幼稚園に入園後働きたい!パートの面接対策に考えておくべき3つのこと

執筆者:pro西藤西藤みき

パートの面接で質問される前に考えておくべき3つのこと

入園をきっかけに、少し働いてみたい!

入園後、仕事を始めようとと思っているというママもいらっしゃると思います。
今まで、お子さんと向き合うことを優先にしてこられたママさんたちに、
パートやバイトの面接がスムーズに進むように、面接に行く前に考えておきたい3つのことをご紹介します。

1.職務経歴や自分の強みを整理しておこう。

ママ働く (1)
一般的に会社は長いブランクがある人を好みません。
ただ、その場合も

  1. ブランクに入る前に何をしていたのか
  2. どのようなことに強みがあるのか

をキチンと伝えることでプラスの印象を与えることができます。

おすすめのアピール例

「接客は5年ほどやっており、人と会うことが好きです。」
「しばらくブランクはありますが、育児をしながらでも家計簿はPCのエクセルでつけています。」
しっかりと伝えることでプラスの印象を与えられるように、事前にしっかり準備しておきましょう!

2.急な休みにどう対処するか考えておくこと。

ママ働く (22)
会社として気になるのが、子どもの行事や病気による急な休みの対応です。

子どもが熱を出して急に休む場合などに、どう対処するか考えておきましょう。
実家が近いのであれば、祖父母に頼むのもいいかもしれません。
病児保育・一時預かりなどを利用することも考えましょう。

面接で聞かれた場合にどう答えるのか、準備しておきましょう。

3.長期休暇をどうするか考えておくこと。

ママ働く (8)
幼稚園には、夏休みや春休みなどの長期休暇があります。
長期休暇をどうするのかについても考えておく必要があります。
これも、

祖父母を頼ったり、一時預かりを利用したりするなど、方法を考えておく必要があります。

私立の幼稚園であれば、長期休暇中の預かりもあるところが多いので、そのことを伝えるようにしましょう。

このように、幼稚園児をもつ母親のお仕事環境はなかなか難しいものがあるのは事実です。
これだけのことを考えていかないといけないのですから。

ただ、

素直に「子どもの病気や長期休暇は休みたい」と伝えることによって、母親に優しい会社を探す

という手もあります。
就職活動は難航するかもしれませんが、そういう事情も理解したうえで雇ってくれる子育てフレンドリーの会社もあります。
ハローワークには母親向けの求人なども出ているので相談してみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

ママ働く (9)
どちらにしても、幼稚園行き初めは時間も短く、病気をしたりする子もいるでしょう。
最初はのんびりとすすめられることをお薦めします。
5月のゴールデンウィーク後は、毎年5月病で辞める人が出るため欠員補充で採用が増えやすいものです。。
そのタイミングを狙うというのも一つの手かもしれませんよ。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

元小学校教諭ライター 西藤みき

教育系企業で働く二児の母。大学では教育学を専攻し、児童心理学も独学で学びました。結婚前は小学校教諭を務めていましたが、遠距離恋愛を実らせ退職。現在、子どもを育てながら、パートタイム労働者として家計をサポートしつつ、サイトのコラム執筆をしています。自分自身の課題は、家事・育児・仕事の両立ですが…難題です。岡山出身・広島在住