妊娠後期

出産後に陥りがちな夫嫌い!不仲の原因と夫婦仲復活のきっかけ7選

更新日:

執筆者:崎山祐子

どうして私の辛さに気付いてくれないの?

産後直ぐのママは、慣れない育児と家事に振り回されてしまいますよね。
そうなると、自分のことは後回しになって、一日くたくたです。
髪を振り乱して頑張っているママの横で、

相変わらずマイペースのパパ。

手伝いもせずのんびりしていると腹が立つママもかなりの数いらっしゃいます。
でも、このままパパのことを嫌いになってしまっては困ります。
パパのことを完全に嫌いになってしまう前に

ちゃんと元通り、仲良しに戻れた

という先輩ママの「仲直り方法」が気になりませんか?
「不仲になってしまった原因」「仲直り方法」を読みながら共感できるかもしれません。
参考にしてくださいね。

ママの頭に離婚の文字が浮かんだ瞬間とは…

不仲になってしまった原因は?
「不仲あるある」、皆さんも大いに共感してください!

1.全然イクメンパパじゃない!

KNSL室内 (25)
女の人は言わずに気付いて欲しい、言わなくても手伝ってほしいですね。

でも、男の人は「言わないとわからない!」らしいのです。

言ったら手伝ってくれると分かれば、上手にお願いする作戦でいきましょう。
手伝ってもらっても、最初から合格点にはなかなか到達しないものです。
成果や結果に完璧を求めず、まずは手伝ってくれたことに感謝してあげてください
それもなるべく大袈裟にお願いします。
次回からは率先して協力してくれるはずですよ。
イクメンパパに大変身ですね。

先輩ママの口コミ①:手伝ってくれない1

会社から帰ってきたら育児を手伝って欲しいのに、「疲れた」と言って寝てしまったり、夜中の授乳は私任せ。
(いっちぃ37歳・0歳息子・山口県在住)

先輩ママの口コミ:手伝ってくれない2

育児や家事を手伝ってくれないから、どうしてもストレスがたまり、言い方が強くなり喧嘩になってしまいました。
(ミートカフェ31歳・4ヶ月息子・東京都在住)

先輩ママの口コミ:パパが気にも留めない

授乳や夜泣きなどに疲れきっているのに、パパは気にも留めずに何もしようとしてくれなかったのです。
(まやとる39歳・8歳&4歳息子・千葉県在住)

先輩ママの口コミ:協力してくれない1

子どものことについて、深く考えず、協力してくれなかったことについて口論になりました。
結果的に不仲になりました。
(あーママ32歳・3歳娘・静岡県在住)

先輩ママの口コミ⑤:協力してくれない2

慣れない赤ちゃんの世話で忙しく、自分も寝不足で気持ちに余裕がなかった上、夫が家事や育児に非協力的でした。
(さぁちゃんママ33歳・1歳息子・東京都在住)

2.パパは自分の方が大事?

ママ悩み
ママは家事に育児にバタバタしているのに、パパは相変わらず自分のペースで行動されると、ついつい腹が立ってしまいますね。
「どうして私ばっかり・・・」と悲しくなります。

辛い気持ちをパパに訴えてみてはいかかでしょう?

きっと先程と同様に「言われないとわからない」だけなのだと思います。
怒りながら訴えるのではなく、悲しそうに訴えてみてください。
怒られると身構えてしまって反撃される可能性がありますが、悲しい顔で訴えられると効果あると思いますよ。

先輩ママの口コミ:自分はバタバタ、パパはマイペース

初めての子育てで不安の中で毎日を過ごし、自分の思うように家事も育児も自分のこと(ご飯を食べる、シャワーを浴びる)をすることができずイライラが溜まっていましたが、パパが長くトイレに入っていたり、ゆっくりシャワーを浴びているのを見てさらにイライラが募り、少し冷たく接するようになりました。
(龍ママ26歳・8ヶ月息子・北海道在住)

