お腹の写真付き【ピジョン保湿ボディケアクリームの口コミ】乾燥肌の妊婦は真っ赤な妊娠線ができやすい?

ピジョン保湿ボディケアクリームを使ったママの肌質・使い方

のんのん・三重県・12月出産・3歳女の子
肌質:乾燥肌(乾燥するとすぐに痒くなる)
妊娠線ができた場所:お腹・お尻・
妊娠線が初めてできた時期:妊娠9か月前半
妊娠線予防を始めた時期:妊娠5か月
使用アイテム:ピジョン保湿ボディケアクリーム
妊娠線:3年たっても気になる

ピジョン保湿ボディケアクリームをいつから使い始めましたか?

のんのん
絶対に妊娠線を作りたくないと思い妊娠5か月から使い始めました。
妊婦向けの雑誌を見て妊娠線ができると一生消えないということがわかったので早めにケアしないといけないと思ったからです。

妊娠5か月から使い始めたのはなぜですか?


のんのん
自分が行けるベビー用品の店舗で販売されていたからです。早めに保湿を始めないとできやすいと知り、急いで塗り始めました。

どんなふうに妊娠線ケアをしていましたか?

のんのん
1日1回入浴後に必ず使用するようにしていました。また妊娠線が目立つようになってからは1日2回に増やして様子を見ました。

ピジョン保湿ボディケアクリームを使っていたのに妊娠線を見つけたときはどのように感じましたか?


のんのん
とにかくショックでした。
妊娠後期までは全くできていなかっただけに、このまま行けばできることなく済んでいくだろうと油断していた時期にできてしまい、ショックを受けてしまいました。
また実母が自分が妊娠したときは全く妊娠線ができなかったということで、体質的にもできにくいと思っていただけに余計ショックでした。
出産して三年がたちますが、公衆浴場に行くのにはまだ抵抗があります。

ピジョン保湿ボディケアクリームの保湿力はどうでしたか?


のんのん
使用してべたつきはほとんど感じなかったので、下着や衣類に付いてしまうことがなかったのでいいと思いました。ただ、保湿力には疑問が残りました。
塗った時にはとてもしっとりするのですが、しばらく時間が経つとさらさらしてしまうので保湿力はそれほど高くないのかもしれないと思いました。特に乾燥しがちな冬場に関しては塗ってから1時間もしないうちにかえって乾燥しているような気がしてしまい、何も塗っていないような感覚に陥ることもありました。なので季節や体質によっては、1日1回の使用だけでは保湿するには物足りないのかもしれず、何回か使用しなければいけないのではと思いました。

ピジョン保湿ボディケアクリームは妊娠線ケアには向いていないのでしょうか?

のんのん
肌の奧の細胞が断裂してしまうと妊娠線ができるとできた後に知りました。私は乾燥肌だったので肌の奥まで乾燥しやすかったのだと思います。肌の奥の細胞をケアしてくれるシラノール誘導体の入った妊娠線予防クリームを選べばよかったです。
自分がもともと乾燥肌体質だったので、パッケージに書かれている量以上を使用しなければ効果を感じられなかったと思っています。また単に塗るだけでなく、マッサージもきちんとしなければいけなかったのではと思っています。

妊娠線ケアで最も後悔していることを教えてください。


のんのん
妊娠線ケアは、専門のクリームの中でも肌の深層まで届くものが大切です。コラーゲンの補修成分の入った妊娠線クリームを使えばよかったと思います。ケアのしかたも情報をきちんと入手して正しく行うべきだと思います。

体質によってはできやすいと思います。お肌に傷跡が残りやすいという人は、妊娠線ができやすいと聞きます。自分の体質をよく見て早めに正しいケアをすべきだと思います。

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