。

日陰で直射日光の心配がないなら、水着に着替えなくても、濡れても良い肌着を着せてもいいですね。
外気温が高い真夏のプール遊びなら、少しの間なら裸のままでも良いと思います。

3.1歳児未満の赤ちゃんはどのくらいプール遊びをさせてもいいの?

水遊びは普段以上に体力が消耗しますので、20分以内を目安に短時間で行いましょう。
体力が消耗すると脱水になりやすいものです。
こまめな水分補給も忘れずに。

プールの環境について考えましょう

イマージ エアーベビーバス アイボリー

4.赤ちゃん用のプールを買うべきなの?

ご自宅やご実家などのお庭やベランダでプールをする場合は、
ビニールプールの他に大き目のタライやベビーバスなどでも代用できます。

5.プールを置くスペースがない場合はどうしたらいいの?

お風呂
お庭やベランダなどプールをする場所が無い場合には、お風呂もお奨めです。
プールと同様に、ぬるめのお水を少量溜めて下さい。
水遊びが目的なら、お風呂でも十分楽しめます。
その際、お水の中で遊べるおもちゃがあると赤ちゃんも喜びますね。

6.施設でのプールデビューは大丈夫?

衛生面などから、おむつを着用して、プールに入ることが許可されていない施設は多いものです。
事前にしっかりチェックしましょう。
おむつで入れるプールの時には、必ず水遊び用のおむつを使用しましょう。
多くの人が入る公共のプールでは、ウイルス感染の心配はつきものです。
赤ちゃんがお水を口にしたり、濡れた手を口や目などに入れないように十分注意してあげて下さいね。

まとめ

赤ちゃんの初めてには心配は尽きません。
事前にしっかり調べて、楽しいプール遊びをさせてあげて下さい。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

元小学校教諭ライター 西藤みき

教育系企業で働く二児の母。大学では教育学を専攻し、児童心理学も独学で学びました。結婚前は小学校教諭を務めていましたが、遠距離恋愛を実らせ退職。現在、子どもを育てながら、パートタイム労働者として家計をサポートしつつ、サイトのコラム執筆をしています。自分自身の課題は、家事・育児・仕事の両立ですが…難題です。岡山出身・広島在住