先輩ママの口コミ:子どもより自分優先

生まれたての我が子のことよりも、自分と自分の親兄弟を優先することが続いたため、愛想がつきて冷たく接したことが原因です。
(悠まま40歳・1歳息子・群馬県在住)

3.私が子どもしか見ていなかった

子どもママ遊びつみき
初めての育児はわからないことだらけで、ついついイライラしてしまいますね。
一日育児と家事に振り回され、ぐったりですね。
パパと話したり、食事を準備することさえ億劫になることだってありますね。
でも、パパは一番の味方で一番の理解者で一番の助っ人だと思いませんか?

育児や家事が辛いことや大変なことを相談してみましょう。

そして一緒に乗り越えていってくださいね。
きっと素敵な家族になっていきますよ。

先輩ママの口コミ:夫と向き合っていなかった

わたしが無性にいらいらしていたことと、産後の夫婦生活を何度も断ってしまったことだと思います。
子どものことでいっぱいいっぱいで、夫ときちん向き合えていなかったなと今は思います。
(いとまま26歳・1歳娘・東京都在住)

4.けんかに発展!

KNSL室内(53)
一番身近にいてくれるパパには、ついつい遠慮せずに言いたいことを言ってしまいますね。
お互い様なんですが・・・。
きつく言わない方がいいのでしょうが、きつい言葉になってしまったときは、謝ったり、冷静になって話をしたり、フォローをした方がいいですね。
子どもには「ごめんなさいしようね」などと教育しますが、大人はなかなか素直になれなかったりしますね
子どもは、両親の仲をよく観察しています。
両親が仲が良いと子どもは精神的に安定しますし、何より家族が仲良しなのはうれしいですね。

先輩ママの口コミ:些細なことから言い争いに

旦那がお酒を飲み過ぎて、些細なことで言い争いになりました。
お酒で気が大きくなってる為ケンカに発展してしまい、旦那に「出て行け」と言われました。
(キリン33歳・6歳娘&息子・4歳娘・愛知県在住)

先輩ママの口コミ:きつい言葉を発してしまった

旦那が良かれと思ってしてくれているのに、私が余計なことをするなと言ってしまいました。
あと旦那が仕事で疲れて帰ってきているのに、いろいろな人に会っているから汚いなど言ってしまいました。
(太陽キラキラ27歳・7ヶ月・広島県在住)

リカバリーPOINT

いくら腹が立っても、やはり家族ですから、仲良くできるといいですね。
どんなきっかけで仲良しに戻れたのでしょうか?

1.言葉で伝える

KNSL室内(56)
子育ての辛いことも、自分の身体がしんどいことも、たまには息抜きしたいことも全部パパに伝えましょう
口に出さないと、ママがどんなに大変で辛いのかわかってもらえないようです。
「見ていたらわかるでしょ!」ではなく、

「見てもわからないのだから言ってみよう!」ですね。

育児と家事で自分の時間も取れないとイライラしてしまう上に、パパが理解してくれないのであればイライラも2倍以上ですね。
パパに訴えて育児の大変さを共有してもらいましょう。

先輩ママの口コミ:要求は口に出す

喧嘩してもお互い言いたいことを言うことが大事かなと思います。
私としては「手伝って」と言わなくても空気を読んで動いて欲しかったのですが、夫の言い分としては、男性はうまく気付けないということでした。
「手伝って欲しいことがあったら声に出して言って欲しい」と言われ、それからは声に出して言うようにしました。
(いっちぃ37歳・0歳息子・山口県在住)

先輩ママの口コミ②:辛いということを伝える

パパの前で「今、辛い」と言葉にして、わんわん泣いてみました。
それまで我慢していましたが、パパが「大丈夫だよ」と話しを聞いてくれて心がスッキリしたら、また前のよう仲良くなれました。
(龍ママ26歳・8ヶ月息子・北海道在住)

