母乳で育つ生後1~5カ月の便秘改善方法!保健師が教える薬を使わない便秘対策

生後1~5カ月の赤ちゃんが便秘をして困っていませんか?
母乳で育てる赤ちゃんは、便秘しづらいと一般的に言われています。

よく勉強されているママは、母乳で育つ赤ちゃんはウンチが柔らかく、1日に何回もウンチをすることや粉ミルクをよく飲んでいる赤ちゃんは、便秘がちだと知っているかもしれません
これは医学書にも書かれている『常識』です。

実は多い、母乳で育つ赤ちゃんの便秘

しかし、実際に小児科医療に携わる医師の話を聞くと

母乳のみで育てている赤ちゃんでも、便秘で困っているケースはとても多いのです。

赤ちゃんの便秘を薬を使わず治してあげたい!

ayatama0歳-1歳 (25)
折角なら、薬を使わず出させてあげたいというママのために、薬を使わない方法をご紹介したいと思います。
食事編についてはすでにご紹介しております。
もしも離乳食を始めている月齢でしたらあわせてご覧ください。↓
離乳食を食べ始めて便秘!赤ちゃんの便秘を改善する4つの食べ物

便秘解消方法その1 お腹マッサージ

おへそを中心にマッサージ
子供の頃、お母さんにお腹を「の」の字にマッサージしてもらった記憶はありませんか?
この方法は、医学的に見ても便秘解消に効果があります。
なぜなら、「の」の字の形に大腸というウンチがたまる臓器があるので、
その形に沿ってマッサージしてあげることで、お腹の動きが良くなります。

マッサージのポイント

マッサージするときのポイント

prof05_kaneko
・指先ではなく、指3~4本と手のひらでお腹をゆっくりとさするように
 (少しお腹にしわがより、白く指の跡がつくくらい)
・食後30分は吐いてしまうことも多いので、避ける
・おむつは前だけ開いてマッサージをした方がやりやすい
マッサージ中にウンチが出てしまうこともあるので、おしりの下にはおむつなどを敷いてくださいね。


便秘解消方法その2 綿棒浣腸

ベビー綿棒粘着ベビー綿棒
綿棒浣腸も、小さな赤ちゃんの便秘解消にはおすすめです。

prof05_kaneko
  1. 赤ちゃんのおむつを外す
  2. 赤ちゃんの両足を左手で持ってお腹に近づけるように曲げる
  3. 綿棒の先に2cmにワセリンをつける
  4. 右手で綿棒の先を肛門に挿入する。
  5. 一度綿棒を2cmほどゆっくり挿入し、ゆっくり引き抜く。※ここで、綿棒の先にウンチがついているか確認する。
  6. もう一度綿棒をゆっくり挿入し、4~5回、「の」の字を書くように大きくゆっくりと綿棒を動かす。



こうしていると、ウンチが出てきます。
足を持っている左手でお腹を軽く圧迫すると、更に出やすくなるとのこと。
その場ですぐにウンチが出てこなくても、しばらくすると腸が動いて出てくることも多いので、オムツをチェックしてあげてくださいね。

必要物品

赤ちゃん用綿棒:綿棒に1cmと2cmのしるしをつけておくと、綿棒を入れすぎて腸を傷つけずに済みます。
白色ワセリン:ベビーオイルでも可能ですが、ワセリンの方が綿棒に吸収されないので、痛みが少なくなります。

こんな場合は、医師・助産師・保健師に相談を!

赤ちゃんは腹筋が弱く、便を押し出しにくいために便秘になってしまうことが多くあります。
しかし、小さな赤ちゃんの場合は、母乳や粉ミルクを飲む量が少なく、

水分不足で便秘になっているケースもあります。

便秘だけでなく、

体重があまり増えない赤ちゃんの場合は、

一度小児科の医師や産婦人科の助産師、乳児健診先の保健師など専門家に相談をしてみてください。

受診の目安

また、

  • お腹が固く張って機嫌が悪い
  • 食欲が落ちている
  • 排便の際に痛がって泣く

・・・こんな場合は、小児科で相談する目安となります。

【赤ちゃんのおしりケア】おむつかぶれのNGポイントとは~保健師ママコラム

この記事を読んだ人が次に読んでいるのはコレ

ABOUTこの記事をかいた人

保健師ライター 金子奈菜絵

大学病院の小児科で新生児室・私立総合病院の産婦人科で長年看護師として従事してきました。 現在は保健師として、育児相談のアドバイスや赤ちゃんの健康チェックなど、地域の子育て支援事業に参加しています。生後1か月健診~3歳6か月健診の健診も担当しています。男の子を2人育てるワーキングマザーです。