2.手伝ってもらえたらラッキーぐらいの気持ちで

akko_生後3~6か月 (4)
ママが一生懸命育児や家事に追われていても、手伝って欲しいことを言ってみても、残念ながら、パパに伝わらない場合もありますね
あまりパパに言いすぎるとけんかの原因にもなって、逆効果かもしれませんね。
たまにでも手伝ってもらえたら、とても助かったこと、うれしかったと大袈裟に感謝してみてくださいね。
うれしそうにしているママを見ると、パパの気持ちも変わってくるかもしれませんね。

先輩ママの口コミ:期待しない

あまり期待しないことにしました。
してくれたら有難いくらいの気持ちの方が、過度に期待してやってもらえないことの方が辛いので、期待しません。
あとは、男の子なので、キャンプとか外に出て遊ぶときに活躍してしてくれるとパパが言ってるので、それを期待して仲良くやってます。
(ミートカフェ31歳・4ヶ月息子・東京都在住)

3.退路を断つ!

子どもママ手
自分のことばかり中心に考えて行動するパパ、いますね。
子どもが生まれたのに、自分のことが優先のパパもいますね。
少々荒いかもしれませんが、父親としての自覚も持ってもらうために、「次はない」と宣言するのもいいのかも知れませんね。
ママの怒りが十分伝わると思います。

先輩ママの口コミ:次はない!と宣言する

冷たく接していた原因を、これでもかというくらい淡々と説明しました。
言い訳をするたびに呆れ顔で「そう」としか返事をしませんでした。
本当に悪いと思って謝ってくれたのが分かったので、「次はない」と夫に言い聞かせて、仲直りをしました。
(悠まま40歳・1歳息子・群馬県在住)

4.パパのナイスプレー

ayatama0歳-1歳 (46)
普段は育児も家事もママ任せのパパも、本当はママが一生懸命してくれていることをわかってくれているのです。
パパも一日お仕事で疲れているので、毎日積極的に育児に参加できないかもしれません。
でも、ママが体調が悪いときに手伝ってくれたり、お休みの日にリフレッシュさせてくれるだけでも、パパの優しさが伝わってきてうれしいですね。

「ウチはそんなパパじゃないわ」とがっかりせず、体調が悪いときには、「辛いから助けて」、お休みも日には「たまにはどこかでリフレッシュさせて」とお願いしてみましょう。
パパが自発的に提案してくれるのが素敵ですが、待っていても提案されない場合は、こちらから水を向けてみましょう。
次回からは、パパから提案されるかもしれませんよ。

先輩ママの口コミ:体調を崩した時に助けてくれた

私が疲れきって体調を崩し寝込んでしまった際に、いつものようにパパは気にも留めずに仕事に出ました。
と思っていたら、仕事をすぐに片づけて帰ってきてくれて、いろいろと手伝ってくれた時に仲直りしました。
(まやとる39歳・8歳&4歳息子・千葉県在住)

先輩ママの口コミ:家族旅行が転機に

娘が生後半年くらいのときに行った軽井沢旅行です。
幼い娘を連れて行くことに反対だった私を「リフレッシュしにいこう!」と誘い出してくれました。
行ってみたら旅先のごはんも景色も人々も何かもが新鮮で育児疲れも忘れ、夫と娘と楽しく過ごせたのです。
それからは仲の良い三人家族になれたかな、と思います。
(いとまま26歳・1歳娘・東京都在住)

5.子どもはやっぱり天使

akko_生後3か月まで (3)
パパとけんかになったり腹が立っても、ふと横を見るとかわいい我が子がいると、我に帰りますね。
「もうこんな人とは離婚だわ!」と鼻息が荒くなっても、子どもを見ると「いやいやこの子がかわいそう」と考え直す人、多いと思います
これからも、パパも子どもも一緒に家族として生活していくのですから、一時の感情に流されないようにしなくてはなりませんね。
とはいっても、腹が立つときだってあります。
状況を変えるためには、パパと向き合って冷静に話をしてみてください
決して喧嘩口調ではなく、静かにお互いの意見を聞きましょう。
せっかく家族になったのですから、家族がお互いを思いやれるといいですね。

先輩ママの口コミ:子どもが救世主

子ども達が私の手を握りしめて大声で泣きはじめ、「ママがいなくなるなら一緒に行く」と言ってきかなかったので、旦那も正気に戻り、ことがおさまりました
(キリン33歳・6歳娘&息子・4歳娘・愛知県在住)

先輩ママの口コミ:子は鎹

仲直りのきっかけは、やはり子どもです。
子どもが小さいので、今ここで争ってもいいことがありません。
今をどうにかしなくてはいけないことに気付き、何とかその場を乗り越えました。
(あーママ32歳・3歳娘・静岡県在住)

6.「有難う」は魔法の言葉

子ども赤ちゃん (189)
パパが手伝ってくれたことが要らないことだったり、少し足らなかったりすること多くないですか?
「手伝ってくれるならちゃんとしてよ」と言いたいですね。
でも、パパからするとせっかく手伝ったのに、文句を言われたらたまりませんね
「もう手伝わない」と思うかもしれません。
それは困りますね。

最初から完璧を求めずにいきましょう。

最初はママも一緒にやってみせて、やり方をさりげなく覚えてもらいましょう。
そして、褒めましょう!

  • パパすごいね!
  • 助かったわ
  • さすが!

もう、

次回からはパパの担当

になっているかもしれませんよ。

先輩ママの口コミ:お互いに感謝の気持ちを持つ

きつい言葉を言ってしまったことを素直に心から謝りました。
それから何をしてくれても「ありがとう」と言うように心掛けました。
お互いに感謝するようになったことが一番だと思います。
(太陽キラキラ27歳・7ヶ月・広島県在住)

7.家族で一緒にリフレッシュ

KNSLおでかけ (16)
平日は子どもを連れて買い物もお散歩もママ一人で行かなくてはなりませんね。
遠くに行かなくても、近場の公園でもショッピングモールでもいいのです。

休日は、パパにも参加してもらいましょう。

ママ一人で子どもと出かけるとトイレに行きたくてもバギーがあって行きにくかったり、ショッピングを楽しみたくてもなかなか難しいですね。
ご飯だって、子どものお世話をしていたら、自分はどこまで何を食べたかもわからないものです。

家族で一緒に出掛けて、ちょっとパパに見てもらいながらショッピングしたり、ご飯のお世話をしてもらっている間に自分がを食べたり、そんなちょっとのリフレッシュでまた頑張れますね
家族で出掛けると、パパと子どもも接する時間も多くなります。
パパと子どもも仲良くなり、パパも子どもに対する愛情も深くなって一層イクメンパパになってくれますよ。

先輩ママの口コミ:一緒に気分転換をする

まだ月齢の小さい頃は、子どもと三人で近所を散歩したりしました。
少し大きくなってからは、ショッピングモールやランチに行くなど、一緒に気分転換をする時間をつくるようにしました。
(さぁちゃんママ33歳・1歳息子・東京都在住)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
「うちの旦那もそうなの!」
「わかるわかる」

そんな声が聞こえてきそうです。
お友達同士でパパの悪口大会もストレス発散できていいですね。

パパを「イクメンパパ」に変えるのはママの腕次第ですね。

文句ばっかりを言っても腹が立つだけなので、さりげなくパパを教育してしまいましょう
褒めて伸ばしてあげてください。
子どもの教育もパパの教育もママがするので大変ですが、不仲という状況を変えていかなくてはなりません。
先輩ママたちのアドバイスを参考にいろいろ試してみてくださいね。
きっと素敵な家族になれますよ。

関連の記事

【初めての育児で心が折れる】しんどい時読みたい子育てのちょっといい話
心が折れる

-妊娠後期
-

Copyright© 後悔したくないママのための子育て充実サイト , 2017 All Rights Reserved.